本文へスキップ

セコイア会について

セコイア会=名古屋大学農学部同窓会

セコイア会の愛称をもつ名古屋大学農学部同窓会は、
名古屋大学農学部および大学院生命農学研究科(1997年度
まで農学研究科)の同窓生相互の親睦連絡を図り、
あわせて母校の発展に寄与することを目的として設立されました。
会報の発行や会員名簿の整備をはじめとする様々な活動を行っています。


セコイア会という愛称は、会員からの公募によって命名されました(平成15年発行セコイア通信)。毎年発行されている同窓会報「セコイア通信」にちなんでいます。それでは「セコイア」の由来は?これは、1955年、農学部第1期生が卒業を記念して当時の安城キャンパスに植樹した3本のメタセコイアにちなんでいます。植物に詳しい方はお気づきと思いますが、メタセコイアとセコイアは異なる植物です。このあたりの事情については、平成13、14および15年発行のセコイア通信の記事、「記念樹は今」をお読みください。安城キャンパスから東山キャンパスに移植されたこの記念樹は現在も健在です。