農学部

食糧・生物資源の生産、生物資源の利用、生物機能の活用、生物共生環境を広く見つめ、そして深く研究し、
私たちが生きる21世紀の食・環境・健康に関するさまざまな課題の解決を通して人類の生活の向上と充実を図ります。

3学科の概要

  • 生物環境科学科

    生物環境科学科

    生物と環境をみつめ、社会に活かす。生態系のしくみとはたらきを探り、環境保全と生物資源の賢明な利用を目指す。

  • 資源生物科学科

    資源生物科学科

    生物のしくみを知り、食の未来を切り拓く。生物の巧みな生存戦略を解明し、人類の食をグローバルに支える。

  • 応用生命科学科

    応用生命科学科

    生命現象を分子のレベルで科学する。バイオサイエンスとバイオテクノロジーの力を駆使して、人類の食と健康に貢献する。

教育プログラム

「生命農学」の研究、食糧・生物資源の生産、生物産業で活躍する意欲と能力を育む教育カリキュラムを充実させ、探究心と行動力を養う多様な教育システムを取り入れて、人格が触れ合う活力ある教育体制を整えています。

卒業後の進路

大学院進学のすすめ

農学部4年間で、社会で活躍するために十分な内容を学べるようカリキュラムを組み立てていることは言うまでもありませんが、急速に進歩する生命農学分野をさらに深く学び、みずから積極的に研究にかかわり、専門家になりたいと考える学生には、大学院への進学の道があります。