大学院生命農学研究科

生命科学の基盤の拡充、生物機能・生物資源の高度利用、生命共生環境の創出・保全、および持続的生物生産と先端生命科学の技術開発を通して環境に調和した人類の発展を目指す総合的な学問分野として「生命農学」を位置づけ、「生命農学」に関する高度な研究と教育を実践します。

4専攻の概要

  • 森林・環境資源科学専攻

    森林・環境資源科学専攻

    森林をはじめとする様々な陸域生態系を対象として、それらの保全および持続的かつ循環的な生物資源の生産・利用のありかたを探求し、豊かで健康な人間生活と環境保全に貢献します。

  • 植物生産科学専攻

    植物生産科学専攻

    国内外の食料需給や植物資源利用の多様化、地球規模での環境変動に対応し、植物機能や生産性の改善を通じて、食・環境・健康の質的向上に貢献します。

  • 動物科学専攻

    動物科学専攻

    動物の持つ多様な機能を解明し、食と健康の質的向上に貢献します。

  • 応用生命科学専攻

    応用生命科学専攻

    農学分野における多様な生命現象の機構を最先端の生命科学と分子科学の理論と技術により解明し、その応用展開の基盤を作るための教育研究を進めることにより、食・環境・健康の増進・向上に貢献します。

教育・最先端研究

最先端研究

大学院生命農学研究科・農学部では、研究においても、多くの最先端プロジェクトを担い、国内外で高い評価を得ています。