大学院生命農学研究科

教育プログラム

「生命農学」の研究、食糧・生物資源の生産、生物産業で活躍する意欲と能力を育む教育カリキュラムを充実し、探究心と行動力を養う多様な教育システムを取り入れて、人格が触れあう活力ある教育体制を整えています。

学部共通教育プログラム

1年次

全学教育科目として、あらゆる学問分野の基礎となる科目や教養科目が全学規模で配置されています。また、3学科に共通して必要な生物系・化学系の基礎科目や、食・環境・健康に関わる課題認識の基礎科目、情報教育科目などを配置し、基礎知識を習得します。

専門基礎科目
情報リテラシー入門
生物化学1
細胞生物学1
遺伝学
分類・形態学
無機化学
基礎有機化学
生命農学序説
生命農学入門
専門科目
Agricultural Science
2年次

学科教育の導入として8群からなる基礎的な専門科目群を設け、その中の3〜4群を学科ごとに必修とし、他の群の科目も選択します。学科で指定された群に加えて、各自が希望する科目を選択して履修することにより、学科専門教育に向けた学習の流れが形成されると同時に、各自が多様な基盤形成をめざします。

専門科目

1. 植物科学群

植物生理学1
植物生理学2
資源微生物学
生体防御学

2. 動物科学群

動物生理学1
動物生理学2
動物組織・形態学
昆虫科学

3. 細胞生物学群

植物機能学1
微生物学1
細胞生物学2

4. 生物化学群

生物化学2
生物化学3
分子生物学1

5. 有機化学群

有機化学1
有機化学2
生体分子化学
生命物理化学1

6. 生物圏科学群

生態学
生物圏環境学1
土壌学
植物分類・植生学

7. 資源循環科学群

生物材料組織学
生物材料力学
バイオマス科学1
生物情報計測学

8. 社会科学群

食と農の経済学
生命と技術の倫理

生物環境科学科

生物環境科学基盤実験実習
生物環境科学セミナー

資源生物科学科

資源生物科学基盤実験実習
資源生物科学セミナー
3年次

さまざまな学問領域につながる専門科目の講義と実験実習、また専門横断的科目や各種資格の取得に必要な科目が学科ごとに配置され、生物の持つ機能の多面的な利用と技術開発に関する方法論や専門知識を学びます。特に実験実習では、充実した設備・機器を使った実地教育を通して、教員と大学院生の熱心な指導のもと、専門性を体得します。

生物環境科学科

生態系のしくみとはたらきを探り、環境保全と生物資源の賢明な利用をめざします。

専門科目
環境倫理学
生物統計学
応用数学
食糧生産管理学
構造機能解析法
農学国際協力論
特許法
食品工学
農学部特別講義
生物圏環境学2
植物環境生理学
生態遺伝学
保全生物学
生物環境計測学
緑地景観科学
地形情報学
流域保全学
樹木生化学
生物材料機能学
木質環境学
生物材料プロセス工学
バイオマス変換化学2
資源循環システム学
森林生態学
森林保護学
森林計画学
森林環境人間学
環境政策学
バイオマス科学2
バイオマス変換化学1
木質保存環境学
設計製図
住宅科学
生物環境科学実験実習
職業指導

資源生物科学科

生物の巧みな生存戦略を解明し、人類の食をグローバルに支えます。

専門科目
環境倫理学
生物統計学
応用数学
食糧生産管理学
構造機能解析法
農学国際協力論
特許法
食品工学
農学部特別講義
植物生理学3
動物生理学3
昆虫生理生化学
細胞工学
植物保護学
動物衛生学
植物育種学
動物育種学
植物生産科学1
植物生産科学2
生産土壌学
動物生産科学 1
動物生産科学2
動物生産科学3
昆虫生産科学
持続的生物生産学
農業政策学
農業組織学
資源生物科学専門講義
資源生物科学実験実習
海外実地研修
国内実地研修
職業指導

応用生命科学科

バイオの力を駆使して、人類の食と健康に貢献します。

専門科目
環境倫理学
生物統計学
応用数学
食糧生産管理学
構造機能解析法
農学国際協力論
特許法
食品工学
農学部特別講義
分子生物学2
栄養科学
細胞生物学3
細胞生物学4
生命物理化学2
生物反応工学
微生物学2
微生物学3
遺伝子工学
生物情報工学
植物機能学2
応用植物分子科学
生物有機化学
有機構造解析学
生理活性物質化学
生物制御化学
高分子化学
高分子設計学
食品機能化学
微生物生態学
食品衛生学
応用生命科学科実験実習1
応用生命科学科実験実習2
職業指導
Academic Presentation Skills
4年次

担当研究分野の研究室に所属し、学生が主体となって卒業研究に取り組み、最先端研究の一端を担います。あわせて専門セミナーを通じて、学問分野の最先端の研究を理解する能力を養います。また、3年次の専門科目を発展させた科目を学ぶ機会もあります。

ページ上部へ戻る