名古屋大学 大学院生命農学研究科 生物化学研究室

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

研究室の紹介

 発生生物学という学問があります。生物のからだ(分化した組織や器官)がどのようなしくみで、どのような遺伝子の働きによって作られるのかを解明する学問です。一方、生物も分子でできていますので、形態形成にはさまざまな化学反応が関わっています。私たちは特に花と花粉の形成機構、および種子やイモの形成機構に興味を持ち、遺伝子の働きがからだを作る分子のどのような変化を経て形づくりに繋がるのか、生物化学の視点から発生生物学を理解する研究を進めています。

Overview

We are studying developmental mechanisms of plant bodies, especially flowers, pollen grains, and storage organs, by means of the analysis of gene functions and molecular interactions.

お知らせ

私たちの研究テーマに興味を持ち、研究に加わってくれる大学院生を募集しています。見学は随時受け付けています。
ホームページをリニューアルしました。
PAGE TOP