NBRP ナショナルバイオリソース ニワトリ・ウズラ

お問い合わせ

名古屋大学大学院生命農学研究科附属
鳥類バイオサイエンス研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町

ニワトリ ウズラ
野生原種高度近交化系長期閉鎖系閉鎖系
疾患モデル系育成系TGニワトリ
標準系大型系 疾患モデル系
ミュータント系TGウズラ 別種のウズラ
マイクロサテライトマーカー mtDNA多型情報
遺伝的多様性アリル頻度分布図
表現型一覧 遺伝的多様性

育成系

GB(ゲームバンタム)プチコッコ(矮性鶏)チャーンエヒメジドリダンダラウィー
ポーリッシュブラマバンタム矮鶏逆毛烏骨鶏バフコーチンバンタムSEBGSPTKCOSSHOGSPベルジアンビアデッドバンタム

ゲームバンタム(GB)

由来
2008年に宮城県の愛好家より導入した♂1、♀1が起源である
特性
コロニー: 導入した1ペアをもとに閉鎖系集団として維持している。 小型である。矮性遺伝子、姿勢を支配する遺伝子などの研究用、ウズラなどの小型鳥類における体外培養用卵殻への適応研究用として育成中。
ページの先頭へ

プチコッコ (矮性ニワトリ)

由来
2006年、高知県畜産試験場より研究素材として利用することを目的に信州大学農学部を経由して導入された。
特性
矮性系(RIR由来)である。
ページの先頭へ

チャーン

由来
沖縄の在来種で、2007年に愛媛県の愛好家から♂1羽が導入され、その後、2009年3月に琉球大学の新城明久教授の紹介により、沖縄県うるま市のチャーン保存会から種卵が譲渡され、♀3羽が育成した。
特性
コロニー: 導入した親世代から得られた♂個体の中から、鳴き声の優れた個体を選定し、再度、親世代♀3羽に戻し交配し次世代を得た。これらを閉鎖系集団として維持している。
羽装: 五色、黑、碁石など多彩である。
羽色変異、顎鬚 (Mb)、鳴き声変異を有し、鳴き声を支配する遺伝子、羽色、顎髭などの研究用として育成中。
ページの先頭へ

エヒメジドリ

由来
愛媛県の南西部地域に残存していた在来種で、2007年に愛媛県の愛好家より♂1♀13羽ならびに種卵を導入し孵化した個体を基礎とした。
特性
コロニー: 導2011年頃まで40羽前後の閉鎖集団として維持していたが、その後♂5-10羽、♀5-10羽前後で維持している。
小型で羽装変異があり、矮性遺伝子、羽色などの研究用として育成中。
ページの先頭へ

ダンダラウィー

由来
エジプト原産の在来種で、2001年頃に鹿児島県の愛好家より鹿児島大学に導入された♂1、♀1が起源である。 2004年頃まで10羽前後の閉鎖集団として2?3世代を継代した後、2004年に一部を山梨県鳥類センターならびに愛媛県の愛好家に分譲し分散飼育されていた。 名古屋大学へは2008年に、愛媛県の愛好家から♂1、♀1を導入した。
特性
コロニー: 導入した1ペアからは胚死率が100%と孵化の見通しが立たなかったため、2008年山梨県鳥類センターより新たに♂1を導入し、♂1♀1の次世代を得ることができた。 このペアをもとに現在20?30羽を閉鎖系集団として維持している。  
バターカップ冠 (DC)を有す。対暑性、翼の発育異常形質などの研究用として育成中。
ページの先頭へ

ポーリッシュ

由来
2007年4月に千葉県の愛好家から種卵を導入
特性
コロニー: 導入種卵から育成した♂3、♀1を基に2010年頃まで10羽程度を維持していたが、寡産で育成率が低いため、ファヨウミ近交系(PNP/DO)♀1羽と交配し、Polishへの戻し交配によりPolishの特性を有する個体を選抜した。その後、再度Polishへの戻し交配を行い、得られた10羽前後を基に2010年頃から閉鎖系集団として維持している。
頭骨隆起+脳ヘルニア (he)、毛冠 (Cr)、V字冠 (DV)、多指 (Po) などの様々な形態変異を有し、それらの研究用として育成中。
ページの先頭へ

ブラマバンタム(BRB)

由来
愛好家から導入したブラマバンタム♂1、♀1を基礎とし、繁殖性の改善のためブラウンレグホーン(BL-E系)を交配した後に、さらにブラマバンタム戻し交配し、品種の特徴を有する個体を選抜後、閉鎖系として維持されている系統(2013年)
特性
外部形態: インド原産の鶏種を欧米で品種改良したもの。愛玩鶏としてさらに小型に品種改良されたもので、条斑と呼ばれる三重の覆輪羽装を有する。この他に、三枚冠(P)、鷹膝(v脚毛(Pti指骨の部分欠損(Byなどの興味深い変異形質を保有している。しかしながら、三枚冠以外の形質の原因遺伝子は明らかにされていない。
ページの先頭へ

矮鶏(JB)

由来
愛好家から導入(2013年)
特性
外部形態: 日本鶏を代表する鶏種の一つで、小型で直立した尾と短脚を特徴とする。JBはその黒色ならびに浅黄内種に由来する閉鎖集団である。成体重は♂600g、♀500g 前後と小型であるが、この矮性形質が伴性の矮性遺伝子によるものかどうかは不明。短脚形質(Creeper)は、常染色体性の単一の優性遺伝子(Cp)によるもので、ヘテロ型ではおもに中足骨の短縮を伴う骨の形成不全を引き起こし短脚となり、ホモ型では胚性致死となる。このほか、頸椎数が野生型よりも少ない個体が確認されているが、その遺伝性やCpとの関連性は不明である。また、集団内では黒色のほか、ダイリューション変異である浅黄羽装(Blue,Bl)が存在する。
ページの先頭へ

逆毛烏骨鶏(FZSIL)

由来
烏骨鶏の白色内種(SIL系)に偶出した全身の羽毛が反転する逆毛変異体(2014年)。 育成率の低下によって維持が困難となったため、BL-E系との交雑を経て、戻し交配により逆毛烏骨鶏と同等の形質を有する個体を選抜した。
特性
外部形態: 本系統は、逆毛(Frizzling, Fや,毛冠 (Crest, Cr)絹毛 (silkiness, h)ファイブロメラノーシス (Fm)多肢 (polydactyly, Po)脚毛(ptilopody, pti)などの突然変異形質を保有している。
ページの先頭へ

バフ色コーチンバンタム

由来
愛好家から導入(2014年)
特性
外部形態: 全身の羽毛が淡黄色のバフ内種であるが、伴性の横斑形質(sex-linked barring, B) を保有するためバフ横斑羽装の個体も出現する。このバフ羽装は、コロンビア斑 (columbian, Co)、E シリーズ (extended black, E) 、マホガニー(mahogany, Mh)、ダイリューション(dilution, Di) などの複数の遺伝子座の複合形質と推定されているが、その遺伝様式の詳細は明らかにされていない。また、この品種は、羽毛量が豊富で、鷹膝 (valture hocks, v)ならびに脚毛形質 (ptilopody, pti)を有する代表的な品種として知られている。本種が伴性の矮性形質(sex-linked dwarfism, dw)をもつかどうかは不明である。
ページの先頭へ

SEBGSP

由来
イギリス原産の愛玩鶏であるシーブライトバンタムに由来する育成系統である。繁殖性の改善のためファヨウミ種 (GSP) との交配を行った後に、閉鎖系として維持。
特性
外部形態: バラ冠(R)、雌性羽装(Hf)、覆輪羽装(Lacing)を有する。羽毛の覆輪パターンの形成には、複数の羽毛色遺伝子座が関与しており、それらの相互作用により発現することが知られている。
ページの先頭へ

TK (白斑虹彩異常鶏)

由来
日本鶏である矮鶏の金鈴波内種に偶出した虹彩異常鶏とファヨウミ種(GSP) との交雑群に由来する造成系統。
特性
外部形態: 常染色体性の劣性形質で、頭部、翼、尾、腹部を中心に白斑羽毛(色素欠損)が観察される。眼はまぶたを半分閉じたような小眼球症様の異常を示す。虹彩の形態異常も低頻度で観察される。
ページの先頭へ

COS (小軍鶏)

由来
日本鶏である小軍鶏に由来する育成系統である。繁殖性の改善のためファヨウミ種(GSN/1) との交配後、小軍鶏への戻し交配を行い、閉鎖系として維持。
特性
外部形態: 中雛から大雛期において表皮の異常を示す個体がまれに出現する。病理学的解析から胸腺の欠損が明らかにされている。
ページの先頭へ

SHOGSP (小国交雑系)

由来
日本鶏である小国鶏の白藤内種の雄1羽と白色内種の雌1羽に由来する閉鎖系であったが、繁殖性の改善のためファヨウミ種 (GSP) との交配を行った後に、閉鎖系として維持。
特性
外部形態: 小国鶏は、土佐の尾長鶏をはじめとする長尾性を有する日本鶏の成立に関与したとされる鶏種である。長尾変異(Gt)、白笹羽装変異(S)、新奇の劣性白色羽装変異(moW)を有する。
ページの先頭へ

ベルジアンビアデッドバンタム

由来
愛好家から導入(2014年)
特性
外部形態: ベルギー原産の愛玩用品種で、髭 (Beard, ,Mb)と脚毛(pti)を有するd’Uccle と髭のみのd’Anvers に大きく分類される。本種は、前者のd’Uccle 種のなかのミルフルール(Millefleurs)内種にあたり、その羽毛色は、コロンビア斑 (Co)、点斑(spangling) ならびに尖班(mottling, mo) などとの複合パターンを有する。
ページの先頭へ
Copyright © 2012 NBRP-Chicken/Quail