大学院生命農学研究科

4専攻の概要

応用生命科学専攻

【目的】 農学分野における多様な生命現象の機構を最先端の生命科学と分子科学の理論と技術により解明し、その応用展開の基盤を作るための教育研究を進めることにより、食・環境・健康の増進・向上に貢献します。

【研究】 天然物化学、生化学、分子細胞生物学など、分子と生命に関する学問を基盤としその理論と技術を駆使することで、農学分野に関わる動物、植物、微生物などの生命現象を支える機構を解明します。これにより、生命機能の高次制御と高度利活用に向けた生物生産と生物関連産業への応用展開の基盤を築きます。

【教育】 多様な生命活動を研究するための生命科学と分子科学の理論と技術を体系的に教育し、専門性と幅広い科学的素養をともに身につけ、課題設定・解決能力と探求心に富む人材を育成します。前期課程では、バイオ・食品関連産業、医農薬・化学産業、公的試験研究機関等での技術系の職に携わる人材の育成を目指します。後期課程では、大学や研究機関、企業研究部門等で独立して研究や高等教育に携わる人材の育成を目指します。