大学院生命農学研究科

4専攻の概要

森林・環境資源科学専攻

【目的】 森林をはじめとする様々な陸域生態系を対象として、それらの保全および持続的かつ循環的な生物資源の生産・利用のありかたを探求し、豊かで健康な人間生活と環境保全に貢献します。

【研究】 生態学、土壌学、水文学などから森林科学、材料科学、さらには環境に関わる社会科学までの広範な学問を基盤とし、森林などの陸域生態系の構造と機能の解明、環境と調和した生物資源の生産・管理手法と環境保全・回復技術の開発、木質バイオマスの特性と機能の解明およびそれに基づく新たな利用技術の開発を行います。

【教育】 関連学問領域に関する最先端の知識・技術および論理的思考力を身に付け、環境に調和した持続可能な循環型社会の実現に向けて、環境、森林・林業、木質材料などに関わる学術・行政機関、試験研究機関、団体、企業などで幅広く活躍できる人材を育成します。