大学院生命農学研究科

4専攻の概要

動物科学専攻

【目的】 動物の持つ多様な機能を解明し、食と健康の質的向上に貢献します。

【研究】 生理学、形態学、遺伝学、ゲノム科学などの基礎科学と、畜産学、水産学、昆虫科学、実験動物学を含む応用科学を基盤とした先端的な動物科学研究を通じて、哺乳類、鳥類、魚類、昆虫類など動物の多様な機能を分子・細胞から個体・集団レベルで統合的に解明します。さらにこれら機能の利用技術の開発を図り、持続的な食料生産と健康の向上を通じた豊かな人間生活の実現を目指します。

【教育】 生命現象とその仕組みを理解するための体系的な知識、論理的な思考力と、食と健康の向上に関わる課題解決能力を備え、学術・行政機関、試験研究機関、畜産・水産関連産業、食品関連産業、医薬・化学系産業などにおいて、高度な専門性とリーダーシップを持ってグローバルに活躍できる人材を育成します。