本文へスキップ
                                   Laboratory of Animal Genetics and Breeding

研究紹介Research interest


 動物遺伝育種学研究室は、多岐にわたる家畜・家禽、実験動物、野生動物を対象として、遺伝学と育種学を柱として、さまざまな遺伝現象の解明や動物の遺伝的多様性と進化に関する基礎研究と、新たなモデル動物の開発・育成、有用動物の育種、野生動物や在来家畜の遺伝学的調査と有用遺伝資源の保存・発掘ならびにその利用を目的とした応用研究を進めています。さらに、最近では、分子生物学、量的遺伝学、ゲノム科学などの手法を駆使して、多様な生命現象の遺伝制御機構について、分子、細胞から個体、集団にいたる幅広い視野から研究を進めています。
 現在、具体的には以下のテーマで研究を行なっています。



石川 明(准教授)
  研究テーマ
 ・量的形質の遺伝的基盤の解明:ユニークなQTLの発見からQTGさらにはQTNの同定を目指して
 ・マウスの肥満抵抗性に関わるQTG・QTN研究
 ・マウスの雑種強勢に関わるQTL・QTG研究
 ・ニワトリの成長、肥満と爆食に関わるQTL・QTG研究
 ・ニワトリの不安様行動に関わるQTL・QTG研究
 ・加齢に伴い生理的機能が増進する遺伝子の同定

山縣 高宏(助教)
  研究テーマ
 ・ヒツジを中心としたアジア在来家畜の遺伝資源学的調査と系統解析
 ・アジアにおけるジャコウネズミ(スンクス)野生集団の集団遺伝学的系統解析
 ・野生マウス由来突然変異形質の遺伝解析と系統開発