農学部 応用生命科学科

資源生物科学科イメージ

応用生命科学科 特徴・キーワード

生命現象を分子のレベルで科学する。 バイオの力を駆使して、人類の食と健康に貢献する

応用生命科学科では、最新のバイオサイエンス(生命科学)やバイオテクノロジー(生命工学)についての専門知識と技術を学びます。そして、微生物、植物、動物細胞などを対象として、遺伝子、タンパク質、生理活性物質など生命を支える分子の構造、機能について研究し、食と健康など人類が直面する諸問題の解決に貢献できる人材の育成をめざします。
たとえば、応用生命科学科では、生物が食物を分解し活動のエネルギーを得るとともに、体をつくるさまざまな分子に変換する過程を分子レベルで研究し学びます。これは、私たちが病気を予防し、健康な生活を維持していく上で極めて大切です。また物質を変換するという生物の力は、環境にやさしい新しい生産方法や新素材の開発へ応用できます。これも私たちの重要なテーマの一つです。
応用生命科学科では、有機化学、生物化学、分子生物学などを基盤として、生命現象とそのしくみを分子、細胞、組織レベルで理解するための体系的な知識を身につけます。生物が持つ機能の多面的な利用と技術開発に関する専門的な知識や技術を体得し、化学・生物系産業や食品関連産業などにおける技術職や総合職として必要とされる能力を習得します。

遺伝子(DNA)

遺伝子(DNA) 図は、モデル植物であるシロイヌナズナのすべての遺伝子がスポットされたマイクロアレイを用いた網羅的遺伝子発現解析の結果です。

遺伝形質を規定する因子で、塩基、糖、リン酸が連なっている核酸と呼ばれる分子です。4種類の塩基の並び方や長さで表される設計図をもとに、細胞の中でタンパク質がつくられ、細胞は機能を発揮します。設計図を改変して自在に生物の持つ機能を変えたり、特定のタンパク質を細胞につくらせる物質生産を行ったりする「遺伝子工学」について学び、遺伝子のレベルで生命現象について考えます。

物質生産

物質生産 図は葉緑素を持つ微生物であるラン藻を人工的に育てているところです。生物は、糖、アミノ酸、タンパク質などの物質を作成する工場として使うことができます。

生物や酵素の持つ力を利用して、有用な働きをする物質をつくりだすことです。この場合、本来つくりだすことができない生物の機能を遺伝子操作で可能にしたり、生物機能の一部である酵素反応を有効利用したりして、効率良く有用物質をつくりだすことができます。このような技術とその背景になる基礎知識を習得します。

タンパク質

タンパク質 図はタンパク質のサイズや存在量を調べることができる「電気泳動法」により、タンパク質の時間的な変動を調べているところです。

タンパク質は、細胞が機能を発揮するときに働く最小単位としての分子で、構成されるアミノ酸の長さと種類によってその構造と役割が決まっています。細胞や組織の中で、タンパク質の構造や役割がどのように対応・変化しながら生命活動を支配しているのかを学びます。

機能性食品

機能性食品 図はいくつかの野菜から分離した成分の生物活性について検査しているところです。

食品は人間が活動するためのエネルギー源ですが、細胞にさまざまな影響を与える微量成分や潜在的な機能も有しています。摂取した食品が体内に取り込まれて利用される道筋や、食品中にある未知の生理活性物質の実体を明らかにすることは、人々の健康維持や病気の予防にとても重要であることがわかってきました。これらについての基礎知識から最新の知見までを広く学びます。

生理活性物質

生理活性物質 図は、イカの発光物質やウツボやフグなどが持つ毒を示します。生物がその生存のために保有する化合物は、ときに医薬品や農薬開発のヒントになります。

生命機能に影響を与えるさまざまな化合物のこと。遺伝子やタンパク質の機能を活性化または阻害することにより、細胞の働きを制御します。また医薬や農薬の開発にも役立っています。このような生理活性物質の機能解明や探査、設計、合成などに必要な知識や技術を身につけます。

ページ上部へ戻る