NBRP ナショナルバイオリソース ニワトリ・ウズラ

お問い合わせ

名古屋大学大学院生命農学研究科附属
鳥類バイオサイエンス研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町

ニワトリ ウズラ
野生原種高度近交化系長期閉鎖系閉鎖系
疾患モデル系育成系TGニワトリ
標準系大型系 疾患モデル系
ミュータント系TGウズラ 別種のウズラ
マイクロサテライトマーカー mtDNA多型情報
遺伝的多様性アリル頻度分布図
表現型一覧 遺伝的多様性

TGニワトリ

pLSi/ΔAeGFP-TGニワトリ



由来
名古屋大学院工学研究科化学・生物工学専攻の飯島信司研究室で作出された蛍光タンパク質 (eGFP) を発現するトランスジェニックニワトリ (Motono et al., 2010)。
特性
日生研で飼育された白色レグホーン(line M)系統に由来する始原生殖細胞 (PGC) にレンチウィルスベクター (pLSi/ΔAeGFP) を感染させ、発生ステージ13~16のニワトリ胚血管中に移植して作出された生殖系列キメラ (G0) を交配することで得られた系統。レポーター遺伝子であるeGFPの発現は、ニワトリのβ-actinプロモーターによって制御されており、ほぼ全身で緑色蛍光が観察可能であることから (写真右, 10日胚) 、発生生物学をはじめとして多様な研究分野への利用が期待されている。挿入遺伝子のホモ個体は致死であることが確認されており、現在はWL-M/O系統と交配することでキャリア個体群の維持・育成を行っている。
参考文献
Motono et al. 2010. Production of transgenic chickens from purified primordial germ cells infected with a lentiviral vector. J Biosci Bioeng. 109(4):315–321.
doi:10.1016/j.jbiosc.2009.10.007
ページの先頭へ
Copyright © 2012 NBRP-Chicken/Quail