NBRP ナショナルバイオリソース ニワトリ・ウズラ

お問い合わせ

名古屋大学大学院生命農学研究科附属
鳥類バイオサイエンス研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町

ニワトリ ウズラ
野生原種高度近交化系長期閉鎖系閉鎖系
疾患モデル系育成系TGニワトリ
標準系大型系 疾患モデル系
ミュータント系TGウズラ 別種のウズラ
マイクロサテライトマーカー mtDNA多型情報
遺伝的多様性アリル頻度分布図
表現型一覧 遺伝的多様性

TGウズラ

PGK:H2B-chFP-TGウズラ(chPF)


PGK:H2B-chFP-TGウズラ(chPF)

由来
南カリフォルニア大学のRusty Lansford 研究室 で作出された蛍光タンパク質 (chFP) を発現するトランスジェニックウズラ (Sato et al., 2010, Sato & Lansford, 2013) 。作製者の承諾を受けて九州大学から導入。
なお、このTGウズラの作製に用いたchFPタンパク質遺伝子は、その作製者であるRoger Tsien博士(カリフォルニア州立大学サンジェゴ校)から直接譲渡されたものが使用された。
特性
コロニー: -
羽装: 野生型
体重: 成雄:-- g、成雌:-- g
繁殖: 受精率: -- %、ふ化率: -- %、育成率(3 週齢まで): -- %
遺伝学的形質: ジャンボウズラ系統に由来する発生ステージXの胚にレンチウィルスベクター (PGK1:H2B-chFP) を感染させ、孵化したトランスジェニックキメラ (G0) を野生型ウズラと交配させることで得られた系統。ほぼ全身でchFPの発現が観察される。挿入遺伝子はゲノム上の複数個所で確認されており、観察される蛍光強度は個体ごとに異なる。挿入遺伝子のホモ個体では、奇形が出現することがあるため、現在はWJ系統と交配することでキャリア個体群の維持・育成を行っている。
参考文献
Huss et al. 2015. A transgenic quail model that enables dynamic imaging of amniote embryogenesis. Development. 142: 2850-2859
doi: 10.1242/dev.121392
ページの先頭へ
Copyright © 2012 NBRP-Chicken/Quail