国際交流・留学

名古屋大学・カセサート大学国際連携生命農学専攻

□ジョイント・ディグリープログラム(JDP)の概要

 

 名古屋大学大学院生命農学研究科が設置する国際連携生命農学専攻は、本学と連携大学が共同で起草した履修内容を、両大学の教員が指導し、共同で単一の学位を授与する博士後期課程のプログラムです。名古屋大学・カセサート大学国際連携生命農学専攻では、博士後期課程3年間のうち原則1年間、海外の大学で博士研究を行うこととなっております。

名古屋大学・カセサート大学国際連携生命農学専攻 オンライン説明会資料

カセサート大学について

 1943年に創立されたカセサート大学は、チュラロンコン大学に次いでタイ王国全土で2番目に古い国立大学です。バンコクを中心に4つのキャンパスをもち、農学分野では最も古い歴史を有する(「カセサート」はタイ語で農学の意)大学です。医学・化学分野の国立研究所(チュラポーン研究所)所長のチュラポーン王女の母校でもあります。
QS ranking 2017の農学分野では世界第29位、アジア地域では日本の2大学、中国の1大学に次いで4位にランキングされる東南アジア地域のトップ大学です。2010年より国際化を強く推進しており、現在熱帯農学、バイオエネルギー、持続的農業の分野で大学院国際プログラムを展開しています。

名古屋大学とカセサート大学との交流の歴史

名古屋大学とカセサート大学は1981年に大学間協定を結んでおり、名古屋大学としては3番目に交流の歴史が古い大学です。畜産学の実習や国際農学研修プログラムを共同で実施し、これまでも活発に学生および教員の交流を続けてきました。
また、大学間国際コンソーシアムであるAcademic Consortium 21(AC21)のメンバーでもあり、現在も活発に交流を続けています。

<アドミッション・ポリシー>

 創造的な研究活動によって真理を探究する知的好奇心に満ち、農学分野に関連する基本的な知識と理解力を備える一方で、多様な文化・環境への高い関心と適応力を持ち合わせた人材を求める。環境・文化の異なる2つの大学で共同学位の取得を強く希望し、将来は生命農学分野での専門性を活かし、グローバル社会を牽引するリーダー的人材になるなどのビジョンを持つ者が望ましい。

<出願資格・出願要件・出願手続>

 募集要項をご確認ください。
(リンク:https://www.agr.nagoya-u.ac.jp/jukensei/j_daigakuin_ad-info2020-07.html

<募集人員>

 若干名

<出願期間>

 令和2年12月を予定

<考査実施方法>

 (1) 外国語(英語)試験におけるスコアシートの提出
  外国語(英語)の試験については,TOEFLまたはTOEICのスコアによる判定を行う。
  *免除される場合あり
 (2) 口述試験:日時 令和3年2月を予定
  詳しい日時と場所は受験票送付時に通知する。
 (3) 試験場:名古屋大学大学院生命農学研究科(農学部)

<合格者発表>

 令和3年3月上旬を予定
 生命農学研究科ホームページに掲載するとともに、本人あて通知する。
 http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/jukensei/index.html

<渡航費用・生活費について>

 カセサートでの研究活動に新たな学費などは発生しません。渡航・現地での生活に各種の奨学金制度が用意されております。(参考:宿舎費用3,000-6,000バーツ/月、学食1食 50-100バーツ)

<学生からのメッセージ①>

大学院生命農学研究科
博士後期課程2年
国際連携生命農学専攻
鳥類バイオサイエンス研究室所属
秦 彩乃

私は学部生の頃から海外留学を考えていましたが、単なる語学留学としてではなく、自身の専門分野の研究で留学したいと思っていました。それは、私自身が専門をもった学生として、様々な視点をもった海外の研究者や学生たちと研究活動がしたかったからです。

タイでは、様々なセミナーや学会に参加し、発表をする機会も増え、サンプル採集のためにタイの様々な地域に行くことができることも大きな刺激であり、学びの多い毎日です。

私は、『日本とタイのニワトリの集団遺伝』をテーマに研究をしています。私たちにとって身近な存在のニワトリは、タイを中心とする東南アジアが原産地とされています。ニワトリの祖先とされるセキショクヤケイ、タイと日本の在来鶏の遺伝的特徴を調べることで、いつ・どこからニワトリが日本にやってきたのか明らかにしようとしています。さらに、ゲノム情報を用いたニワトリの育種にも貢献していけると考えています。

<学生からのメッセージ②>

大学院生命農学研究科
博士後期課程2年
国際連携生命農学専攻
植物遺伝育種学研究室所属
Shyali Iroshani

こんにちは。シャヤリ イロシャニと申します。スリランカにて2017年に博士課程で学ぶための奨励金を受賞いたしました。

2018年1月に、タイのカセサート大学にて博士課程プログラムを開始し、名古屋大学とのジョイントディグリープログラムに出会いました。自分の将来に必ずや役に立つに違いないと考え、こちらのプログラムをスタートさせました。

このプログラムでは博士論文研究を続けながら、カセサート大学で2年、名古屋大学で1年学ぶことが出来ます。第1段階のカセサート大学での1年を終え、2019年9月より名古屋大学での研究を始めました。 2か国の大学にて1つの学位を取得するプログラムは、様々な技術を実践的に身に着けることを可能とするとても素晴らしいものです。また、異文化や環境の違いを体験することによって、ともすれば単調になりがちな研究から脱却し、新たな道を切り開くことにもつながるでしょう。

世界的にもランキング上位に位置する2つの大学で学ぶチャンスを得られたことは、私にとって素晴らしい経験となります。美しい国で居心地のよい環境を整えてくださり、温かく私を迎えてくださった名古屋大学の皆さまに心より感謝申し上げます。この機会が私の将来のキャリアへの黄金の道となるよう研究に邁進してまいります。

<学生からのメッセージ③>

大学院生命農学研究科
博士後期課程1年
国際連携生命農学専攻
園芸科学研究室所属
Thanachok Taticharoen

ジョイントディグリープログラム(JDP)の魅力とは、海外で新しい知識を身に付け、将来のキャリアに繋がる良い基盤を形成する機会を得られることです。カセサート大学では難しかったリサーチに挑戦すること、既に進めていた研究をより深く追求することも可能です。私は名古屋大学にて新たな技術を修得することもできました。新たに身に付けた技術や知識をタイへ持ち帰り、今後のタイの科学の発展に役立てることが今から楽しみです。

日本文化の一つとも言えるチームワークの構築、分野や文化の違う人々との融合についても日々学んでおります。
日本での生活についてもお伝えしたい魅力のひとつです。名古屋市は日本のちょうど中心に位置し、京都や岐阜といった美しい日本の風景を見に行くのにとても便利な立地となっています。JDPでは、日本で1年間生活することになります。春の桜の季節から秋の紅葉まで楽しむことが出来ます。JDPは専門の知識や技術を修得する機会であると同時に日本の美しい風景を堪能する機会でもあるとも言えるでしょう。