研究業績

学術論文(Original Paper)

2020年
  • Atsushi Yoshimura, Rina Hatanaka, Hiroshi Tanaka, Ken Kitajima, and Chihiro Sato (2020) The conserved arginine residue in all Siglecs is essential for Siglec-7 binding to sialic acid. Biochemical and Biophysical Research Communications. in press
  • Yi Yang, Ryo Murai, Yuka Takahashi, Airi Mori, Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato. (2020) Comparative studies of polysialic acids derived from five different vertebrate brains. International Journal of Molecular Sciences, 21, 8593.
  • Sato C, Hane M, Kitajima, K. (2020) Role of polysialic acid in schizophrenia. Comprehensive Glycoscience accepted
  • Yamakawa, N, Yasuda, Y, Yoshimura, A, Goshima, A, Crocker, P. R, Vergoten, G, Nishiura, Y, Takahashi, T, Hanashima, S, Matsumoto, K, Yamaguchi, Y, Tanaka, H, Kitajima, K, Sato, C. (2020) Discovery of a new sialic acid binding region that regulates Siglec-7. Scientific Reports. 10(1):8647 (doi: 10.1038/s41598-020-64887-4)
  • Iwaki Y, Matsunaga E, Takegawa K, Sato C, Kitajima K. (2020) Identification and characterization of a novel, versatile sialidase from a Sphingobacterium that can hydrolyze the glycosides of any sialic acid species at neutral pH. Biochem Biophys Res Commun. 523(2), 487-492 (doi: 10.1016/j.bbrc.2019.12.079).
  • Jun Yamada, Chihiro Sato, Kohtarou Konno, Masahiko Watanabe and Shozo Jinno. (2020) PSA-NCAM colocalized with cholecystokinin-expressing cells in the hippocampus is involved in mediating antidepressant efficacy. Journal of Neuroscience. 40(4), 825-842 (doi: 10.1523/JNEUROSCI.1779-19.2019).
  • Kitajima K, Yamakawa N, Sato C, Guerardel Y. (2020) Systems glycomics of adult zebrafish (ゼブラフィッシュの全組織グライコミクス). Journal of Japanese Biochemical Society 92(3): 349-359 (doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920349)
  • Airi Mori, Yi Yang, Yuka Takahashi, Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato. (2020) Combinational Analyses with Multiple Methods Reveal the Existence of Several Forms of Polysialylated Neural Cell Adhesion Molecule in Mouse Developing Brains. Int J Mol Sci. 16;21(16):E5892. (doi: 10.3390/ijms21165892)
  • Chihiro Sato, Ken Kitajima (2020) Polysialylation and disease. Mol Aspects Med. Online ahead of print (doi: 10.1016/j.mam.2020.100892)
  • Nursah Ertunc , Chihiro Sato & Ken Kitajima (2020) Sialic acid sulfation is induced by the antibiotic treatment in mammalian cells. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry Published online (doi: 10.1080/09168451.2020.1792763)
2019年
  • Timklay W, Magerd S, Sato C, Somrit M, Watthammawut A, Senarai T, Weerachatyanukul W, Kitajima K, Asuvapongpatana S. (2019) N-linked mannose glycoconjugates on shrimp thrombospondin, pmTSP-II, and their involvement in the sperm acrosome reaction. Mol Reprod Dev. 86(4), 440-449 (doi: 10.1002/mrd.23122).
  • Abe C, Yi Y, Hane M, Kitajima K, Sato C. (2019) Acute stress-induced change in polysialic acid levels mediated by sialidase in mouse brain. Sci Rep. 9(1), 9950 (doi: 10.1038/s41598-019-46240-6).
  • Ikegami K, Saigoh K, Fujioka A, Nagano M, Kitajima K, Sato C, Masubuchi S, Kusunoki S, Shigeyoshi Y. (2019) Effect of expression alteration in flanking genes on phenotypes of St8sia2-deficient mice. Sci Rep. 9(1), 13634 (doi: 10.1038/s41598-019-50006-5).
  • Lin CY, Lai HL, Chen HM, Siew JJ, Hsiao CT, Chang HC, Liao KS, Tsai SC, Wu CY, Kitajima K, Sato C, Khoo KH, Chern Y. (2019) Functional roles of ST8SIA3-mediated sialylation of striatal dopamine D2 and adenosine A2Areceptors. Transl Psychiatry. 9(1), 209 (doi: 10.1038/s41398-019-0529-z).
  • Yamakawa N, Vanbeselaere, J. Chang, Lan-yi, Yu Shin-yi, Ducrocq, L., Harduin-Lepers, A., Sato, C., Aoki-Kinoshita, KF., Khoo, KH., Kitajima, K., Guerardel Y. (2018) Systems glycomics of adult zebrafish identifies organ specific sialylation and glycosylation patterns. Nature Commun. 9, 4647.
  • Fujito NT, Satta Y, Hane M, Matsui A, Yashima K, Kitajima K, Sato C, Takahata N, Hayakawa T. (2018) Positive selection on schizophrenia-associated ST8SIA2 gene in post-glacial Asia. PLoS One, 13, e0200278.
  • Yamaguchi S, Yoshimura A, Yasuda Y, Mori A, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, Sato C.* (2017) Chemical synthesis and evaluation of a disialic acid-containing dextran polymer as an inhibitor for the interaction between Siglec 7 and its ligand. ChemBioChem. 18, 1194-1203.
  • Abe C, Nishimura S, Mori A, Niimi Y, Yang Y, Hane M, Kitajima K, Sato C.* (2017) Chlorpromazine increases the expression of polySia in human neuroblastoma cells and mouse prefrontal cortex. Int J Mol Sci, 18, pii: E1123.
  • Mori A, Hane M, Niimi Y, Kitajima K, Sato C.* (2017) Different properties of polysialic acids synthesized by the polysialyltransferases ST8SIA2 and ST8SIA4. Glycobiology, 27, 834-846.
  • Wu D, Fujita A, Hamaguchi K, Delannoy P, Sato C, Kitajima K. (2017) Diverse subcellular localizations of the insect CMP-sialic acid synthetases. Glycobiology, 27, 329-341.
  • Ohira S, Yasuda Y, Tomita I, Kitajima K, Takahashi T, Sato C, Tanaka H. (2017) Synthesis of End-functionalized Glycopolymers Containing α(2,8) Disialic Acids by π-Allyl Nickel Catalyzed Coordinating Polymerization and Their Interaction with Siglec-7. Chem Commun, 53, 553-556.
  • Go S, Go S, Veillon L, Ciampa MG, Mauri L, Sato C, Kitajima K, Prinetti A, Sonnino S, Inokuchi JI. (2017) Altered expression of ganglioside GM3 molecular species and a potential regulatory role during myoblast differentiation. J Biol Chem, 292, 7074-7051.
  • Senarai T, Vanichviriyakit R, Miyata S, Sato C, Sretarugsa P, Weerachatyanukul W, Kitajima K. (2017) Alpha-2 macroglobulin as a region-specific secretory protein in male reproductive tract and its dynamics during sperm transit towards female spermatheca in the blue crab. Mol Reprod Dev, 84, 585-595.
  • Hane M, Kitajima K and Sato C*. (2016) Effects of intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of a polysialyltransferase, ST8SIA2 gene found in psychiatric disorders on its gene products. Biochem Biophys Res Commun, 478, 1123-1129.
  • Mizukami AG, Inatsugi R, Jiao J, Kotake T, Kuwata K, Ootani K, Okuda S, Sankaranarayanan S, Sato Y, Maruyama D, Iwai H, Garénaux E, Sato C, Kitajima K, Tsumuraya Y, Mori H, Yamaguchi J, Itami K, Sasaki N, and Higashiyama T. (2016) The AMOR Arabinogalactan Sugar Chain Induces Pollen-Tube Competency to Respond to Ovular Guidance. Curr Biol, 26, 1091-1097.
  • Hane M, Matsuoka S, Miyata S. Kitajima K, and Sato C*. (2015) Protective effects of polysialic acid on proteolytic cleavage of FGF2 and proBDNF/BDNF. Glycobiology, 10, 1112-1124.
  • Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, and Sato C*. (2015) Rapid trimming of cell surface polySia by exovesicular sialidase triggers release of preexisting surface neurotrophin. J Biol Chem, 290, 13202-13214.
  • Garénaux E, Kanagawa M, Tsuchiyama T, Hori K, Kanazawa T, Goshima A, Chiba M, Yasue H, Ikeda A, Yamaguchi Y, Sato C, and Kitajima K. (2015) Discovery, primary and crystal structures, and capacitation-related properties of a prostate-derived heparin-binding protein WGA16 from boar sperm. J Biol Chem, 290, 5484-5501.
  • Harada Y, Sato C, and Kitajima K. (2015) Sulfatide-Hsp70 interaction promotes Hsp70 clustering and stabilizes binding to unfolded protein. Biomolecules, 5, 958-973.
  • Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, and Maekawa S. (2015) Ganglioside contained in the neuronal tissue-enriched acidic protein of 22 kDa (NAP-22) fraction prepared from the detergent-resistant membrane microdomain of rat brain inhibits the phosphatase activity of calcineurin. J Neurosci Res, 93, 1462-1470.
  • Harada Y, Garenaux E, Nagatsuka T, Uzawa H, Nishida Y, Sato C, and Kitajima K. (2014) Interaction of 70-kDa heat shock protein with glycosaminoglycans and acidc glycopolymers. Biochem Biophys Res Commun, 453, 229-234.
  • Nishimura S, Hane M, Niimi Y, Miyata S, Kitajima K, and Sato C*. (2014) Comparison of analytical methods to detect polysialic acid. J. Glycomics Lipidomics 4, 113.
  • Ikegami K, Liao X-H, Hoshino Y, Ono H, Ota W, Ito Y, Nishiwaki-Ohkawa T, Sato C, Kitajima K, Iigo M, Shigeyoshi Y, Yamada M, Murata Y, Refetoff S, and Yoshimura T. (2014) Tissue-specific post-translational modification allows functional targeting of thyrotropin. Cell Reports 9, 801-810.
  • Yabu M, Korekane H, Takahashi H, Ohigashi H, Ishikawa O, Hatano K, Nonomura N, Sato C, Kitajima K, and Miyamoto Y. (2013) Occurrence of free deaminoneuraminic acid (KDN)-containing complex-type N-glycans in human prostate cancers. Glycobiology, 23, 634-642.
  • Hanashima S, Sato C, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, and Yamaguchi Y. (2013) NMR study into the mechanism of recognition of the degree of polymerization by oligo/polysialic acid antibodies. Bioorg Med Chem 21, 6069-6076.
  • Nagae M, Ikeda A, Hane M, Hanashima S, Kitajima K, Sato C, Yamaguchi Y. (2013) Crystal structure of anti-polysialic acid antibody single chain Fv fragment complexed with octasialic acid: insight into the binding preference for polysialic acid. J. Biol. Chem. 288, 33784-33796.
  • Ono S, Hane M, Kitajima K, and Sato C*. (2012) Novel regulation of fibroblast growth factor 2 (FGF2)-mediated cell growth by polysialic acid. J Biol Chem, 287, 3710-3722.
  • Guérardel Y, Chang LY, Fujita A, Coddeville B, Maes E, Sato C, Harduin-Lepers A, Kubokawa K, and Kitajima K. (2012) Sialome analysis of the cephalochordate Branchiostoma belcheri, a key organism for vertebrate evolution. Glycobiology 22, 479-491.
  • Hane M, Sumida M, Kitajima K, Sato C.* (2012) Structural and functional impairments of polySia-NCAM synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient. Pure Appl Chem, 84, 1895-1906.
  • Takahashi K, Mitoma J, Hosono M, Shiozaki K, Sato C, Yamaguchi K, Kitajima K, Higashi H, Nitta K, Shima H, and Miyagi T. (2012) Sialidase NEU4 hydrolyzes polysialic acids of neural cell adhesion molecules and negatively regulates neurite formation by hippocampal neurons. J Biol Chem, 287, 14816-14826.
  • Davies LR, Pearce OM, Tessier MB, Assar S, Smutova V, Pajunen M, Sumida M, Sato C, Kitajima K, Finne J, Gagneux P, Pshezhetsky A, Woods R, and Varki A. (2012) Metabolism of vertebrate amino sugars with N-glycolyl groups: resistance of α2-8-linked N-glycolylneuraminic acid to enzymatic cleavage. J Biol Chem, 287, 28917-28931.
  • Kasekarn W, Kanazawa T, Hori K, Tsuchiyama T, Lian X, Garénaux E, Kongmanas K, Tanphaichitr N, Yasue H, Sato C, and Kitajima K. (2012) Pig sperm membrane microdomains contain a highly glycosylated 15-25-kDa wheat germ agglutinin-binding protein. Biochem Biophys Res Commun, 426, 356-362.
  • Isomura R, Kitajima K, and Sato C*. (2011) Structural and functional impairments of polysialic acid by a mutated polysialyltransferase found in schizophrenia. J Biol Chem, 286, 21535–21545.
  • Miyata S, Yamakawa N, Toritama M, Sato C, and Kitajima K. (2011) Co-expression of two distinct polysialic acids, α2,8- and α2,9-linked polymers of N-acetylneuraminic acid, in distinct glycoproteins and glycolipids in sea urchin sperm. Glycobiology 21, 1596-1605.
  • Kambara Y, Shiba K, Yoshida M, Sato C, Kitajima K, and Shingyoji C. (2011) Mechanism regulating Ca2+-dependent mechanosensory behaviour in sea urchin spermatozoa. Cell Struct Funct, 36, 69-82.
  • Inoue, S., Sato, C. and Kitajima, K. (2010) Extensive enrichment of N-glycolylneuraminic acid in extracellular sialoglycoproteins abundantly synthesized and secreted by human cancer cells. Glycobiology, 20, 752-762.
  • Inoko E., Nishiura Y., Tanaka H., Takahashi T., Furukawa K., Kitajima K., and Sato C*. (2010) Developmental stage-dependent expression of an α2,8-trisialic acid unit on glycoproteins in mouse brain. Glycobiology, 20, 916-928.
  • Sano K, Miyamoto Y, Kawasaki N, Hashii N, Itoh S, Murase M, Date K, Yokoyama M, Sato C, Kitajima K, and Ogawa H. (2010) Survival signals of hepatic stellate cells in liver regeneration are regulated by glycosylation changes in rat vitronectin, especially decreased sialylation. J. Biol. Chem. 285, 17301-17309.
  • Hino S, Umeda F, Inumaru S, Aoki N, Sato C, Okajima T, Nadano D, and Matsuda T. (2010) IgG2 dominancy and carbohydrate recognition specificity of C3H/He mouse antibodies directed to cross-reactive carbohydrate determinants (CCDs) bearing beta-(1,2)-xylose and alpha-(1,3)-fucose. Immunology Lett, 133, 28-34.
  • Adachi T., Sato C., Kishi Y., Totani K., Murata T., Usui T., and Kitajima K. (2009) Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka, Oryzias latipes are a plat form of E-cadherin and carbohydrate-mediated cell-cell interactions during epiboly. Glycoconjugate J. 26, 285-299.
  • Chang LY, Harduin-Lepers A, Kitajima K, Sato C, Huang CJ, Khoo KH, and Guérardel Y. (2009) Developmental regulation of oligosialylation in zebrafish. Glycoconjugate J, 26, 247-261.
  • Hino S, Matsubara T, Urisu A, Aoki N, Sato C, Okajima T, Nadano D, and Matsuda T. (2009) Periodate-resistant carbohydrate epitopes recognized by IgG and IgE antibodies from some of the immunized mice and patients with allergy. Biochem Biophys Res Commun, 380, 632-637
  • Kanato Y., Ono S., Kitajima K., and Sato C*. (2009) Complex Formation of a Brain-Derived Neurotrophic Factor and Glycosaminoglycans. Biosci Biotech Biochem, 73, 2735-2741. (論文賞)
  • Kanato Y., Kitajima K. and Sato, C*. (2008) Direct binding of polysialic acid to a brain-derived neurotrphic factor depends on the degree of polymerization. Glycobiology, 12, 1044-1053.
  • Okumura H, Aoki N, Sato C, Nadano D, and Matsuda T. (2007) Heterocomplex formation and cell-surface accumulation of hen’s serum zona pellucida B1 (ZPB1) with ZPC expressed by a mammalian cell line (COS-7): a possible initiating step of egg-envelope matrix construction. Biol Reprod, 76, 9-18.
  • Harada Y, Sato C, and Kitajima K. (2007) Complex formation of 70-kDa heat shock protein with acidic glycolipids and phospholipids. Biochem Biophys Res Commun, 353, 655-660.
  • Yasukawa Z., Sato C.*, and Kitajima K. (2007) Identification of an inflammation-inducible serum protein recognized by anti-disialic acid antibodies as carbonic anhydrase II. J Biochem, 141, 429-441.
  • Fujita A, Sato C, and Kitajima K. (2007) Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase. Biochem Biophys Res Commun, 355, 174-180.
  • Go S., Sato C., Yin J., Kannagi R. and Kitajima K. (2007) Hypoxia-enhanced expression of free deaminoneuraminic acid in human cancer cells. Biochem Biophys Res Commun, 355, 537-542.
  • Yamakawa N., Sato C., Miyata S., Maehashi E., Toriyama T., Sato N., Furuhata K. and Kitajima. K. (2007) Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to glycoconjugates from sea urchin sperm and eggs. Biochimie, 89, 1396-1408.
  • Adachi T., Sato C. and Kitajima, K. (2007) Membrane microdomain formation is crucial in epiboly during gastrulation of medaka. Biochem Biophys Res Commun, 358, 848-853.
  • Tiralongo J, Fujita A, Sato C, Kitajima K, Lehmann F, Oschlies M, Gerardy-Schahn R, Munster-Kuhnel AK. (2007) The rainbow trout CMP-sialic acid synthetase utilises a nuclear localization signal different from that identified in the mouse enzyme. Glycobiology, 17, 945-954.
  • Yin J., Hashimoto A., Izawa M., Miyazaki K., Chen G-Y., Takematsu H., Kozutsumi Y., Suzuki A., Furuhata K., Cheng FL. Lin CH., Sato C., Kitajima K., and Kannagi R. (2006) Hypoxic culture induces expression of Sialin, a sialic acid transporter, and cancer-associated gangliosides containing non-human sialic acid on human cancer cells. Cancer Res, 66, 2937-2945.
  • Nakatani H, Aoki N, Nakagawa Y, Jin-No S, Aoyama K, Oshima K, Ohira S, Sato C, Nadano D, and Matsuda T. (2006) Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity. Biochem J, 395, 21-30.
  • Go S., Sato C., and Kitajima K. (2006) Oral ingestion of mannose alters the expression level of deaminoneuraminic acid (KDN) in mouse organs. Glycoconjugate J, 23, 411-421.
  • Yasukawa Z., Sato C.*, Sano K., Ogawa H. and Kitajima, K. (2006) Identification of disialic acid-containing glycoproteins in mouse serum. Glycobiology, 15, 827-837.
  • Miyata S, Sato C, Kumita H, Toriyama M, Vacquier VD, and Kitajima K. (2006) Flagellasialin: a novel sulfated alpha2,9-linked polysialic acid glycoprotein of seaurchin sperm flagella.Glycobiology, 16, 1229-1241.
  • Asahina S, Sato C, Matsuno M, Matsuda T, Colley K, and Kitajima K. (2006) Involvement of the alpha2,8-polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the biosynthesis of polysialic acid chains on the O-linked glycoproteins in rainbow trout ovary. J Biochem, 140, 687-701.
  • Tajima Y., Uyama E., Go S., Sato C., Tao N., Kotani M., Hino H., Suzuki A., Sanai Y., Kitajima K., and Sakuraba H. (2005) Distal Myopathy with Rimmed Vaculoes. Am J Pathol, 166, 1121-1128.
  • Yasukawa Z., Sato C., and Kitajima K. (2005) Inflammation-dependent changes in α2,3-, α2,6-, and α2,8-sialic acid glycotopes on serum glycoproteins in mouse. Glycobiology, 15, 827-837.
  • Nishikawa T., Kajii S., Sato C., Yasukawa Z, Kitajima K, and Isobe, M. (2004) Alpha-C-Mannosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins. Bioorg Med Chem, 12, 2343-2348.
  • Miyata S., Sato C., Kitamura S., Toriyama, S., and Kitajima K. (2004) A major flagellum sialoglycoprotein in sea urchin sperm contains a novel polysialic acid, an a2,9-linked poly-N-acetylneuraminic acid chain, capped by an 8-O-sulfated sialic acid residue. Glycobiology, 14, 827-840.
  • Asahina S., Sato C., and Kitajima K. (2004) Developmental Expression of a Sialyltransferase Responsible for Sialylation of Cortical Alveolus Glycoprotein During Oogenesis in Rainbow Trout (Oncorhynchus mykiss). J Biochem, 136,189-198.
  • Fujita A., Sato C., Münster-Kühnel, AK., Gerardy-Schahn R., and Kitajima K. (2004) Development of a simple and efficient method for assaying the CMP-sialic acid synthetase activity using an enzymatic NADH/NAD+converting system. Anal Biochem, 337, 12-21.
  • Okumura H., Kohno Y., Iwata Y., Mori H., Aoki N., Sato C., Kitajima K., Nadano D., and Matsuda T. (2004) A newly identified zona pellucida glycoprotein, ZPD and dimeric ZP1 of chicken egg envelope are involved in sperm activation on sperm-egg interaction. Biochem J, 383, 1-9.
  • Nikonova EY., Tertov VV., Sato C., Kitajima K., and Bovin NV. (2004) Specificity of human trans-sialidase as probed with gangliosides. Bioorg Med Chem Lett, 14, 5161-5164.
  • Yabe U, Sato C, Matsuda T., and Kitajima K. (2003) Polysialic acid in human milk. J Biol Chem, 278, 13875-13880.
  • Maehashi E., Sato C., Ohta, K., Harada Y., Matsuda T., Hirohashi, N., Lennarz WJ., and Kitajima K. (2003) Identification of the sea urchin 350 kDa sperm binding protein as a new sialic acid-binding lectin that belongs to the heat shock protein 110 family. J Biol Chem, 278, 42050-42057.
  • Sato C.#, Matsuda T., and Kitajima K. (2002) Neuronal differentiation -dependent expression of the disialic acid epitope on CD166 and its involvement in neurite formation in Neuro2A cells. J Biol Chem, 277, 45299-45305.
  • Sato C.#, Yasukawa, Z., Honda, N., Matsuda T., and Kitajima K. (2001) Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residue in an adipose tissue-specific glycoprotein, adipo Q. J Biol Chem, 276, 28849-28856.
  • Nadanaka S., Sato C., Kitajima K., Katagiri K., Irie S., and Yamagata T. (2001) Occurrence of oligosialic acids on integrin alpha-5 subunit and thier involvement in cell adhesion to fibronectin. J Biol Chem, 276, 33657-33664.
  • Sato C.#, Fukuoka H., Ohta K., Matsuda T., Koshino R., Kobayashi K., Troy FA. II, and Kitajima K. (2000) Frequent occurrence of pre-existing α2,8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins: Prevalence revealed by highly sensitive chemical methods and anti-di-, oligo, and polysialic acid antibodies specific for defined chain lengths. J Biol Chem, 275, 15422-15431.
  • Ohta K., Sato C., Matsuda T., Toriyama M., Vacquier VD., Lennarz WJ, and Kitajima K. (2000) Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm. Glycoconjugate J, 17, 205-214.
  • Takeuchi T., Nishimura K., Aoki N., Adachi T., Sato C., Kitajima K., and Matsuda T. (1999) A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression. Eur J Biochem, 273, 21526-21530.
  • Maekawa S., Sato C., Kitajima K., Kumanogoh H., Funatsu N., and Sokawa Y. (1999) Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft). J Biol Chem, 274, 21369-21374.
  • Sato C.#, Inoue S., Matsuda T., and Kitajima K. (1999) Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates. Anal Biochem, 267, 102-109.
  • Ohta K., Sato C., Matsuda T., Toriyama M., Lennarz WJ., and Kitajima K. (1999) Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm. Biochem. Biophys. Res. Commun. 258, 616-623.
  • Sato C.#, Kitajima K., Inoue S., and Inoue Y. (1998) Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal-derived glycoprotiens by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods. J Biol Chem, 273, 2575-2582.
  • Sato C.#, Inoue S., Matsuda T., and Kitajima K. (1998) Development of a highly sensitive chemical method to detect α2,8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane. Anal Biochem, 261, 191-197.
  • Funakoshi Y., Taguchi T., Sato C., Kitajima K., Inoue S., Morris HR., Dell A., and Inoue Y. (1997) Occurrence of terminal α2,8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with LeX and I antigenic glycotopes in tetraantennary arms of an N-linked glycoprotein isolated from rainbow trout ovarian fluid. Glycobiology, 7, 195-205.
  • Sato C.#, Kitajima K., Inoue S., Seki T., Troy FA.II, and Inoue Y. (1995) Characterization of the antigenic specificity of four different anti-(α2,8-linked polysialic acid) antibodies using lipid-conjugated oligo/polysialic acids. J Biol Chem, 270, 18923-18928.
  • Sato C.#, Kitajima K., Tazawa I., Inoue Y., Inoue S., and Troy FA II (1993). Structural diversity in α2,8-linked polysialic acid chains in salmonid fish egg glycoproteins. Occurrence of poly(Neu5Ac), poly(Neu5Gc), poly(Neu5Ac,Neu5Gc), poly(KDN), and their partially acetylated forms. J Biol Chem, 268, 23675-23684.

総説(Review)

  • Sato C#*, Hane M. (2018) Mental disorders and an acidic glycan-from the perspective of polysialic acid (PSA/polySia) and the synthesizing enzyme, ST8SIA2. Glycoconjugate J, 35, 353-373.(査読有)
  • 佐藤ちひろ#*、北島健. (2018) ポリシアル酸化 (膜タンパク質; 特集 「タンパク質核酸の分子修飾 Ⅲ. 細胞膜での分子修飾」)生体の科学 69巻5号 印刷中 (査読有)
  • 佐藤ちひろ#*.(2018) 酸性糖鎖ポリシアル酸の新機能の発見とその応用展開. 化学と生物. 56, 422-431. (査読有)
  • Sato C.#* (2017) Releasing mechanism of neurotrophic factors via polysialic acid. Vitamines and Hormones. 104, 89-112. (査読有)
  • 羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ*. (2017) ポリシアル酸転移酵素遺伝子ST8SIA2と精神疾患の関わり.(特集「糖鎖関連遺伝子から眺める疾患」佐藤ちひろ、岡島徹也 編)生化学. Vol.89, No 5. 634-643 (査読有)
  • Sato C.#*, Hane M, and Kitajima K. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders. (2016) Biochim. Biophys. Acta. 1860, 1739-1752. (査読有)
  • Kitajima K, Varki N, and Sato C. Advanced technologies in sialic acid and sialoglycoconjugate anaysis. (2015) Top Curr Chem, 367, 75-103. (査読有)
  • Colley K., Kitajima K, and Sato C. (2014) Polysialic acid: Biosynthesis, novel functions and applications. Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology 49, 498-532 (査読有)
  • Sato C.#*, and Kitajima K. (2013) Disialic, oligosialic, and polysialic acids: Distribution, biological functions, and related disease. J Biochem, 154, 115-136. (査読有)
  • Sato C.#* and Kitajima K. (2013) Impact of structural aberrancy of polysialic acid and its synthetic enzyme ST8SIA2 in schizophrenia. Front Cell Neurosci, 7, 61. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#*、北島健 (2013) ポリシアル酸による神経機能の調節. 実験医学 31巻 10号 (増刊) pp. 26-33; 第三の生命鎖:糖鎖の機能と疾患(門松健治、遠藤玉夫、岡昌吾、北川裕之編集)羊土社 (査読有)
  • Sato C.#* (2012) Polysialic acids. in Sialobiology: Structure, Function and Biosynthesis, pp33-75 (Tiralongo J ed) Bentham Science. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#*, 北島 健 (2011) ポリシアル酸の新機能の神経形成維持機構 生化学 83(3), 189-196. (査読有)
  • Sato C#*, Kitajima K. (2011) New function of polysialic acid and its relationship to schizophrenia. Trends Glycsci. Glycotech. 23, 221-238. (査読有)
  • Inoue S, Kitajima K, Sato C, Go S. (2011) Human KDN (deaminated neuraminic acid) and its elevated expression in cancer cells: mechanism and significance. Adv. Exp, Med. Biol. 705, 669-678. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#* (2010) 統合失調症と糖鎖.生体の科学, 61, 160-166. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#*、北島 健 (2008) ポリシアル酸構造による細胞シグナルの調節機構. タンパク質・核酸・酵素, 53, 1577-1583 (査読有)
  • Miyata, S., Sato, C. and Kitajima, K. (2007) Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes. Trends Glycosci. Glycotech. 19, 83-95. (査読有)
  • 北島 健、郷 慎司、藤田明子、佐藤ちひろ (2007) シアル酸の構造多様性とその生物学的意義. 細胞工学 26, 629-634. (査読有)
  • C. Sato#* (2004) Chain length diversity of sialic acids and its biological significance. Trends Glycosci Glycotech 16, 331-344. (査読有)
  • 佐藤ちひろ*# (2004) ジシアル酸・オリゴシアル酸・ポリシアル酸の生物学的機能. Functional Glycomics 3, 40-47. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#*、北島 健 (2003) 糖タンパク質と糖脂質の共通糖鎖オリゴシアル酸の普遍的存在とその意義 蛋白質・核酸・酵素48, 1730-1736. (査読有)
  • 佐藤ちひろ#* (2003) ポリシアル酸の鎖長多様性とタンパク質機能. 生化学 75, 1526-1530. (査読有)
  • C. Sato#, and K. Kitajima. (2002) Detection of di/oligo/polysialic acid units in glycoproteins. Recent Research Developments in Analytical Biochemistry 2, 201-215. (査読有)
  • C. Sato#*, and K. Kitajima. (1999) Glycobiology of di and oligosialyl glycotopes. Trends Glycosci Glycotech, 11, 371-390. (査読有)

著書(Books)

2020年
  • 北島健、佐藤ちひろ、門松健治、加藤晃一編. (2020) 「糖鎖生物学」
2019年
  • Sato C, Kitajima K. (2019) Sialic acids in neurology. Adv Carbohydr Chem Biochem. 76, 1-64 (doi: 10.1016/bs.accb.2018.09.003).
  • Sato C. (2019) polysialic acids. Trends Glycosci Glycotech. 31(181), E1-E3. (doi: 10.4052/tigg.1908.2E)
  • Sato C. Kitajima K. (2019) Sialic Acids in Neurology: Advances in Carbohydrate Chemistry and Biochemistry. Sialic Acids. Vol.76, 1-64. (doi: 10.1016/bs.accb.2018.09.003)
  • Sato C#* and Kitajima K. (2019) Sialic Acids in Neurology: Advances in Carbohydrate Chemistry and Biochemistry. Sialic Acids: vol 76 pp.1-64
  • Sato, C. #* (2019) Schizophrenia (Polysialic acid) Glycoscience: Basic Science to Applications – lnsights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology (Taniguchi N., Endo, T. Hirabayashi, J., Nishihara S Eds) (Spriger) pp.209-219
2018年
  • Sato C, Hane M. (2018) Mental disorders and an acidic glycan-from the perspective of polysialic acid (PSA/polySia) and the synthesizing enzyme, ST8SIA2. Glucoconj. J. 35, 353-373.
  • 佐藤ちひろ、北島健. (2018) ポリシアル酸化 (膜タンパク質;  特集 「タンパク質・核酸の分子修飾 Ⅲ. 細胞膜での分子修飾」)生体の科学 69巻5号 502-503. 
  • 佐藤ちひろ. (2018) 酸性糖鎖ポリシアル酸の新機能の発見とその応用展開. 化学と生物. Vol.56, No.6. 422-443.
  • 佐藤ちひろ#* (2018) 統合失調症(ポリシアル酸) 未来を創るグライコサイエンス -我が国のロードマップ-(日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)編) pp72-74
  • Sato C.#* (2014) 70. ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha-2,8- sialyltransferase 2 (ST8SIA2) in Handbook of Glycosyltransferases and related genes (eds., Taiguchi N, Honke K, Fukuda M, Narimatsu H, Yamaguchi Y, Angata T), Springer, Germany, pp781-795.
  • Sato C.#* (2014) Frontal Affinity Chromatography in the Methods in Molecular Biology (Lectins: Ed. Hirabayashi, J.) Springer, Germany, pp257-264.
  • Sato C.#* and Kitajima K. (2014) Polysialic acid in the Glycoscience: Biology and Medicine (Taniguchi, N., Honke, K., Fukuda, M., Yamaguchi, Y., and Angata, T. eds.), Springer, Germany, pp519-528.
  • Hane M., Kitajima K. and Sato C.* (2014) Polysialyltransferase assay in the Glycoscience: Biology and Medicine (Taniguchi, N., Honke, K., Fukuda, M., Yamaguchi, Y., and Angata, T. eds.), Springer, Germany, pp529-534.
  • Kanazawa T., Suzuki E., Miyata S., Sato C. and Kitajima K. (2014) Flagellasialin in the Glycoscience: Biology and Medicine (Taniguchi, N., Honke, K., Fukuda, M., Yamaguchi, Y., and Angata, T. eds.), Springer, Germany, pp883-890.
  • Kitajima K, and Sato C. (2011) The roles of carbohydrate binding in cell adhesion and inflammation. in Carbohydrate Recognition: Biological problems, methods, and applications (eds., Binghe Wang, Geer-Jan Boons), John Wiley and Sons. pp33-63.
  • Sato C.#, Yamakawa N., and Kitajima K. (2010) Analysis of glycan-protein interaction by frontal affinity chromatography and Biacore. in Methods in Enzymology (Minoru Fukuda ed. in glycomics) Elsevir science, 478, pp219-232.
  • Sato C.#* (2008) Chemical labeling of sialyloligo/polymer. in Glycoscience Lab Manual (Taniguchi N, Suzuki A, Ito Y, Narimatsu H, Kawasaki T, Hase S, eds), Springer, Japan, pp24-27.
  • Sato C.#, and Kitajima, K. (2008) Structural analysis of polysialic acid. in Glycoscience Lab Manual (Taniguchi N, Suzuki A, Ito Y, Narimatsu H, Kawasaki T, Hase S, eds), Springer, Japan, pp77-81.
  • Adachi T., Sato C., and Kitajima K. (2008) Membrane microdomain as a platform of carbohydrate-mediated interaction during early development of medaka fish. in Glycoscience Lab Manual (Taniguchi N, Suzuki A, Ito Y, Narimatsu H, Kawasaki T, Hase S, eds), Springer, Japan, pp299-302,
  • 佐藤ちひろ*#、北島 健 (2005) 4)ポリシアル酸. 5糖鎖と発生.遺伝子医学MOOK 3 糖鎖と病気, (株式会社メディカルドゥ) pp186-191.
  • 佐藤ちひろ*# (2005)オリゴシアル酸の標識.未来を拓く糖鎖科学 (金芳堂) pp12-13.
  • Sato C. #, Matsuda T. and Kitajima K. (2001) Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haematopoietic cell line HL60. in Leukocyte typing VII. (Oxford University Press, Oxford, U. K.) pp208-211.
  • Sato C. #, Matsuda T., and Kitajima K. (2001) Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosaccharides as antigens. in Leukocyte typing VII. (Oxford University Press, Oxford, U. K.), pp168-169.
  • Kitajima K., Sato C., Honda N., Matsuda T., Yokoyama MH., Close BE., and Colley KJ. (1999) Occurrence of α2,8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins. in Sialobiology and Other Novel Form of Glycosylation (Inoue, Y., Lee, Y. C., and Troy, F. A., eds). Gakushin Syuppan. pp69-76.

その他(e.t.c.)

受賞(Awards)

2020年
  • 氏名:畑中 理菜(生命農学研究科修士2年)
    受賞名:第93回日本生化学会大会若手優秀発表賞
    受賞年月日:2020年9月14-16日
    対象演題:畑中理菜、荒木映莉乃、羽根正弥、Wu Di、北島健、佐藤ちひろ
         オリゴシアル酸転移酵素ST8Sia6 の発現はメラノーマを悪性化する
  • 氏名:森 愛理(生命農学研究科博士3年)
    受賞名:第21回比較グライコーム研究会2020・横浜onlineシンポ「糖の起源と進化〜宇宙 &深海〜」奨励賞
    受賞年月日:2020年8月21日
    対象演題:東山動植物園ポリシアル酸マップ
2019年
  • 氏名:岩木佑弥(生命農学研究科博士3年)
    受賞名:「若手の力」フォーラム 糖鎖科学中部拠点奨励賞
    受賞年月日:2019年12月21日
    対象演題:岩木 佑弥、竹川 薫、佐藤 ちひろ、北島 健.
         基質特異性の広い Sphingobacterium 属由来万能シアリダーゼの発見と 性質解析
  • 氏名:森愛理(生命農学研究科博士2年)
    受賞名:11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conferenceポスター賞
    受賞年月日:2019年11月11-14日
    対象演題:Airi Mori, Yang Yi, Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato.
         Establishment of the evaluation method for the repulsive field displayed by polysialic acids
  • 氏名:朝比奈佑希(生命農学研究科修士2年)
    受賞名:第92回日本生化学会大会若手優秀発表賞
    受賞年月日:2019年9月18-20日
    対象演題:朝比奈佑希、吉村淳、北島健、佐藤ちひろ
         Siglec-9の新規シアル酸結合部位が関わるリガンド結合性解析
  • 氏名:羽根 正弥(生物機能開発利用研究センター博士研究員)
    受賞名:第38回日本糖質学会年会 優秀講演賞
    受賞年月日:2019年8月19-21日
    対象演題:羽根 正弥、早川 敏之、北島 健、佐藤 ちひろ
         統合失調症患者に見出されるST8SIA2のプロモーター領域 rSNPのインパクトの解析
  • 受賞名:第38回日本糖質学会 ポスター賞
    受賞年月日:2019年8月28-30日
    対象演題:ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2とST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質
    ○森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:第91回日本生化学会大会 若手優秀発表賞
    受賞年月日:2018年9月24日
    対象演題:ポリシアル酸転移酵素 ST8SIA2 と ST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.
    ○森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:第14回若手の力フォーラム 糖鎖科学中部拠点奨励賞
    受賞年月日:2017年11月11日
    対象演題:ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2とST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.
    ○森 愛理、羽根正弥、北島 健、佐藤ちひろ
  • 受賞名:日本農芸化学会2017年度 農芸化学女性研究者賞
    受賞年月日:2017年3月17日
    対象演題:酸性糖鎖ポリシアル酸の新機能の発見とその応用展開
    受賞者:佐藤ちひろ
  • 受賞名:日本生化学会中部支部例会 奨励賞
    受賞年月日:2016年5月21日
    対象演題:神経細胞接着分子のポリシアル酸修飾の新しい制御機構の存在.
    ○森 愛理、内村健治、北島 健、佐藤ちひろ.

  • 受賞名:第34回日本糖質学会 ポスター賞
    受賞年月日:2015年8月
    対象演題:ポリシアル酸転移酵素STXとPSTにより生合成されるポリシアル酸の構造及び分子保持機能の解析
    ○新美百希、羽根正弥、北島 健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:糖鎖科学中部拠点 若手の力奨励賞
    受賞年月日:2015年11月28日
    対象演題:ポリシアル酸転移酵素STXとPSTが生み出すポリシアル酸構造とその神経作用因子結合性の解析
    ○新美百希、羽根正弥、北島 健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:第33回日本糖質学会 ポスター賞
    受賞年月日:2014年8月10-12日
    対象演題:ポリシアル酸はNCAM細胞外ドメインの切断を制御する機能を持つ.
    ○松岡修平、羽根正弥、新美百希、北島 健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:第86回日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞(優秀プレゼンテーション賞)
    受賞年月日:2013年9月11日
    対象演題:FGF2依存的細胞増殖に対するポリシアル酸とヘパラン硫酸の異なる効果
    ○羽根正弥、 北島健、佐藤ちひろ
  • 受賞名:第77回日本生化学会中部支部例会 中部支部奨励賞
    受賞年月日:2013年5月25日
    対象演題:ポリシアル酸はFGF-2の寿命を制御する働きを持つ.
    ○松岡修平, 羽根正弥, 西村紗希, 北島健, 佐藤ちひろ.
  • 受賞名:平成24年度包括脳ネットワーク若手優秀発表賞
    受賞年月日:2012年7月26日
    対象演題:統合失調症患者由来ST8SiaII/STXが生合成するpolySia-NCAMの糖鎖生物学的解析
    ○羽根正弥、住田瑞季、北島健、佐藤ちひろ
  • 受賞名:第9回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム 奨励賞
    受賞年月日:2011年10月22日
    対象演題:エキソソーム局在シアリダーゼの発見およびその分泌機構の解析.
    ○住田瑞季、矢部宇一郎、宮城妙子、Sadagopan Magesh、木曽真、北島健、佐藤ちひろ.
  • 受賞名:2009年BBB論文賞 (2010年3月27日)
    受賞者:佐藤ちひろ
    対象論文: Kanato Y., Ono S., Kitajima K., and Sato C*. (2009) Complex Formation of a Brain-Derived Neurotrophic Factor and Glycosaminoglycans. Biosci. Biotech. Biochem. 73, 2735-2741.
  • 受賞名: 2003年 第6回日本糖質学会奨励賞 
    受賞者:佐藤ちひろ
    シアル酸の重合度多様性の発見とその生物学的意義の解明
  • 受賞名:1999年 第3回日本糖質学会ポスター賞
    受賞者:佐藤ちひろ
    Frequent occurrence and regulated expression of oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins.
    ○C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima
    XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (1999)

学会発表(Conference)

【国際会議発表】 −招待講演、特別講演、シンポジウム講演以外は査読あり

2020年
口頭発表
  • 大本敬之、呉迪、橋本寿史、日比正彦、羽根正弥、佐藤ちひろ、北島健. α2,6-シアル酸転移酵素IとII遺伝子のノックアウトメダカの樹立と生化学的表現型の解析. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; WEb開催
  • 畑中理菜、荒木映莉乃、羽根正弥、Wu Di、北島健、佐藤ちひろ. オリゴシアル酸転移酵素ST8Sia6の発現はメラノーマを悪性化する. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催 
  • 郷 詩織、郷 慎司、橋本 有弘、佐藤 ちひろ、北島 健. 筋分化過程におけるGM3上のシアル酸とセラミド構造変化の分子機構の解明. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催
ポスター発表
  • 佐藤 ちひろ、山川 奈緒、吉村 淳、北島 健. シアル酸結合レクチン(Siglec7)の新規シアル酸結合領域の存在. 日本農芸化学会2020年度大会; 2020年3月25-28日; 九州大学 伊都キャンパス,福岡(要旨公開発表)
  • 岩木 佑弥、松永 恵美子、竹川 薫、佐藤 ちひろ、北島 健. 中性領域で働く基質特異性の広い万能シアリダーゼの発見と性質. 日本農芸化学会2020年度大会; 2020年3月25-28日; 九州大学 伊都キャンパス,福岡(要旨公開発表)
  • Di Wu、Sakura Toda、Pierre-Andre Gilormini、Yann Guerardel、Chihiro Sato、Ken Kitajima. Catalytic regulation of the vertebrarte CMP-sialic acid synthetase by its C-teminal domain. 日本農芸化学会2020年度大会; 2020年3月25-28日; 九州大学 伊都キャンパス,福岡(要旨公開発表)
  • 高橋佑佳、阿部智佳羅、羽根正弥、呉迪、北島 健、佐藤ちひろ.環境要因としてのシアル酸投与と脳領域特異的ポリシアル酸発現の解析.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 大本敬之、呉迪、橋本寿史、日比正彦、羽根正弥、佐藤ちひろ、北島健.α2,6-シアル酸転移酵素欠損メダカの樹立と生化学的表現型の解析.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 郷 詩織、郷 慎司、橋本 有弘、佐藤 ちひろ、北島 健.筋分化過程における GM3 上のシアル酸とセラミド構造の変化の 分子機構の解明.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 中川貴博、岩木佑弥、呉迪、羽根正弥、佐藤ちひろ、北島健.Sphingobacterium属細菌由来新奇シアル酸ピルビン酸リアーゼ (SPL) の発見と性質の解析.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 村井良、羽根正弥、呉迪、北島健、佐藤ちひろ.各種脊椎動物由来ポリシアル酸転移酵素 ST8Sia2 が 生合成するポリシアル酸の解析.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 畑中理菜、荒木映莉乃、羽根正弥、呉迪、北島健、佐藤ちひろ.マウスメラノーマ細胞の性質に及ぼす オリゴシアル酸転移酵素 ST8Sia6 の効果.第84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2020年5月23日; 名古屋大学, 名古屋(誌上開催)
  • 傅 博、安増茂樹、佐藤 ちひろ、北島 健. 表層胞局在プロテアーゼalveolin欠損メダカを用いた卵膜硬化機構の解析.日本動物学会第91回大阪大会;2020年9月4-5日; オンライン開催
  • 羽根正弥、早川敏之、北島健、佐藤ちひろ. 統合失調症患者に見出されたST8SIA2のrSNPが個体に与える影響と関与する転写因子の同定. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催
  • Di Wu, Akiko Fujita, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. CMP-Sia synthetase and sialylation are essential for embryogenesis in medaka. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催
  • 中川貴博、呉迪、羽根正弥、佐藤ちひろ、北島健.メダカにおけるシアル酸単糖の合成酵素および分解酵素の性質と発現様式の解析. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催
  • 村井良、羽根正弥、呉迪、北島健、佐藤ちひろ.各種脊椎動物ポリシアル酸転移酵素ST8Sia2がもたらす種特異的なpolySia-NCAM構造の解析. 第93回日本生化学会大会; 2020年9月14-16日; Web開催
2019年
【国際学会】
講演
  • Chihiro Sato, Acute stress-induced change of polysialic acid expression mediated by sialidase in mouse brain. 25th International Symposium on Glycoconjugates; August 25-31, 2019; Milano, Italy(招待)
  • Chihiro Sato, Polysialic acid as a mental disorder-related glycan. 11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference; Nov 11-14, 2019; Busan, Korea(招待)
口頭発表
  • Airi Mori. Establishment of the evaluation method for the repulsive field displayed by polysialic acids. 11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference; Nov 11-14, 2019; Busan, Korea
ポスター発表
  • Di Wu, Akiko Fujita, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Both catalytic and non-catalytic domains of the CMP-Sia synthetase are essential for embryogenesis. 25th International Symposium on Glycoconjugates; August 25-31, 2019; Milano, Italy
  • A. Yoshimura, Y. Asahina, H. Tanaka, K. Kitajima, C. Sato. Ligand recognition mechanism of Siglec-7 as revealed by synthetic sialylpolymers. 25th International Symposium on Glycoconjugates; August 25-31, 2019; Milano, Italy
  • Airi Mori, Yang Yi, Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Analysis of polySia-NCAM derived from embryonic and adult brains by SDS-PAGE/Native-PAGE Map. 25th International Symposium on Glycoconjugates; August 25-31, 2019; Milano, Italy
  • Takayuki Omoto, Di Wu, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Biological significance of α2,6-sialyltransferases in early embryos of medaka fish. 25th International Symposium on Glycoconjugates; August 25-31, 2019; Milano, Italy
  • Airi Mori. Establishment of the evaluation method for the repulsive field displayed by polysialic acids. 11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference; Nov 11-14, 2019; Busan, Korea
    *ポスター賞受賞
  • Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Effects of intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of a polysialyltransferase, ST8SIA2 gene found in psychiatric disorder patients. 11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference; Nov 11-14, 2019; Busan, Korea
【国内学会】
口頭発表
  • 北島 健、石川 寛菜、濵口 香代、呉 迪、佐藤 ちひろ.昆虫と脊椎動物におけるシアル酸生合成の比較生化学的研究. 日本農芸化学会2019年度大会; 2019年3月23-26日; 東京農業大学,東京
  • 荒川広夢、呉迪、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健.哺乳類CMP-シアル酸合成酵素の細胞内動態および細胞外分泌の分子機構の解明. 日本農芸化学会2019年度大会; 2019年3月23-26日; 東京農業大学,東京
  • 羽根 正弥、早川 敏之、北島 健、佐藤 ちひろ. 統合失調症患者に見出されるST8SIA2のプロモーター領域 rSNPのインパクトの解析. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
    *優秀講演賞
  • 阿部 智佳羅、羽根 正弥、北島 健、佐藤 ちひろ. 嗅球及び前頭前野における急性ストレスによるポリシアル酸減少 メカニズムの解明.第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • Nursah Ertunc、Thanyaluck Phitak、藤田 洋、佐藤 ちひろ、北島 健. 脊椎動物における硫酸化シアル酸の存在、生合成および生物学的重要性の解明. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 傅 博、佐藤 ちひろ、北島 健. 表層胞局在プロテアーゼ Alveolin 欠損メダカの樹立とその性質.日本動物学会第90回大阪大会;2019年9月12-14日; 大阪市立大学, 大阪
  • 迪 呉、戸田さくら、Pierre-Andre Gilormini、ゲラルデル ヤン、佐藤ちひろ、北島健. 脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素のC-末端ドメイン依存的生成物阻害の解析. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 朝比奈佑希、吉村淳、北島健、佐藤ちひろ. Siglec-9の新規シアル酸結合部位が関わるリガンド結合性解析. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
    *若手優秀発表賞
  • 傳 博(Fu Bo)、佐藤ちひろ、北島健. 軟受精膜(Soft Chorion)メダカの性質と毒性試験応用の可能性.第5回ゼブラフィッシュ・メダカ創薬研究会(ZMDD2019); 2019年11月2日; 千葉大学薬学部120周年記念講堂, 千葉
ポスター発表
  • 阿部 智佳羅、楊溢、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ. 環境要因としての急性ストレスが及ぼすマウス脳内ポリシアル酸への影響とその 変動メカニスズムの解明. 第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2019年5月25日; 名古屋大学, 名古屋
  • 岩木 佑弥、竹川薫、佐藤ちひろ、北島健. 基質特異性の広い万能シアリダーゼの発見と性質解析. 第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2019年5月25日; 名古屋大学, 名古屋
  • 畑中 理菜、荒木映莉乃、北島健、佐藤ちひろ. オリゴシアル酸転移酵素 (ST8SIA6) の癌形質発現における役割の解明. 第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2019年5月25日; 名古屋大学, 名古屋
  • 戸田 さくら、Pierre-AndréGilormini、Yann Guerardel、北島健、佐藤ちひろ. CMP-シアル酸合成酵素(CSS)の C末端領域依存的活性制御機構の解明. 第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2019年5月25日; 名古屋大学, 名古屋
  • 荒木 映莉乃、津田 佳奈、北島 健、佐藤 ちひろ. ポリシアル酸転移酵素STXとPST の悪性形質への関与.第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 朝比奈 佑希、吉村 淳、北島 健、佐藤 ちひろ. 免疫細胞レクチンSiglec-9の新規シアル酸結合部位 site2 が関わるリガンド結合性解析. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 吉村 淳、朝比奈 佑希、田中 浩士、北島 健、佐藤 ちひろ. シアル酸含有合成ポリマーによるSiglec-7のリガンド認識機構の評価. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 森 愛理、楊 溢、羽根 正弥、北島 健、佐藤 ちひろ. SDS-PAGE/Native-PAGE Map 法を用いた脳発達におけるpolySia-NCAM の解析. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋  
  • 傅 博、佐藤 ちひろ、北島 健. メダカ初期発生における囲卵腔局在シアロ糖タンパク質hyosophorinの量的変動と重要性. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 畑中 理菜,荒木 映莉乃,北島 健、佐藤 ちひろ.  オリゴシアル酸転移酵素(ST8SIA6)のがん形質発現機構の解明. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 田中 香帆、石原 幸奈、北島 健、佐藤 ちひろ. ポリシアル酸の発現に関わる NCAM, STX および PST の発現制御 メカニズムの解析. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 是枝 達也、鈴木 英里子、大森 保成、Andrés D. Maturana、 佐藤 ちひろ、北島 健. ニワトリ精子膜マイクロドメインに存在するシアル酸含有糖タンパク質の 構造および機能.第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 郷 詩織、郷 慎司、橋本 有弘、佐藤 ちひろ、北島 健. 筋分化過程における GM3 のセラミド構造変化の分子機構と意義の解明. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 大本 敬之、呉 迪、橋本 寿史、日比 正彦、 佐藤 ちひろ、北島 健. メダカ初期発生におけるα2,6-シアル酸転移酵素の役割の解明. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 呉 迪、戸田 さくら、Pierre-André Gilormini、Yann Guerardel、佐藤 ちひろ、北島 健. 脊椎動物 CMP-シアル酸合成酵素の C-末端ドメイン依存的活性制御の発見. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
  • 岩木 佑弥、竹川 薫、佐藤 ちひろ、北島 健. 基質特異性の広い Sphingobacterium 属由来万能シアリダーゼの発見と性質解析. 第38回日本糖質学会年会; 2019年8月19-21日; 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン, 名古屋
    *「若手の力」フォーラム 糖鎖科学中部拠点奨励賞
  • 朝比奈佑希、吉村淳、北島健、佐藤ちひろ. Siglec-9の新規シアル酸結合部位が関わるリガンド結合性解析
    第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 阿部智佳羅、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ. 急性ストレスによる嗅球及び前頭前野におけるポリシアル酸減少メカニズムの解明. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 森愛理、楊溢、羽根正弥、北島健、 佐藤ちひろ. SDS-PAGE/Native-PAGE Map法を用いた脳発達におけるポリシアル酸化神経細胞接着分子の解析. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 大本敬之、呉迪、橋本寿史、日比正彦、佐藤ちひろ、北島健. メダカ初期発生におけるα2,6-シアル酸転移酵素の役割の解明. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 畑中理菜、荒木映莉乃、北島健、佐藤ちひろ. オリゴシアル酸転移酵素ST8SIA6の発現はメラノーマの悪性形質に関与する. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 迪呉、戸田さくら、Pierre-Andre Gilormini、ゲラルデル ヤン、佐藤ちひろ、北島健. 脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素のC-末端ドメイン依存的生成物阻害の解析. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
  • 武智美奈、大島健司、灘野大太、松田幹、佐藤ちひろ、北島健、北川裕之、宮田真路. 胎仔期マウス大脳皮質形成におけるヒアルロン酸の発現変動と細胞外基質としての機能. 第92回日本生化学会大会; 2019年9月18-20日; パシフィコ横浜, 神奈川
2018
  • Chihiro Sato. G x E views of polysialic acid expression. Sialoglyco 2018; May. 10-13, 2018; Banff, Canada (招待講演)
  • Chihiro Sato. Attractive and repulsive fields of polysialic acid synthesized by ST8SIA2 and ST8SIA4. In East Asian Joint Symposium on Glycoscience Session3. 24th IUBMB Congress & 15th FAOBMB Congress; June 4-8, 2018; COEX, Seoul, Korea (招待講演)
  • Ken Kitajima, Hirona Ishikawa, Kayo Hamaguchi, Chihiro Sato. Comparative studies of the insect and vertebrate sialate 9-phosphate synthase (SPS). Sialoglyco 2018; May. 10-13, 2018; Banff, Canada (選抜口演)
  • Di Wu*, Akiko Fujita**, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Uptake mechanism of free deaminoneuraminic acid (Kdn) in mammalian cells. Sialoglyco 2018; May. 10-13, 2018; Banff, Canada (口頭)
  • Yuya Iwaki*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Different fates of three medaka mutants in the CMP-Sia synthetase (CSS) gene, I230N, L303Q, and null mutants. Sialoglyco 2018; May. 10-13, 2018; Banff, Canada (ポスター)
2017
  • Chihiro Sato.Attractive field of polySia synthesized by polysialyltransfreases, ST8SIA2 and ST8SIA4. 1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System; Sep. 2nd–5th ,2017;Korea University, Seoul, Korea (招待講演)
  • Chihiro Sato.Attractive field of polySia synthesized by polysialyltransfreases, ST8SIA2 and ST8SIA4. 1st InternationMechanisms that SNPs of the ST8SIA2/STX gene lead to psychiatric disorders. 4th Latin American Congress of Glycobiology, Oct. 4-7, 2017; CDMX, Mexico (招待講演)
  • Erino Araki*, Kana Tsuda*, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Analysis of relationship between polysialyltransferases and malignant phenotype of the B16 mouse melanoma cell. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター)
  • Nursah Ertunc*, Thanyaluck Phitak*, Hiroshi Fujita*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Occurrence and biosynthesis of sulfated sialic acids in mammals. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター) (ポスター賞受賞)
  • Yuya Iwaki*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Mechanism of uptake of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター)
  • Atsushi Yoshimura*, Yu Yasuda**, Airi Mori*, Hiroshi Tanaka, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Unique properties of polyvalent disialic acid-linked dextran toward the sialic acid-binding lectin siglec-7. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター)
  • Airi Mori*, Masaya Hane**, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Different properties of polysialic acids synthesized by either or both of the polysialyltransferases ST8SIA2 and ST8SIA4. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター)
  • Chikara Abe*, Saki Nishimura**, Airi Mori*, Yuki Niimi**, Yi Yang*, Masaya Hane**, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Effects of chlorpromazine, an anti-schizophrenia reagent, on the expression of the polysialic acid in human neuroblastoma cells and mouse brains. 24th International Symposium on Glycoconjugates; Aug. 27-Sep, 1, 2017; ICC Jeju, Jeju Island, Korea (ポスター)
  • Yuya Iwaki*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Incorporation mechanism of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. 1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System; Sep. 2nd–5th ,2017; Korea University, Seoul, Korea (口頭発表)
  • Atsushi Yoshimura*, Mizuki Sumida**, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Discovery of exosomal glycosidases in microglia and macrophages cells. 1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System; Sep. 2nd–5th ,2017; Korea University, Seoul, Korea (口頭発表)
  • Airi Mori*, Masaya Hane**, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Establishment of the evaluation method for the repulsive field displayed by polysialic acids. 1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System; Sep. 2nd–5th ,2017; Korea University, Seoul, Korea (ポスター)
  • Chikara Abe*, Saki Nishimura**, Airi Mori*, Yuki Niimi**, Yi Yang*, Masaya Hane**, Ken Kitajima, Chihiro Sato. Chlorpromazine increases the expression of polySia in human neuroblastoma cells and mouse prefrontal cortex. 1st International Conference on the Glycobiology of Nervous System; Sep. 2nd–5th ,2017; Korea University, Seoul, Korea (ポスター)
2016
  • ○Sato C. (2016) Polysialic acid as an attractive molecule. Frontiers in Sialic Acid Research Conference – From Structural Diversity to Functional Glycobiology, April 23-25, Bad Lauterberg, Germany(招待講演)
  • ○Sato C. (2016) Effects of SNPs and genetic variations in the ST8SIA2 gene from the psychiatric disorder patients on the expression and functions of polysialic acid. 4th bilateral NWO-JSPS seminar will be held at the LUMC (Leiden,) April 19-22, Leiden, the Netherlands. (招待講演)
  • ○Abe C, Hane M, Miyata S, Kitajima K, and Sato C. Brain-region specific change of polysialic acid (polySia) on NCAM under acute stress conditions. 3rd International symposium on Glyco-neuroscience; January 14-16; Westin Hotel Awaji, Awaji, Hyogo, Japan (ポスター)
  • ○Sato C. (2016) Effects of the genetic alterations of ST8SIA2/STX reported from psychiatric diseases on the structure and functions of polysialic acid.. 3rd International symposium on Glyco-neuroscience; January 14-16; Westin Hotel Awaji, Awaji, Hyogo, Japan (招待講演)
2015
  • ○Sato C. (2015) Structural and functional changes of polysialic acid related with genetic alterations of ST8SIA2/STX in psychiatric diseases. 23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23); September 15-20; Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia (基調講演)
  • Wu D, Fujita A, Harduin-Lepers A, Delannoy P, Panin VM, Sato C, and ○Kitajima K. (2015) Comparative characterization of the insect CMP-sialic acid synthetases in the enzyme activity and intracellular localization. 4th Austria/Japan seminar on comparative and developmental glycobiology; September 14-15; Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia (口頭選抜)
  • ○Fu B, Wu D, Sato C, and Kitajima K. (2015) Catabolism of sialic acid residues during pre-hatching development. 23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23); September, Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia (ポスター)
  • ○Wu D, Fujita A, Yasukawa Y, Taniguchi Y, Kamei Y, Sato C, and Kitajima K. Analysis of a ligand-binding mechanism among sialic-acid binding sites in Siglec-7. 23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23); September 15-20; Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia (ポスター)
  • ○Hane M, Kitajima K, Sato C. (2015) Effects of psychiatric disorders-related intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of the polysialyltransferase ST8SIA2/STX gene. 23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23); September; Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia (ポスター)
  • ○Suzuki E, Kanazawa T, Miyata S, Kinoshita K, Sato C, and Kitajima K. (2015) Ubiquitous occurrence and function of a heavily glycosylated GPI-anchored peptides in lipid rafts of various animal sperm. 7th Asian Communications of Glycobiology and Glycotechnology (ACGG7); November, Hotel Taiheiso, Matsushima, Miyagi, Japan (ポスター)
2014
  • ○Sato C, Kitajima K. (2014) Polysialic acid as an attractive molecule. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (招待講演)
  • Tajima K, Maruyama E, Chang L, Tomoko A, Hashimoto H, Hibi M, Sato C, ○Kitajima K. (2014) Critical importance of the surface expression of a2,6-sialosides during early development of medaka, Oryzias latipes. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (選抜講演)
  • ○Wu D, Fujita A, Yasukawa Y, Taniguchi Y, Kamei Y, Sato C, and Kitajima K. (2014) Abnormality of the unique CMP-Sia synthetase-mutant medaka fishes established by the TILLING method. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (ポスター)
  • ○Goshima A, Yamakawa N, Yasuda Y, Tanaka H, Crocker P, Kitajima K, Sato C. (2014) Analysis of a ligand-binding mechanism among sialic-acid binding sites in Siglec-7. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (ポスター)
  • ○Nishimura S, Niimi Y, Hane M, Kitajima K, Sato C. (2014) Chlorpromazine affects the surface expression of polySia-NCAM on IMR-32 cells. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (ポスター)
  • ○Hane M, Nishimura S, Hayakawa T, Kitajima K, Sato C. (2014) Effects of Single Nucleotide Polymorphism (SNP)s in a polysialyltransferase ST8SIA2/STX found in psychiatric disorder patients. Sialoglyco 2014; September 7-10; Crowne Plaza Surfers Paradise, Gold Coast, Australia (ポスター)
  • ○Nishimura S, Hane M, Niimi Y, Kitajima K, Sato C. (2014) An anti-schizophrenic drug affects the surface expression of polySia-NCAM in IMR-32 human neuroblastoma cells. 2014 SFG & JSCR Joint Meeting; November 16-19; Hilton Hawaian Vilage and Resort, Honolulu Hawaii (ポスター)
  • ○Hane M, Nishimura S, Hayakawa T, Kitajima K, Sato C. (2014) Insight into single nucleotide polymorphisms (SNPs) of the polysialyltransferase ST8SIA2/STX in psychiatric disorders. 2014 SFG & JSCR Joint Meeting; November 16-19; Hilton Hawaian Vilage and Resort, Honolulu Hawaii (ポスター)
  • ○Kitajima K, Wu D, Tajima K, Maruyama E, Yasukawa Y, Chang L, Taniguchi Y, Kamei Y, Adachi T, Hashimoto H, Hibi M, Fujita A, Sato C. (2014) Critical importance of the surface expression of a2,6-sialosides during early development of medaka fish. 2014 SFG & JSCR Joint Meeting; November 16-19; Hilton Hawaian Vilage and Resort, Honolulu Hawaii (ポスター)
2013
  • ○Kitajima K, Kanazawa T, Garénaux E, Kasekarn W, Hori K, Maturana AD, Yasue H, Sato C. (2013) Novel regulation of the intracellular Ca2+ by microdomain-localized GPI-anchored glycans in animal sperm. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (招待講演)
    Ono S, Hane M, Kitajima K, ○Sato C. (2013) Direct interaction of FGF2 with polysialic acid regulates the cell growth, but not cell survival. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (招待講演)
  • ○Sato C. (2013) Polysialic acid as an on-site regulator of biologically active molecules. 3rd Austria-Japan Seminar on Comparative and Developmental Glycobiology; July 1-3, 2013; Riken, Wako, Japan (招待講演)
  • ○Phitak T, Fujita H, Sato C, Kitajima K. (2013) Ubiquitous occurrence and biosynthesis of sulfated sialic acids in mammals. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (ポスター)
  • ○Hane M, Kitajima K, Sato C. (2013) Analysis of polySia-NCAM biosynthesized by a mutated polysialyltransferase ST8SIA2/STX found in a schizophrenic patient. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (ポスター)
  • ○Wu D, Fujita A, Hamaguchi K, Harduin-Lepers A, Delannoy P, Panin VM, Sato C, Kitajima K. (2013) The insect CMP-sialic acid synthetases: New features in the enzyme activity and intracellular localization. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (ポスター)
  • ○Nagae M, Ikeda A, Hanashima S, Kitajima K, Sato C, Yamaguchi Y. (2013) Crystal structure of an anti-polysialic acid antibody single chain Fv fragment in complex with a2-8-linked oligo sialic acid. 22nd International Symposium on Glycoconjugates; June 23-28; convention center of Dalian Institute of Chemical Physics, Dalian, China (口頭)
  • ○Kanazawa T, Kasekarn W, Garénaux E, Yasue H, Sato C, and Kitajima K. (2013) GPI-anchored glycan-enriched peptides as a carbohydrate-mediated calcium regulator on sperm microdomains. Gordon Research Conference on Glycobiology; March 3-8, 2013; Ventura Beach Marriott, Ventura, CA, USA. (ポスター)
2012
  • ○Kitajima Ken, Sato C. (2012) A polysialyltransferase SNP in a schizophrenic patient brings about the production of polysialic acids showing impaired binding and signaling of BDNF and FGF2. 8th International Symposium on Glycosyltransferases; June 5-9, , Hannover, Germany(招待講演)
  • ○Sato C. (2012) Novel regulation of neurological active molecules by polysialic acids. SialoGlyco 2012; September 9-12; Academia Sinica, Taipei, Taiwan(招待講演)
  • ○Hane M, Sumida M, Kitajima K, Sato C. (2012) Structural and functional impairments of polysialic acid on the neural cell adhesion molecule (NCAM) synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient. SialoGlyco 2012; September 9-12; Academia Sinica, Taipei, Taiwan(口頭発表&ポスター)
  • Kanazawa T, Kasekarn W, Garénaux E, Yasue H, Sato C, and ○Kitajima K. (2012) Regulation of the intracellular Ca2+ by a highly glycosylated protein on sperm microdomains. ACGG 2012 Conference: 4th Asian Communications of Glycobiology and Glycotechnology; October 28-31; IOC JEJU, Jeju Island, Korea(招待講演)
  • ○Chang L, Hibi M, Sato C, and Kitajima K. (2012) Functional analysis of a2,8-sialylation on glycolipids during embryogenesis in zebrafish. SialoGlyco 2012; September 9-12; Academia Sinica, Taipei, Taiwan(ポスター)
  • ○Wu D, Fujita A, Hamaguchi K, Harduin-Lepers A, Delannoy P, Panin VM, Sato C, Kitajima K. (2012) Molecular cloning and characterization of the insect CMP-sialic acid synthetases. SialoGlyco 2012; September 9-12; Academia Sinica, Taipei, Taiwan(ポスター)
  • ○Hanashima S, Sato C, Tanaka H, Takanashi T, Kitajima K, Yamaguchi Y. (2012) NMR binding study of oligo/polysialic acid antibodies; Elucidations of the degree of polymerization-dependent recognition mechanisms. 26th International Carbohydrate Symposium; July 22-27; Melia Castilla Madrid, Madrid, Spain. (ポスター)
  • ○Kanazawa T, Kasekarn W, Garénaux E, Hori K, Yasue H, Sato C, and Kitajima K. (2012) Characterization of a heavily glycosylated protein in pig sperm membrane microdomains. International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plants: Joint Meetin of 2nd Allo-authentication Meeting and 5th Egg-Coat Meeting; November 12-16; Hotel Nagoya Garden Place, Nagoya, Japan. (ポスター)
  • ○Garénaux E, Kanazawa T Hori K, Yasue H, Sato C, and Kitajima K. (2012) Binding of the prostate-derived seminal plasma protein WGA16 to the sperm surface is modulated by glycans. International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plants: Joint Meetin of 2nd Allo-authentication Meeting and 5th Egg-Coat Meeting; November 12-16; Hotel Nagoya Garden Place, Nagoya, Japan. (ポスター)
  • ○Kitajima K and Sato C. (2012) Polysialic acid as a regulator or neural functions. GCOE International Symposium on Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior; January 11-12; Sakata & Hirata Hall, Nagoya University, Japan(招待講演)
  • Yamakawa N, Chang L, Vanbeselaer J, Sato C, Kitajima K, ○Guérardel Y. (2012) Glycomics profiling of Zebrafish; application to brain glycoconjugates. GCOE International Symposium on Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior; January 11-12; Sakata & Hirata Hall, Nagoya University, Japan (招待講演)
  • Fujita A, Wu D, Chang L, Yasukawa Y, Sato C, ○Kitajima K. (2012) Expression of sialic acids on glycoconjugates is important for embryogenesis of medaka. GCOE International Symposium on Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior; January 11-12, 2012; Sakata & Hirata Hall, Nagoya University, Japan (ポスター)
  • ○Chang L, Vanbeselare J, Khoo KH, Sato C, Kitajima K, Guerardel Y. (2012) In vivo tracking glycosylation in zebrafish cell line. GCOE International Symposium on Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior; January 11-12, 2012; Sakata & Hirata Hall, Nagoya University, Japan(ポスター)
2011
  • Kanazawa T, Kasekarn W, Hori K, Yasue H, Sato C, and ○Kitajima K. (2011) Discovery, characterization and physiological function of WGA-gp, a pig sperm membrane microdomain glycoprotein. International Conference: 3rd Biochemstry and Molecular Biology Conference, “From basic to translational Research for a better life”; April 6-8; The Embress Convention Centre, Chiang Mai, Thailand(選抜講演)
  • Fujita A, Sato C, Yasukawa Y, Sawada H, Kubokawa K, Guerardel Y, ○Kitajima K. (2011) Metabolism of sialic acid (Sia) in protochordates: Structural elements for the Sia recognition and intracellular localization of the CMP-Sia synthetases (CSSs). The 21st International Symposium on Glycoconjugates; August 21-26; The University of Vienna, Vienna, Austria. (選抜講演)
  • Ono S, Isomura R, Hane M, Sumida M, Kitajima K, ○Sato C. (2011) Polysialic acid chains display attractive fields toward neuroactive molecules. The 21st International Symposium on Glycoconjugates; August 21-26; The University of Vienna, Vienna, Austria. (選抜講演)
  • ○Kitajima K, Sato C. (2011) Novel regulation of neuroactive molecules and neurotransmitters by polysialic acid. Glycobiology Japan-Netherland Joint Seminar 2011; Oct 8 – 11; Nagoya University, Japan. (招待講演)
  • ○Kitajima K, Sato C. (2011). Neuroactive molecule-retaining functions of PolySia-NCAM and their impairment induced by mutations of ST8Sia II/STX found in schizophrenia patients. Gordon Research Conference on Glycobiology 2011, May 8-13; Il Ciocco Hotel and Resort, Barga, Italy. (ポスター)
  • ○Fujita A, Kobayashi T, Kitajima K, Sato C. (2011). Sialic acid metabolism in insect: Cloning and expression of insect sialate-pyruvate lyase with high KDO synthetic activity. Gordon Research Conference on Glycobiology 2011, May 8-13; Il Ciocco Hotel and Resort, Barga, Italy. (ポスター)
  • ○Garénaux E, Hori K, Sato C, Kitajima K. (2011) The highly glycosylated seminal plasma protein WGA16, a potential decapacitation factor, may specifically bind to sperm membrane microdomain through lectinic activity. The 21st International Symposium on Glycoconjugates; August 21-26; The University of Vienna, Vienna, Austria. (ポスター)
  • ○Kanazawa T, Garénaux E, Kasekarn W, Hori K, Tsuchiyama T, Yasue H, Sato C, Kitajima K. (2011) Isolation and characterization of a novel heavily glycosylated protein, WGA-gp, from pig sperm membrane microdomain. The 21st International Symposium on Glycoconjugates; August 21-26; The University of Vienna, Vienna, Austria. (ポスター)
  • ○Inoue S, Sato C, and Kitajima K. Extensive incorporation and recycling of environmental glycoprotein-conjugated sialic acids by tumor cells: proposed mechanism based on new findings obtained by chemical analysis. (2011) The 21st International Symposium on Glycoconjugates; August 21-26; The University of Vienna, Vienna, Austria. (ポスター)
  • ○Chang L, Vanbeselare J, Khoo K, Sato C, Kitajima K, Guérardel Y.(2011) In vivo tracking glycosylation in zebrafish cell line. The 5th Asia-Oceania Zebrafish Meeting; August 26-28; Beijing, China.(ポスター)
  • ○Chang L, Vanbeselare J, Khoo K, Sato C, Kitajima K, Guérardel Y (2011). In vivo tracking glycosylation in zebrafish cell line. The 71st Okazaki Conference on New perspectives on molecular science of glycoconjugates. October 12-14; Okazaki Conference Center, National Institute of Natural Sciences, Japan(ポスター)
  • ○Hanashima S, Sato C, Tanaka H, Takahashi T, Kitajima K, Yamaguchi Y. (2011) NMR binding analyses of a(2,8)oligosialic acids with their antibodies. The 71st Okazaki Conference on New perspectives on molecular science of glycoconjugates. October 12-14; Okazaki Conference Center, National Institute of Natural Sciences, Japan(ポスター)
  • ○Chang L, Vanbeselare J, Khoo K, Sato C, Kitajima K, Guérardel Y. (2011) In vivo tracking glycosylation in zebrafish cell line. The 31st Naito Conference. Glycan Expression on Regulation [II]: Metabolites, Stress Response, Microdomains and Beyond; September 13-16, 2011; Châteraisé Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Japan.(ポスター)
  • ○Garénaux E, Hori K, Sato C, Kitajima K. (2011) Specific interaction of the highly glycosylated pig seminal plasma protein WGA16 with sperm surface and its role during capacitation. The 31st Naito Conference. Glycan Expression on Regulation [II]: Metabolites, Stress Response, Microdomains and Beyond; September 13-16; Châteraisé Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Japan.(ポスター)
  • ○Kanazawa T, Kasekarn W, Hori K, Tsuchiyama T, Yasue H, Sato C, Kitajima K. (2011) Isolation and characterization of a novel heavily glycosylated protein, WGA-gp, from pig sperm membrane microdomain. The 31st Naito Conference. Glycan Expression on Regulation [II]: Metabolites, Stress Response, Microdomains and Beyond; September 13-16, 2011; Châteraisé Gateaux Kingdom Sapporo, Sapporo, Japan. (ポスター)
  • ○Yamakawa N, Vanbeselaere J, Sato, C, Guérardel Y, Kitajima K. (2011) Systematic glycan profiling for the analysis of vertebrate brain neuron system in the zebrafish. 22nd Joint Glycobiology Meteing; November 27-29, 2011; University of Lille 1, Lille, France. (ポスター)
2010
  • ○Kitajima K, Hori K, Kasekarn W, Garénaux E, Tsuchiyama T, Lian X, Yasue H, and Sato C: (2010) Discovery of a 16-30-kDa, highly glycosylated glycoprotein from pig seminal plasma (WGA16) that regulates sperm fertilizability. 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010); August 1-6, 2010, Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan(選抜講演)
  • ○Sato C: (2010) BDNF- and dopamine-retaining functions of polySia-NCAM and their impairment induced by mutations of ST8Sia II/STX found in Schizophrenia patients. Sialoglyco 2010, August, 21-26, 2010; Potsdam, Germany(招待講演)
  • ○Kitajima K, Hori K, Kasekarn W, Garénaux E, Tsuchiyama T, Yasue H, and Sato C: (2010) Functional Glycomics of Sperm Lipid Rafts: Discovery of a Family of Heavily Glycosylated Glycoproteins Involved in Sperm Motility. 11th International Symposium on Spermatology, June 24-29, 2010, Okinawa Convention Center, Japan(ポスター)
  • ○Kambara Y, Shiba L, Sato C, Kitajima K and Shingyoji C: (2010) Ca2+-dependent Regulation of Sea Urchin Sperm Swimming Before and After Mechanical Stimulation. 11th International Symposium on Spermatology, June 24-29, 2010, Okinawa Convention Center, Japan(ポスター)
  • ○Yamakawa N, Kosaki H, Crocker PR, Vergoten G, Sato C, and Kitajima K: (2010) New features of the structure and specificity of Siglec-7 binding to di- and oligosialic acids. 28th Naito Conference; July 27-30, 2010; Shonan Village, Hayama-machi Miura-gun, Kanagawa(ポスター)
  • ○Kitajima K, Inoko E, Tanaka H, Takahashi T, Furukawa K, Sato C: (2010) Possible involvement of ST8Sia III in the synthesis of triSia unit on glycoproteins in mouse developing brain. 7th International Symposium on Glycosyltransferases, July 30-August 1, 2010, Tokyo, Japan(ポスター)
  • ○Garénaux E, Hori K, Sato, and Kitajima K: (2010) N-Glycans profiling of WGA16, a highly glycosylated protein with potential role in pig sperm capacitation. 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010); August 1-6, 2010, Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan(ポスター)
  • ○Inoko E, Tanaka H, Takahashi T, Furukawa K, Kitajima K, and Sato C: (2010) Demonstration of the presence of triSia-containing glycoproteins in mouse developing brain by the triSia structure-specific monoclonal antibody A2B5. 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010); August 1-6, 2010, Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan(ポスター)
  • ○Fujita A, Yasukawa Y, Shimano K, Go S, Sato C, and Kitajima K: (2010) Is CMP-Sia synthetase (CSS) a sole determinant of the sialic acid species expressed on the cell surface? 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010); August 1-6, 2010, Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan(ポスター)
  • ○Yamakawa N, Kosaki H, Crocker PR, Vergoten G, Sato C, and Kitajima K: (2010) A new insight into di- and oligosialic acid binding mechanism of Siglec-7. 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010); August 1-6, 2010, Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan(ポスター)
  • ○Fujita A, Sato C, Yasukawa Y, and Kitajima K: (2010) Further characterization of the evolutionally conserved sialic acid recognition region of CMP-sialic acid synthetases. Sialoglyco 2010, August, 21-26, 2010; Potsdam, Germany(ポスター)
  • ○Kobayashi T, Fujita, A Go S, Sato C, and Kitajima K: (2010) Sialic acid species specificity of the sialate-pyruvate lyase from mammals and Escherichia coli. Sialoglyco 2010, August, 21-26, 2010; Potsdam, Germany(ポスター)
  • ○Sumida M, Miyagi T, Kitajima K, and Sato C: (2010) Modification of cell surface oligo/polysialoglycoconjugates by sialidases. Sialoglyco 2010, August, 21-26, 2010; Potsdam, Germany(ポスター)
2009
  • ○Kitajima K, Isomura R, and Sato C: (2009) Polysialic acid is not a negative regulator any longer in neurogenesis and neuronal functions: A new finding of its binding to a particular group of neurotransmitters. Gordon Research Conference on Glycobiology, January 18-23, 2009; Ventura, California USA (ポスター)
  • ○Yamakawa N, Harada Y, Sato C, Vergoten G, Kitajima K (2009): In vitro and in silico docking studies of heat shock protein (Hsp) 70 with sulfatide. Gordon Research Conference on Glycobiology, January 18-23, 2009; Ventura, California USA (ポスター)
  • ○Kitajima K, Kanato Y, Isomura R, Ono S, and Sato C:(2009) A new function of polysialic acid on NCAM as the reservoir for the particular groups of neurotrophins, growth factors, and neurotransmitters that regulate the neural activity. 20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico (招待講演)
  • ○Yamakawa N, Kosaki H, Crocker PR, Vergoten G, Sato C, and Kitajima K: (2009) In silico and in vitro binding studies predict a novel sialic acid binding site on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7). 20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico (ポスター)
  • ○Fujita A, Sato C, Yasukawa Y, Münster-Kühnel, AK, Gerardy-Schahn, R, Kitajima K: (2009) Molecular mechanism for differential recognition of the C-5 substituents of sialic acid by CMP-sialic acid synthetases: Identification of the evolutionally conserved sialic acid recognition region. 20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico (ポスター)
2008
  • ○K. Kitajima, S.Iwata, N. Kawakami, C. Sato, H. Ando, H. Ohno, H. Ishida, M. Kiso, O. Taguchi, R. Kannagi: (2008) Occurrence of the Cyclic Sialic Acid in Mammalian Cells and Tissues As Demonstrated by Chemical Methods. 24th International Carbohydrate Symposium, July 27-August 1, 2008; Oslo, Norway (ポスター)
  • ○Yamakawa N, Sato C, and Kitajima K :(2008) Novel insights into the novel binding sites of the sialic acid biding Ig-like lectin-7 (Siglec-7) gained by in silico docking studies. A one-day symposium on Sialyltransferases, Functional Glycomics, and Genomics of Zebrafish, November 18, 2008; Academia Sinica, Taipei, Taiwan (口頭選抜)
  • ○Inoue S, Sato C, and Kitajima K: (2008) New Findings on the Expression of Non-human Sialic Acid Neu5Gc, and KDN in Cultured Human Cells. SialoGlyco Conference 2008; On the river cruise ship Moscow-St. Petersburg; July 21-26, 2008 (ポスター)
  • ○Fujita A, Sato C, and Kitajima K: (2008) Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase. SialoGlyco Conference 2008; On the river cruise ship Moscow-St. Petersburg; July 21-26, 2008 (ポスター)
  • Kanato Y, Kitajima K, and ○Sato C: (2008) Brain-derived neurotrophic factor binds to polysialic acid directly depending on degree of polymerization. SialoGlyco Conference 2008; On the river cruise ship Moscow-St. Petersburg; July 21-26, 2008 (招待講演)
  • ○Yamakawa N, Sato C, Crocker PR, Vergoten G, and Kitajima K: (2008) In silico binding studies predict novel sialic acid binding sites on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7). SialoGlyco Conference 2008; On the river cruise ship Moscow-St. Petersburg; July 21-26, 2008 (ポスター)
  • ○Nakajima Y, Fujita A, Sato C, and Kitajima K:(2008) One-pot Enzymatic Synthesis of CMP-[14C]deaminoneuraminic Acid (KDN). SialoGlyco Conference 2008; On the river cruise ship Moscow-St. Petersburg; July 21-26, 2008
  • ○Sato C, Kanato Y, and Kitajim K:(2008) Complex formation between polysialic acid and brain derived neurotrophic factor (BDNF). 24th International Carbohydrate Symposium, July 27-August 1, 2008; Oslo, Norway (ポスター)
  • ○Yamakawa N, Harada Y, Sato C, Vergoten G, Kitajima K: (2008) In vitro and in silico docking studies of heat shock protein (Hsp) 70 with sulfatide. 24th International Carbohydrate Symposium, July 27-August 1, 2008; Oslo, Norway (ポスター)
  • ○Kitajima K, Go S, Sato C, Yin J, and Kannagi R: (2008) De novo synthesis of free deaminoneuraminic acid (Kdn) is regulated by network of metabolisms of sialic acids and mannose 6-phosphate in mammalian cells, XIXth International Symposium on Glycoconjugates, July 15-19, 2007; Cairns, Australia (招待講演)
2007
  • ○Kitajima K, Go S, Sato C, Yin J, and Kannagi R (2007) Intracellular sialic acids tell the health condition of mammalian cells, Invited Seminar at University of Zurich, School of Medicine; Zurich, Switzerland (招待講演)
  • Adachi, T., Sato, C., and ○Kitajima, K. (2007) Involvement of Lewis X-glycans and cadherin in membrane microdomain-mediated blastodermal cell adhesion during gastrulation of medaka fish, EMBO Workshop on Glycscience and Development, Lille, France (招待講演)
  • ○Sato, C., Yabe, U., Sawada, M., and Kitajima, K (2007). A short-term regulation of polysialic acid expression in microglia. Gordon Research Conference on Glycobiology; Ventura, U.S.A (招待講演)
  • ○Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K. (2007) Importance of cell surface glycoconjugates on the membrane microdomain in development of medaka embryos. Gordon Research Conference on Glycobiology; Ventura, U.S.A (ポスター)
  • ○Harada, Y., Sato, C., and Kitajima, K. (2007) Acidic glyco- and phospholipid-induced high molecular weight complex formation of mouse 70-kda heat shock protein. Gordon Research Conference on Glycobiology; Ventura, U.S.A (ポスター)
  • ○Sato, C., Yabe, U., Sawada, M., and Kitajima, K (2007) A rapid clearance of polysialic acid on microglia by inflammatory stimulation. Polysialic acid: Chemistry, Biology, Translational Aspects, 3rd International Meeting; Bad Lauterberg, Germany (招待講演)
  • ○Tsuchiyama T, Xue L, Sato C, and Kitajima K (2007) Purification of WGA epitope-bearing glycoproteins which are enriched in pig sperm rafts. 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama(ポスター)
  • ○Kagamitani K, Yabe U, Sato C, Urisu A, Matsuda T, and Kitajima K (2007) Purification and characterization of the polysia-containing CD36 from human milk and analysis of a chemical characteristic, 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama (ポスター)
  • ○Kanato Y, Kitajima K, and Sato C (2007) Polysialic acid binds to brain-derived neutrophic factor (BDNF) and promotes the neural cell proliferation. 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama (ポスター)
2006
  • ○Sato C, Yabe U, Sawada M, and Kitajima K: (2006) Clearance of polysialic acid after LPS activation on microglia cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Yasukawa Z, Sato C, Sano K, Ogawa H, and Kitajima K: (2006) Identification of disialic acid-containing glycoproteins in mouse serum. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Adachi T, Hara H, Sato C, and Kitajima K: (2006) Importance of cell surface glycoconjugates and membrane microdomains in development of medaka embryo. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Go S, Sato C and Kitajima K: (2006) Phosphomannose isomerase and Neu5Ac 9-phosphate synthase regulates the amount of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Harada Y, Sato C and Kitajima K: (2006) Demonstration of the N-glycan-binding activity of Hsp70 and its possible function in a protein quality control. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Fujita, A., Sato, C., Nakata, D., Münster-Kühnel, A. K., Gerardy-Schahn, R., and Kitajima, K.: (2006) A small region of vertebrate CMP-Sia synthetases determines not only the substrate recognition toward Neu5Ac or KDN, but also the intracellular localization. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • ○Fujita H, Sato C, and Kitajima K: (2006) Demonstration of the prevalent occurrence of sulfated sialic acid in mammalian cells and tissues. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, June 18 – 23, 2006; Kyoto, Japan (ポスター)
  • Miyata S, Sato C, Kumita H, Toriyama H, Vaquier VD, and ○Kitajima K: (2006) Flagellasialin, a novel polysialic acid glycoprotein in sea urchin sperm is involved in sperm motility. Sialoglycoscience 2006. 5th International conference, August 27-30, 2006; Mishima, Japan (招待講演)
  • ○Sato C, Yabe U, Sawada M, and Kitajima K: (2006) Polysialic acid on microglia cell and its clearance after LPS-induced activation Sialoglycoscience 2006. 5th International conference, August 27-30, 2006; Mishima, Japan (選抜講演)
  • ○Go S, Sato C, Kitajima K: (2006) Molecular mechanism for controls of metabolism of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. Sialoglycoscience 2006. 5th International conference, August 27-30, 2006; Mishima, Japan (ポスター)
  • ○Fujita, A., Sato, C., Nakata, D., M|nster-K|hnel, A. K., Gerardy-Schahn, R., Kitajima, K.: Identification of structural elements that determines the substrate recognition toward Neu5Ac and KDN in vertebrate CMP-Sia synthetases. Sialoglycoscience 2006. 5th International conference, August 27-30, 2006; Mishima, Japan (ポスター)
  • Sato C, Yabe U, Sawada M, and ○Kitajima K:(2006) Discovery of Polysialic Acid in Microglia. Expression Changes of a2,8-Sialyltransferases During Activation of a Mouse Microglia Cell Line. 5th International Symposium on Glycosyltransferases (GlycoT2006), June 25-28, 2006; Tsukuba, Japan (選抜講演)
2005
  • ○Sato, C., Yabe, U., Matsuda, T., Kitajima, K. (2005): Milk CD36, a new member of polysialylated glycoproteins from non-neural tissues. Hannah Reasearch Institute/Nagoya University workshop. Joint work on animal biotechnology 2005. 3. (Nagoya, Japan) (ポスター)
  • ○Kitajima K, Adachi T, and Sato C (2005): An essential role of carbohydrate-enriched membrane microdomains (rafts) in gastrulation of medaka fish, Oryzias latipes. Gordon Research Conference on Glycobiology. 2005.3. (Ventura, USA) (ポスター)
  • T Adachi, H Hara, C Sato, K ○Kitajima (2005): Significance of membrane microdomains in the carbohydrate-dependent cell-cell interactions during early development of medaka fish.. The 2nd Japan-The Netherlands Glycobiology Symposium. April 18-20, (Utrecht, The Netherlands) (招待講演)
  • ○Kitajima, K., Iwata, S., Sato, C., Ando, H., Kiso, M., Kannagi, R. (2005): Development of a chemical method for detecting a unique sialic acid, cyclic neuraminic acid, in naturally-occurring sialyl glycoconjugates. Pacifichem 2005, Dec (Hawaii, USA) (ポスター)
  • ○Miyata, S., Sato, C., Kumita, H., Toriyama, M., Kitajima, K. (2005) : Co-existence of the a2,9- and a2,8-linked polysialic acids on sea urchin sperm and their differential roles in fertilization. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005. 9 (Florence, Italy) (ポスター)
  • Yabe, U., Kitajima, K., Shimoda, Y., Watanabe, K., Sawada, M. and ○Sato, C. (2005) Discovery of polysialic acid residues in neural cell adhesion molecule and CD36 on microglia cells. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005. 9 (Florence, Italy) (ポスター)
  • ○Go, S. Sato, C., Kitajima, K. (2005): Biosynthesis and subcellular localiztion of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005. 9 (Florence, Italy) (口頭選抜)
  • ○Harada, Y., Sato, C., Kitajima, K. (2005): Demonstration of N-glycan-binding activity of HSP70 and its importance in the chaperoning activity. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005. 9 (Florence, Italy) (ポスター)
  • ○Fujita, A., Sato, C., Nakata, D., Münster-Kühnel, A. K., Gerardy-Schahn, R., Kitajima, K. (2005): Identification of the structural untis involved in differentiation of Neu5Ac and KDN in the vertebrate CMP-Sia synthtase. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005. 9(Florence, Italy) (ポスター)
  • ○Yamakawa, N., Miyata, S., Maehashi, E, Furuhata, K., Sato, C., Kitajima, K. (2005):Analysis of sulfated sialic acids in sea urchin sperm and egg. The 18th International Symposium on Glycoconjugates. 2005.9 (Florence, Italy)(ポスター)
  • Adachi, T., Hara, H., Sato, C. ○Kitajima, K.:(2005) Glycobiology of gastrulation in early development of medaka: Essential roles of cell surface glycoconjugates and membrane microdomains (rafts).International Symposium on the Standardization of Medaka Bioresource 2005.11 (Nagoya Japan)(口頭)
2004
  • ○Kitajima, K., Maehashi, E., Ohta, K., Harada, Y., Sato, C.: (2004) Identification and characterization of a new heat shock protein-like lectin on the egg surface of sea urchin. 21st International Lectin Meeting. 2004.5. (Shonan, Japan) (口頭)
  • ○Harada, Y., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) A heat shock protein-like, sialic acid-binding lectin on the egg surface is involved in the sperm-egg interaction during sea urchin fertilization. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Molecular Chaperones and the Heat Shock Response. 2004.5. (New York, USA) (ポスター)
  • ○Sato, C., Nohara, K., Matsuda, T., Kitajima, K.: (2004) Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids. 22nd International Carbohydrate Symposium. 2004.7. (Glasgow, UK) (ポスター)
  • ○Yamakawa, N., Miyata, S., Maehashi, E., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids. 22nd International Carbohydrate Symposium. 2004.7. (Glasgow, UK) (ポスター)
  • ○Sato, C., Nohara, K., Matsuda, T., Kitajima, K.: (2004) Identification of the disialic acid-containing glycoprotein in mouse T cells and its involvement in T cell activation. Sialobiology 2004. 4th International Conference. 2004.7. (St Andrews, UK) (口頭選抜)
  • ○Yasukawa, Z., Sato, C., Kitajima, K.:(2004) The 32 kDa glycoprotein containing the di- and oligomers of α2,8-linked Neu5Gc increased in mouse serum after induction of inflammation. Sialobiology 2004. 4th International Conference. 2004.7. (St Andrews, UK) (ポスター)
  • ○Fujita, A., Sato, C., Münster-Kühnel, Anja-K., Gerardy-Schahn, R., Kitajima, K.: (2004) Development of a simple and efficient method for assaying the CMP-sialic acid synthetase activity using an enzymatic NADH/NAD+ converting system. Sialobiology 2004. 4th International Conference. 2004.7. (St Andrews, UK) (ポスター)
  • ○Asahina, S., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Developmental Expression of an α2,6-sialyltransferase in Rainbow Trout Ovary during Oogenesis. 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC2004). 2004.11. (Ise, Japan) (ポスター)
  • ○Miyata, S., Sato, C., Toriyama, M., Kitajima, K.,: (2004) A novel polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum. 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC2004). 2004.11. (Ise, Japan) (ポスター)
  • ○Yamakawa, N., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) A novel specific interaction of a major ganglioside from Hemicentrotus pulcherrimus sperm with phospholipids. 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC2004). 2004.11. (Ise, Japan) (ポスター)
  • ○Okumura, H., Aoki, N., Sato, C., Kitajima, K., Nadano, D., Matsuda, T.: (2004) ZP glycoproteins of chicken egg-envelope involved in sperm acrosome reaction. 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC2004). 2004.11. (Ise, Japan) (ポスター)
  • ○Yabe, U., Sato, C., Matsuda, T., Kitajima, K.: (2004) Identification of a polysialic acid contains glycoprotein : Implication of new functions of polysialic acid. 17th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT). 2004.11. (Nagoya, Japan) (ポスター)
  • ○Yabe, U., Sato, C., Matsuda, T., Kitajima, K.: (2004) Identification of a polysialic acid contains glycoprotein : Implication of new functions of polysialic acid. 17th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT). 2004.11. (Nagoya, Japan) (ポスター)
  • ○Sato, C., Nohara, K., Matsuda, T., Kitajima, K.: (2004) Mouse T cell CD166 is a disialic acid-containing glycoprotein and involved in T cell activation. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
  • ○Asahina, S., Matsuno, M., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Polysialylation on O-linked glycan: Molecular cloning and developmental expression of two α2,8-polysialyltransferases rtSTX and rtPST of rainbow trout ovary. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
  • ○Go, S., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Effects of exogenously administered mannose and deaminoneuraminic acid (KDN) to mice or murine cultured cells on the metabolism of KDN. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
  • ○Harada, Y., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Mouse heat shock protein 70 recognizes negatively charged glycolipids and phospholipids. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
  • ○Miyata, S., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Occurrence and characterization of a novel sulfated α2,9-linked polysialic acid-containing glycoprotein in sea urchin sperm flagellum. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
  • ○Yamakawa, N., Miyata, S., Maehashi, E., Sato, C., Kitajima, K.: (2004) Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to localization and quantitation studies of sea urchin sperm and eggs. US/Japan Glyco 2004. 2004.11. (Honolulu, USA) (ポスター)
2003
  • U. Yabe, T. Matsuda, K. Kitajima, and ○C. Sato (2003)”Polysialic acid in human milk “Gordon Research Conference on GlycobiologyMarch, 2003, Four Points Sheraton; Marine Resorts, Ventura, CA, U.S.A. (ポスター)
  • ○Kitajima, K, Yabe U, Miyata S, Sato C. (2003) Discovery of two new polysialoglycoproteins in human and sea urchin. Linkage and length diversities of polysialic acid in animal glycoproteinsAnnual Conference of The Society for Glycobiology, Dec; San Diego, CA, USA (口頭)
2002
  • Sato C, Matsuda, T., and ○Kitajima, K.(2002) Neuronal differentiation- dependent expression and involvement in neurite formation of the disialic acid epitope on glycoproteins but not on glycolipids in Neuro2A cellsThe Third International Symposium on Glycosyltransferases: A Marcus Wallenberg SymposiumSeptember 19-22, Djurönäset, Stockholm, Sweden (口頭)
  • ○Kitajima, K., Maehashi, E., Ohta, K., Miyata, S., and Sato, C. “Sialic acid-mediated interactions at sea urchin”The Third Pan-Pacific Conference on Sialoglycoscience and Other Novel Forms of GlycosylationJuly 14-17, 2002, Grand Mercure Hotel; Broadbeach, Gold Coast (ポスター)
  • ○S. Asahina, M. Matsuno, C. Sato, and K. Kitajima, (2002) “Molecular cloning and developmental expression of rainbow trout a2,8-polysialyltransferase (rtPST) in rainbow trout ovary”The Third Pan-Pacific Conference on Sialoglycoscience and Other Novel Forms of GlycosylationJuly 14-17, 2002, Grand Mercure Hotel; Broadbeach, Gold Coast (ポスター)
  • ○U. Yabe, C. Sato, T. Matsuda, and K. Kitajima, (2002) “Identification of a new polysialic acid-containing glycoprotein in human”The Third Pan-Pacific Conference on Sialoglycoscience and Other Novel Forms of GlycosylationJuly 14-17, 2002, Grand Mercure Hotel; Broadbeach, Gold Coast (ポスター)
  • Z. Yasukawa, C. Sato, and ○K. Kitajima, (2002) “Inflammation-dependent changes of di- and oligosialic acid units in mouse serum glycoproteins”The Third Pan-Pacific Conference on Sialoglycoscience and Other Novel Forms of GlycosylationJuly 14-17, 2002, Grand Mercure Hotel; Broadbeach, Gold Coast.(口頭)
2001
  • ○C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima (2001) Di/oligosialic acid in glycoproteins: Differentiation-dependent expression in adipocyte tissue specific glycoprotein, adipo Q. Gordon Research Conference on Glycobiology; Ventura, USA, Mar. (ポスター)
  • ○C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima (2001) Identification of adipo Q, an adipocyte-specific glycoprotein, as a new oligosialic acid-containing glycoprotein and a possible substrate for the α2,8-sialyltransferase III (ST8SiaIII). International Symposium on Protein Traffic, Glycosylation, and Human Health; Interlaken, Switerland, May (口頭)
  • ○E. Maehashi, K. Ohta, C. Sato, S. Miyata, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, and K. Kitajima Roles of membrane microdomains in sperm-egg interaction. XVIth International Congress of Developmental Biology; Kyoto, Japan, June (ポスター)
  • ○K. Kitajima, J. Taniguchi, C. Sato, M. Kageyama, and T. Matsuda (2001) Biosynthesis of a major, carbohydrate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of Oryzias latipes. XVIth International Congress of Developmental Biology; Kyoto, Japan, June (口頭)
  • C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, and ○K. Kitajima. (2001) Identification of a new diSia-containing glycoprotein (adipo Q) in bovine murine sera. XVIth International Symposium on glycoconjugates, Hague, The Netherlands, Aug. (選抜口頭)
  • ○S. Asahina, C. Sato, T. Matsuda, and K. Kitajima Molecular cloning and developmental expression of two α2,8-polysialyltransferases in rainbow trout ovary. XVIth International Symposium on glycoconjugates, Hague, The Netherlands, Aug. (ポスター)
  • ○K. Ohta, E. Maehashi, C. Sato, S. Miyata, M. Toriyama, T. Matsuda, N. Hirohashi, and K. Kitajiama. (2001) Sialic acid-dependent raft-raft interactions at fertilization. XVIth International Symposium on glycoconjugates, Hague, The Netherlands, Aug. (ポスター)
  • ○S. Reynoso-Paz, D. H. Pham, L. Zheng, C. Sato, K. Kitajiama, and F. A. Troy II. (2001) Molecular mechanism of polysialylation:lack of evidence for autopolysialylation during embryonic chick brain. XVIth International Symposium on glycoconjugates, Hague, The Netherlands, Aug. (ポスター)
  • ○Kitajima, K., Maehashi, E., Ohta, K., Sato, C., Miyata, S., Matsuda, T., Toriyama, M., Vacquier, V. D., Hirohashi, N., and Lennarz, W. J. (2001). Roles of Membrane Microdomains (Rafts) in Sperm-Egg Interaction. Second Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology. Fukui International Activity Plaza, Fukui; November 28-29 (招待講演)
2000
  • C. Sato, Z. Yasukawa, N. Honda, T. Matsuda, and ○K. Kitajima. (2000) Identification and biosynthesis of a new oligoSia-containing glycoprotein (adipo Q) in bovine and murine sera. 2nd International Glycosyltransferase Symposium; Toronto, Canada May (口頭)
  • S. Asahina, M. Matsuno, M. Nakase, C. Sato, N. Aoki, T. Matsuda, and ○K. Kitajima. (2000) Cloning and characterization of N-acetylgalactosaminide α2,6-sialyltransferase (ST6GalNAcII) responsible for sialylation of rainbow trout egg polysialoglycoprotein.
    2nd International Glycosyltransferase Symposium; Toronto, Canada, May (招待講演)
  • ○Kitajima, and C. Sato Di- and oligosialic acids as novel carbohydrate epitopes in leukocytes. (2000) 7th Conference on human leukocyte differentiation antigens. Harrogate, U.K., June (招待講演)
  • ○K. Ohta, C. Sato, E. Maehashi, T. Matsuda, M. Toriyama, N. Hirohashi, W.J. Lennarz, and K. Kitajima (2000) Membrane microdomains are involved in carbohydrate-dependent sperm-egg interaction in sea urchin. 3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix; California, USA, Aug. (ポスター)
  • ○K. Kitajima, J. Taniguchi, C. Sato, M. Kageyama, N. Aoki, and T. Matsuda (2000) Expression and glycosylation of a major, carbohydrate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of medaka fish, Oryzias latipes. 3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix; California, USA, Aug. (口頭)
1999
  • ○C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima. (1999) Frequent occurrence and regulated expression of oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (ポスター)
  • ○K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, and K. Kitajima. (1999) Egg receptor for sperm binds to gangliosides in the low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) domain of the sperm surface. Possible involvement of the LD-DIM in sperm-egg binding coupled with signal transduction during fertilization. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (口頭)
  • ○K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, W. J. Lennarz, and K. Kitajima. (1999) Co-localization of receptors for egg components with transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (ポスター)
  • ○J. Taniguchi, C. Sato, M. Kageyama, M. Nakase, N. Aoki, T. Matsuda, and K. Kitajima (1999) cDNA Cloning and biosynthesis of hyosophorin, a glycoprotein having multiple large N-linked glycan chains, in medaka fish oocytes during oogenesis. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (ポスター)
  • ○H. Tanaka, Y. Nishida, T. Toba, H. Dohi, C. Sato, K. Kitajima, T. Matsuda and K. Kobayashi (1999) Antibody production using artificial glycoconjugate polymers as antigens. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (ポスター)
  • ○S. Asahina, M. Matsuno, M. Nakase, C. Sato, N. Aoki, T. Matsuda, and K. Kitajima (1999) Cloning and developmental expression of mRNAs for α2,6-sialyltransferase (ST6GalNAc II) and α2,8-polysialyltransferases (ST8Sia IV) homologues in rainbow trout ovary during oogenesis. XVth International Symposium on Glycoconjugates, Tokyo, Japan, Aug. (ポスター)
  • K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquier, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, and ○K. Kitajima. (1999) Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction. The International Symposium on Development and Fertilization of Sea Urchin and Marine Invertebrates, International Conference Hall at Waseda Univ.; Tokyo, Japan, Dec. (1999) (招待講演)
  • K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, V. D. Vacquir, N. Hirohashi, W. J. Lennarz, and ○K. Kitajima (1999) Glycosphingolipid enriched microdomain on gametic cells as functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction Gordon Research Conference on Fertilization and Activation of the Development; New Hampshire, USA, June (ポスター)
  • ○C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, and K. Kitajima (1999) Regulated expression of oligosialic acids residue in glycoprotein during development and cell differentiation. Gordon Research Conference on Glycobiology; Ventura, USA, Feb. (ポスター)
1998
  • ○M. Matsuno, M. Nakase, C. Sato, N. Aoki, T. Matsuda, M. Toriyama, W. J. Lennarz, and K. Kitajima. (1998) Identification of a homologue of human α2,8-polysialyltransferases in rainbow trout ovary. International Symposium on Sialobiology and Other Novel Forms of Glycosylation; Taipei, Taiwan、Nov. (ポスター)
  • ○K. Ohta, C. Sato, T. Matsuda, M. Toriyama, W. J. Lennarz, and K. Kitajima (1998) Isolation and characterization of a glycolipid-containing, low density detergent-insoluble microdomain (LD-DIM) from sea urchin sperm. International Symposium on Sialobiology and Other Novel Forms of Glycosylation; Taipei, Taiwan, Nov. (ポスター)
  • ○C. Sato, H. Fukuoka, R. Koshino, K. Kobayashi, K. Ohta, T. Matsuda, and K. Kitajima (1998) Anti-oligo/polysialic acid antibodies can be classified into three groups based on their antigenic specificity. International Symposium on Sialobiology and Other Novel Forms of Glycosylation; Taipei, Taiwan, Nov. (ポスター)
  • ○K. Kitajima, C. Sato, N. Honda, T. Matsuda, M. Hara-Yokoyama, B. Close, and K. J. Colley (1998) Expression of α2,8-linked oligosialic acid-containing glycoproteins in mammalian cells, depending on development, cell differentiation, and overexpression of polysialyltransferase genes. XIXth International Carbohydrate Symposium, University of California, San Diego, California, U.S.A., Aug. 9-14 (口頭)
  • ○C. Sato, S. Inoue, T. Matsuda, and K. Kitajima (1998) Detection and identification of oligo/polysialic acid units on glycoproteins by highly sensitive chemical methods. XIXth International Carbohydrate Symposium; University of California, San Diego, California, U.S.A., Aug. (ポスター)
1997
  • ○C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, and Y. Inoue. (1997) Chemical and immunochemical evidence of the occurrence of oligo/polyNeu5Gc-containing glycoproteins in mammals. XIVth International Symposium on Glycoconjugates; Zürich, Switzerland, Sep. (ポスター)
  • C. Sato, H. Fukuoka, N. Honda, T. Matsuda, R. Koshino, K. Kobayashi, S. Inoue, Y. Inoue, and ○K. Kitajima (1997) Frequent occurrence of oligosialyl units in vertebrate glycoproteins as evidenced by new chemical and immunochemical methods. XIVth International Symposium on Glycoconjugates; Zürich, Switzerland, Sep. (口頭)
1995
  • ○Y. Funakoshi, T. Taguchi, C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, H. R. Morris, A. Dell, and Y. Inoue (1995) α2→8-Linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with Lex and I antigenic glycotopes are present in the tetraantennary arms of a unique glycoprotein isolated from trout ovarian fluid. XIIIth International Symposium on Glycoconjugates; Seattle, U.S.A., Aug. (ポスター)
  • ○C. Sato, K. Kitajima, S. Inoue, T. Seki, Y. Arai, and Y. Inoue (1995) Characterization of antigenic specificity of different anti-(α2→8-linked polysialic acid) antibodies: Anti-polyNeu5Ac, anti-polyNeu5Gc, and anti-polyKDN antibodies. XIIIth International Symposium on Glycoconjugates; Seattle, U.S.A., Aug. (ポスター)
1994
  • ○K. Kitajima, S. Inoue, A. Seko, S. Yu, C. Sato, T. Taguchi, and Y. Inoue (1994) Unique structures and structural chains of the cortical alveolar-derived glycopolyproteins in fish eggs upon fertilization and during early development. 3rd International Marine Biotechnology Conference; TromsØ, Norway, Aug. (口頭)
  • ○J. B. Brisson, S. Inoue, C. Sato, K. Kitajima, Y. Inoue, and H. J. Jennings (1994) Conformational analysis of α2→8-linked KDN oligosaccharides by NMR and molecular modeling. XVIIth International Carbohydrate Symposium; Ottawa, Canada, July (ポスター)
1993
  • ○C. Sato, K. Kitajima, I. Tazawa, S. Inoue, F. A. Troy, and Y. Inoue (1993) Diversity in α-2, 8-linked polysialyl structures of animal polysialoglycoproteins (PSGPs). Intra- and Inter-genus variation in polysialic acid chains of salmonid PSGPs. XIIth International Symposium on Glycoconjugates; Krakow, Poland, Aug. (ポスター)
1992
  • ○K. Kitajima, C. Sato, Y. Shimoda, S. Kitazume, Y. Inoue, and S. Inoue. (1992) Polysialic acids in animals. 6th the Federation of Asian and Oceanian Biochemists Congress; Abstracts p.177; Shanghai, China, Nov. (口頭)
  • ○K. Kitajima, Y. Shimoda, C. Sato, I. Tazawa, Y. Inoue, M. Iwasaki, and S. Inoue. (1992) Diversity of polysialic acids structure in polysialoglycoproteins of Salmonidae fish eggs: Occurrence of α2→8-linked Poly(Neu5Ac), Poly(Neu5Gc), Poly(KDN), Poly(Neu5Ac,Neu5Gc), and their partially O-acetylated derivatives. International Symposium on Polysialic Acid, Rigi Kaltbad, Switzerland, Aug. (口頭)

【国内会議発表】−招待講演、特別講演、シンポジウム講演以外は査読あり

2018
  • 森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素 ST8SIA2 と ST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(口頭)
  • 阿部智佳羅、羽根正弥、楊溢、北島健、佐藤ちひろ.マウスにおける急性ストレスによる脳領域特異的polySia-NCAM変動の解析.第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 荒川広夢、Wu Di、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健.脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の細胞内動態の解析.第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 荒木映莉乃、津田佳奈、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素STXおよびPSTとマウスメラノーマの癌形質へ与える影響の関与.第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
    楊溢、森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.脊椎動物脳におけるポリシアル酸の量的質的変動の解析. 第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 北島健、石川寛菜、濵口香代、呉迪、佐藤ちひろ.昆虫と脊椎動物におけるシアル酸生合成の比較生化学的研究.第91回日本生化学会大会; 2018年9月24-26日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 吉村淳、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.ウニ生殖巣における新奇ポリシアル酸合成酵素の発見.日本農芸化学会中部支部第183回例会;2018年9月15日;名古屋大学,名古屋(ポスター)
  • Fu Bo、佐藤ちひろ、北島健.Establishment and characterization of medaka fish deficient in
    alveolin, an ovary-specific member of the astacin family of metalloendoproteases.日本動物学会第89回札幌大会;2018年9月13−15日;大会見送り, 札幌(ポスター)要旨公開発表
  • 是枝達也、鈴木英里子、大森保成、MATURANA, Andrés D、佐藤ちひろ、北島健.ニワトリ精子膜マイクロドメイン局在糖タンパク質SpGPの発見、性質および生理機能.日本動物学会第89回札幌大会;2018年9月13−15日;大会見送り, 札幌(ポスター)要旨公開発表
  • 大本敬之、田嶋克枝、丸山恵実、佐藤ちひろ、北島健.初期胚におけるα2,6-シアル酸転移酵素の生物学的意義の解明.日本動物学会第89回札幌大会;2018年9月13−15日;大会見送り, 札幌(ポスター)要旨公開発表
  • 吉村淳、萩原尚史、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.棘皮動物ウニ由来新規ポリシアル酸合成酵素の発見と性質解析.第15回若手の力フォーラム;2018年9月6日;静岡県立大学,静岡(口頭)*奨励賞受賞
  • 是枝達也、鈴木英里子、大森保成、MATURANA, Andrés D、佐藤ちひろ、北島健.ニワトリ精子膜マイクロドメインに見出された糖タンパク質SpGPの性質および細胞内カルシウムイオン制御解析.第15回若手の力フォーラム;2018年9月6日;静岡県立大学,静岡(ポスター)
  • Fu Bo、佐藤ちひろ、北島健.メダカ卵表層胞プロテアーゼalveolinが受精時のhyosophorin低分子化に及ぼす効果.第15回若手の力フォーラム;2018年9月6日;静岡県立大学,静岡(ポスター)
  • 阿部智佳羅、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.急性ストレスによるマウス脳内polySia-NCAM変動のメカニズムの解明.第15回若手の力フォーラム;2018年9月6日;静岡県立大学,静岡(ポスター)
  • 田中香帆、石原幸奈、北島健、佐藤ちひろ.疾患関連糖鎖ポリシアル酸の発現に関わるNCAM、ST8SIA2およびST8SIA4の発現制御メカニズムの解析.第15回若手の力フォーラム;2018年9月6日;静岡県立大学,静岡(ポスター)
  • 郷詩織、郷慎司、井ノ口仁一、佐藤ちひろ、北島 健. 筋分化過程におけるGM3のセラミド構造変化の分子機構と意義の解明. 第82回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2018年5月19日; 岐阜大学(ポスター)(奨励賞受賞)
  • 朝比奈佑希、吉村淳、北島健、佐藤ちひろ. 免疫細胞レクチンSiglec-9における新たなシアル酸結合部位の解析. 第82回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2018年5月19日; 岐阜大学(ポスター)
  • 北島健. シアル酸生合成の比較生化学:昆虫と脊椎動物. 比較グライコーム研究会; 2018年6月9日; 香川大学幸町キャンパス(口頭)
  • 郷詩織、郷慎司、橋本有弘、佐藤ちひろ、北島健. 筋分化過程におけるGM3のセラミド構造変化の分子機構と意義の解明. 日本筋学会第4回学術集会; 2018年8月11日; 川崎医科大学(ポスター)
  • 郷慎司、郷詩織、佐藤ちひろ、北島健、井ノ口仁一. 筋分化過程におけるガングリオシドの機能解明. 日本筋学会第4回学術集会; 2018年8月11日; 川崎医科大学(ポスター)
  • Di Wu, Akiko Fujita, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Different fates of three mutant medaka with t689a(I230N), t911a(L303Q), and null alleles of the CMP-Sia synthetase (CSS) gene. 第24回小型魚類研究会; 2018年8月25-26日; 名古屋大学野依祈念学術交流館, 名古屋(口頭)
  • Fu Bo, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Involvement of alveolin in the depolymerization of hyosophorin during cortical reaction as revealed using alveolin-knockout medaka. 第24回小型魚類研究会; 2018年8月25-26日; 名古屋大学野依祈念学術交流館, 名古屋(口頭)
  • Takayuki Omoto, Di Wu, Katsue Tajima, Emi Maruyama, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Biological significance of two α2,6-sialyltransferases in early embryos of medaka. 第24回小型魚類研究会; 2018年8月25-26日; 名古屋大学野依祈念学術交流館, 名古屋(口頭)
  • 佐藤ちひろ. 遺伝的要因と環境要因から見たポリシアル酸の発現と精神疾患の関わり.第37回日本糖質学会年会; 2018年8月28-30日; 仙台国際センター, 仙台(口頭)
  • Di Wu, Akiko Fujita, Hisashi Hashimoto, Masahiko Hibi, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Three medaka mutants in the CMP-Sia synthetase (CSS) gene showed different fates.第37回日本糖質学会年会; 2018年8月28-30日; 仙台国際センター, 仙台(口頭)(優秀講演賞ファイナリスト)
  • 森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素 ST8SIA2 と ST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.第37回日本糖質学会年会; 2018年8月28-30日; 仙台国際センター, 仙台(ポスター)
  • 阿部智佳羅、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.急性ストレスによるマウス脳内polySia-NCAM変動のメカニズムの解明. 第37回日本糖質学会年会; 2018年8月28-30日; 仙台国際センター, 仙台(ポスター)
  • 楊溢、森愛理、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.脊椎動物脳におけるポリシアル酸の量的質的変動の解析. 第37回日本糖質学会年会; 2018年8月28-30日; 仙台国際センター, 仙台(ポスター)
  • 石川寛菜*、佐藤ちひろ、北島健.動物由来シアル酸9-リン酸合成酵素(SPS)の性質の解析.日本農芸化学会2018年度名古屋大会; 2018年3月15−19日; 名城大学、愛知(口頭)
  • 津田佳奈*、高橋映莉乃*、北島健、佐藤ちひろ.α2,8-シアル酸転移酵素(ST8SIA)の生合成するエピトープと抗シアル酸抗体の特異性の解析.日本農芸化学会2018年度名古屋大会; 2018年3月15−19日; 名城大学、愛知(口頭)
  • Bo Fu*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Establishment and characterization of medaka fish deficient in alveolin, a cortical alveolus-specific astacin family protease. 日本農芸化学会2018年度名古屋大会; 2018年3月15−19日; 名城大学、愛知(口頭)
2017年
  • Bo Fu*, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Quantitative analysis of sialic acids in Medaka embryos during early development. 第81回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2017年5月20日; 名古屋市立大学薬学部キャンパス, 名古屋(ポスター)
  • 荒川広夢*、Wu Di、藤田明子**、佐藤ちひろ、北島健. 脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の細胞内動態の解析. 第81回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2017年5月20日; 名古屋市立大学薬学部キャンパス, 名古屋(ポスター)
  • 楊溢*、森愛理*、阿部智佳羅*、北島健、佐藤ちひろ. 脊椎動物脳におけるポリシアル酸の量的質的変動の解析. 第81回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2017年5月20日; 名古屋市立大学薬学部キャンパス, 名古屋(ポスター)
  • 吉村淳*、安田優**、森愛理*、田中浩士、北島健、佐藤ちひろ. ジシアル酸含有デキストランはSiglec-7 のリガンド結合を阻害する. 第81回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2017年5月20日; 名古屋市立大学薬学部キャンパス, 名古屋(ポスター)
  • 郷詩織*、郷慎司**、べイロン・ルーカス、井ノ口仁一、佐藤ちひろ、北島健.筋分化に伴うGM3 分子種変化の発見とその分子機構の解明.第36回日本糖質学会年会; 2017年7月19-21日; 旭川市民文化会館, 北海道(口頭)
  • 森愛理*、羽根正弥**、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2 とST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.第36回日本糖質学会年会; 2017年7月19-21日; 旭川市民文化会館, 北海道(口頭)
  • 吉村淳*、安田優*、森愛理*、田中浩士、北島健、佐藤ちひろ.多価ジシアル酸結合デキストランのシアル酸認識レクチンSiglec-7 に対する特異な結合性の解析.第36回日本糖質学会年会; 2017年7月19-21日; 旭川市民文化会館, 北海道(ポスター)
  • 荒木映莉乃*、津田佳奈*、北島健、佐藤ちひろ.マウスメラノーマ細胞におけるポリシアル酸転移酵素の癌形質への影響.第36回日本糖質学会年会; 2017年7月19-21日; 旭川市民文化会館, 北海道(ポスター)
  • 阿部智佳羅*、羽根正弥**、北島健、佐藤ちひろ.急性ストレスとシアル酸投与が及ぼすマウス脳内におけるpolySia-NCAM の発現変動.第36回日本糖質学会年会; 2017年7月19-21日; 旭川市民文化会館, 北海道(ポスター)
  • 北島健、呉迪、藤田明子**、安川裕子**、谷口善仁、亀井保博、佐藤ちひろ.シアル酸発現が抑制されるCMP-シアル酸合成酵素の2種類の点変異体メダカは異なる運命をもつ.日本動物学会第88回富山大会;2017年9月21−23日;富山県民会館, 富山(口頭)
  • 是枝達也*、鈴木英里子**、大森保成、佐藤ちひろ、北島健.ニワトリ精子の脂質ラフトに対する抗体が精子運動性に及ぼす効果の解析.日本動物学会第88回富山大会;2017年9月21−23日;富山県民会館, 富山(口頭)
  • マグー・シリラク、金沢尊**、大島健司、松田幹、佐藤ちひろ、北島健.マウス精管上の精子成熟過程におけるMFG-E8とCD52の取込み機構の解析.日本動物学会第88回富山大会;2017年9月21−23日;富山県民会館, 富山(ポスター)
  • 郷詩織*、郷慎司**、Lucas Veillon、井ノ口仁一、佐藤ちひろ、北島健.筋分化過程におけるGM3分子種変化の分子機構解析.第5回若手による骨格筋細胞研究会;2017年11月13−14日;神戸大学医学部神緑会館,兵庫(口頭)
  • 森愛理*、羽根正弥**、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2とST8SIA4が合成するポリシアル酸の構造と性質.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(口頭)*奨励賞受賞
  • 是枝達也*、鈴木英里子**、MATURANA, Andrés D、大森保成、佐藤ちひろ、北島健.ニワトリ精子ラフト局在糖鎖による細胞内カルシウム濃度調節機構の解析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(口頭)
  • 阿部智佳羅*、羽根正弥**、北島健、佐藤ちひろ.急性ストレスとシアル酸投与が及ぼすマウス脳内におけるpolySia-NCAMの発現変動.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 岩木佑弥*、佐藤ちひろ、北島健.哺乳類細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の取込機構の解析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 吉村淳*、安田優**、森愛理*、田中浩士、北島健、佐藤ちひろ.ジシアル酸結合デキストランのシアル酸認識レクチンSiglec-7に対する特異な結合性の解析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 荒川広夢*、Wu Di、藤田明子**、佐藤ちひろ、北島健.脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の細胞内動態の解析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 荒木映莉乃*、津田佳奈*、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素のマウスメラノーマにおける癌形質への関与.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 楊溢*、森愛理*、北島健、佐藤ちひろ.進化的観点からみた脊椎動物脳におけるポリシアル酸の量的質的変動の解析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • Bo Fu*、佐藤ちひろ、北島健.メダカ胚の初期発生におけるシアル酸の定量分析.第14回若手の力フォーラム;2017年11月11日;藤田保健衛生大学,愛知(ポスター)
  • 郷詩織*、郷慎司**、井ノ口仁一、佐藤ちひろ、北島健.筋分化過程におけるGM3上のシアル酸とセラミド構造の変化の分子機構の解明.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(口頭)
  • 羽根正弥**、Michael Vaill、内藤裕子、Sandra Diaz、Leela R.L. Davies、北島健、Ajit Varki、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2のヒト特異的変異の進化的影響ポリシアル酸構造と機能への影響.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(ポスター)
  • 岩木佑弥*、佐藤ちひろ、北島健.哺乳類細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の単糖およびオリゴマーの取込機構の解析.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(ポスター)
  • 荒川広夢*、Wu Di、藤田明子**、佐藤ちひろ、北島健.脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の細胞内動態の解析.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(ポスター)
  • 荒木映莉乃*、津田佳奈*、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素STXおよびPSTのマウスメラノーマにおける癌形質への関与.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(ポスター)
  • 北島健、呉迪、藤田明子**、谷口善仁、亀井保博、佐藤ちひろ.CMP-シアル酸合成酵素遺伝子のTILLING法によるメダカ変異体の取得とその解析.第90回日本生化学会大会;2017年12月6−9日;神戸ポートアイランド,神戸(ポスター)
2016年
  • 北島健、熊澤慎介、呉迪、濱口香代、藤田明子、郷慎司、水口智江可、池田素子、小林迪弘、佐藤ちひろ. 昆虫におけるシアル酸単糖の生合成と分解酵素の性質. 日本農芸化学会2016年度札幌大会; 2016年3月27-30日; 札幌コンベンションセンター、札幌(ポスター)
  • 森愛理、内村健治、北島健、佐藤ちひろ. 神経細胞接着分子のポリシアル酸修飾の新しい制御機構の存在. 第80回生化学会中部支部例会・シンポジウム; 2016年5月21日;三重大学講堂, 津(ポスター)
  • 北島健.巨大糖脂質:糖鎖に富むGPI-アンカーペプチドCD52の進化. 平成28年度比較グライコーム研究会;2016年6月11日;九州大学箱崎キャンパス 五十周年記念講堂講義室,福岡(口頭)
  • 郷 詩織、郷 慎司、べイロン ルーカス、井ノ口 仁一、佐藤 ちひろ、北島 健.筋分化過程におけるGM3 分子種変化の分子機構解析.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(口頭)
  • 羽根正弥、早川敏之、北島健、佐藤ちひろ.統合失調症患者に見出されたST8SIA2/STX のrSNPが及ぼす影響とそのメカニズムの解析.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(口頭)
  • Di Wu、Akiko Fujita、Yuko Yasukawa、Yoshihito Taniguchi、Yasuhiro Kamei、Chihiro Sato、Ken Kitajima.CMP-シアル酸合成酵素はメタカにおいて点変異依存的な表現型を示す.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(口頭)
  • 吉村 淳、萩原 尚文、土岐 沙也加、宮田 真路、清本 正人、佐藤 ちひろ、北島 健.棘皮動物ウニのオリゴ・ポリシアル酸転移酵素遺伝子の超多様性の発見と解析.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(ポスター)
  • 岩木 佑弥、郷 慎司、佐藤 ちひろ、北島 健.哺乳類細胞におけるデアミノノイラミン酸の取込み機構の解析.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(ポスター)
  • 森 愛理、新美 百希、松岡 修平、羽根 正弥、北島 健、佐藤 ちひろ.ポリシアル酸修飾された神経細胞接着分子が持つ反接着機能の新たな評価法の確立.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(ポスター)
  • 阿部智佳羅、西村紗希、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.抗精神疾患薬投与条件下におけるヒト神経細胞およびマウス脳のポリシアル酸構造の変動解析.第35回日本糖質学会年会; 2016年9月1-3日; 高知市文化プラザ, 高知(ポスター)
  • 北島健、鈴木英里子、是枝達也、木下圭司、大森保成、宮田真路、佐藤ちひろ.鳥類におけるCD52様タンパク質遺伝子の発見と雄性生殖巣における発現.第89回日本生化学会大会;2016年9月25−27日;仙台国際センター,仙台(口頭)
  • 羽根正弥、早川敏之、北島健、佐藤ちひろ.精神疾患患者に見出されたST8SIA2/STXのiSNPおよびrSNPの生化学的解析.第89回日本生化学会大会;2016年9月25−27日;仙台国際センター,仙台(口頭)
  • 郷詩織、郷慎司、Lucas Veillon、井ノ口仁一、佐藤ちひろ、北島健.筋分化過程におけるGM3分子種変化の分子機構の解析.第89回日本生化学会大会;2016年9月25−27日;仙台国際センター,仙台(口頭)
  • 津田佳奈、高橋映莉乃、羽根正弥、北島 健、佐藤ちひろ.抗α2,8-結合シアル酸認識抗体を用いたST8SIAによって生合成される細胞表面シアル酸エピトープの解析.第89回日本生化学会大会;2016年9月25−27日;仙台国際センター,仙台(ポスター)
  • 高橋映莉乃、熊谷忠弘、佐藤武史、古川清、北島健、佐藤ちひろ.β4-カラクトース転移酵素(β4GalT5)遺伝子の過剰発現によるNIH-3T3 細胞の癌性変化の解析.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(口頭)
  • 森愛理、新美百希、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸修飾された神経細胞接着分子か持つ反接着機能の新たな評価法の確立.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 吉村淳、萩原尚文、土岐沙也加、宮田真路、清本正人、佐藤ちひろ、北島健.棘皮動物ウニのオリコ・ポリシアル酸転移酵素遺伝子の超多様性の発見と解析.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 石原幸奈、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.哺乳類細胞におけるポリシアル酸転移酵素の性質の解析.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 津田佳奈、高橋映莉乃、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.α2,8シアル酸転移酵素(ST8SIA)が生合成するシアロ糖鎖構の免疫化学的解析.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 石川寛菜、北島健、佐藤ちひろ.メダカ由来シアル酸9-リン酸合成酵素(SPS)の性質の解析○
    第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 岩木佑弥、佐藤ちひろ、北島健.Uptake mechanism of deaminoneuraminic acid in mammalian cells.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 是枝達也、鈴木英里子、木下圭司、大森保成、宮田真路、佐藤ちひろ、北島健.ニワトリとウズラにおけるCD52様糖タンパク質遺伝子の存在証明.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • 阿部智佳羅、西村紗希、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.抗精神疾患薬投与条件下におけるヒト神経細胞およびマウス脳のポリシアル酸構の変動解析.第13回若手の力フォーラム;2016年11月26日;岐阜大学応用生物科学部,岐阜(ポスター)
  • Wu Di. Evolutional features and biological significance of the sialic acid metabolism. 第6回生物機能開発利用研究センター合同セミナー; 2016年12月22日; 野依記念学術交流館、名古屋大学
  • 北島健、鈴木英里子、木下圭司、大森保成、宮田真路、佐藤ちひろ.ニワトリ雄性生殖巣におけるCD52様タンパク質の発見.日本農芸化学会2017年度京都大会; 2017年3月17−20日; 京都女子大学、京都(口頭)
  • 呉迪、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健.Diverse subcellular localization of the insect CMP-sialic acid synthetases.日本農芸化学会2017年度京都大会; 2017年3月17−20日; 京都女子大学、京都(口頭)
  • 石原幸奈、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.哺乳動物細胞におけるポリシアル酸転移酵素の活性発現制御機構の解析.日本農芸化学会2017年度京都大会; 2017年3月17−20日; 京都女子大学、京都(口頭)
2015年
  • Fu Bo, Di Wu, 北島健, 佐藤ちひろ.Developmental expression of sialic acid residues in pre-hatching embryos of medaka.第79回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2015年5月23日; 信州大学, 旭総合研究棟, 松本(ポスター)
  • 土岐沙也加, 宮田真路, 佐藤ちひろ,北島健.ウニ生殖巣における新奇ポリシアル酸含有糖タンパク質の発現と同定. 第79回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2015年5月23日; 信州大学, 旭総合研究棟, 松本(ポスター)
  • 北島健. 精子におけるヘパリン結合タンパク質の役割について. 平成27年度比較グライコーム研究会;2015年6月6日;九州大学箱崎キャンパスシステム生命科学府講義室(口頭)
  • 阿部智佳羅, 羽根正弥, 宮田真路,北島健, 佐藤ちひろ. マウスの急性ストレス条件下における脳内ポリシアル酸構造の領域特異的変動の解析. 第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(ポスター)
  • 石原幸奈, 羽根正弥, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健. 哺乳類細胞の内在性ポリシアル酸転移酵素の性質の解析.第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(ポスター)
  • 岩木佑弥, 宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健. 液体窒素を用いた急速凍結細胞回収法によるシアル酸代謝物定量の改良. 第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(ポスター)
  • 新美百希, 羽根正弥, 松岡修平, 宮田真路, 北島健, 佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素STX/ST8SIA2とPST/ST8SIA4のポリシアル酸生合成能の解析.第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(ポスター)
  • 宮田真路, 土岐沙也加, 佐藤ちひろ, 北島健. ウニ配偶子に存在するポリシアル酸の構造多様性と受精における機能. 第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(口頭)
  • 羽根正弥, 西村紗希、早川敏之、北島健、佐藤ちひろ.精神疾患患者に見出されるST8SIA2/STXの一塩基多型変異体の解析.第34回日本糖質学会年会; 2015年7月31-8月2日; 東京大学安田講堂, 東京(口頭)
  • 鈴木英里子、宮田真路、木下圭司、佐藤ちひろ、北島健. ニワトリ精子ラフトに局在するCD52様糖ペプチドの発見.日本動物学会第86回新潟大会; 2015年9月17-19日; 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター, 新潟(口頭)
  • Thanyaporn Senarai, Shinji Miyata, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Alpha-2 macroglobulin, middle spermatic duct-specific protein,is involved in sperm acrosome reaction of the blue swimming crab, Portunus pelagicus.日本動物学会第86回新潟大会; 2015年9月17-19日; 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター, 新潟(口頭)
  • 土岐沙也加、宮田真路、佐藤ちひろ、北島健. ウニ生殖巣における新奇ポリシアル酸含有糖タンパク質の発見と同定.日本動物学会第86回新潟大会; 2015年9月17-19日; 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター, 新潟(ポスター)
  • 阿部智佳羅、羽根正弥、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ. マウスの急性ストレス条件下における脳内ポリシアル酸構造の領域特異的変動の解析.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(ポスター)
  • 石原幸奈、羽根正弥、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.哺乳類細胞の内在性ポリシアル酸転移酵素の性質.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(ポスター)
  • 岩木佑弥、宮田真路、佐藤ちひろ、北島健. 液体窒素を用いた急速凍結細胞回収法によるシアル酸代謝物定量の改良.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(ポスター)
  • 土岐沙也加、宮田真路、佐藤ちひろ、北島健.ウニ生殖巣における新奇ポリシアル酸含有糖タンパク質の同定.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(ポスター)
  • 五島亜実、山川奈緒、田中浩士、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.免疫細胞におけるSiglec-7の新規リガンド結合部位が関わる免疫応答制御.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(口頭)
  • 新美百希、羽根正弥、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素STXとPSTが生み出すポリシアル酸構造とその神経作用因子結合性の解析.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(口頭)
  • 新井詩織、郷慎司、Lucas Veillon、佐藤ちひろ、北島健、井ノ口仁一. 分子種依存的に糖脂質が制御する筋分化過程の解明.第12回糖鎖科学中部拠点若手の力フォーラム; 2015年11月28日; 名城大学薬学部新1号館7階, 名古屋(ポスター)
  • 北島健、熊澤慎介、呉迪、濱口香代、藤田明子、郷慎司、水口智江可、池田素子、小林迪弘、佐藤ちひろ.昆虫におけるシアル酸のde novo合成の特徴.第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会年会合同大会; 2015年11月1〜3日; 神戸ポートアイランド, 神戸(ポスター)
  • 五島亜実、山川奈緒、安田優、田中浩士、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.免疫細胞におけるSiglec-7の新規リガンド結合部位による免疫応答制御.第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会年会合同大会; 2015年11月1〜3日; 神戸ポートアイランド, 神戸(ポスター)
  • 新美百希、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸転移酵素STX/ST8SIA2とPST/ST8SIA4は異なるポリシアル酸構造および神経作用因子結合性を生み出す.第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会年会合同大会; 2015年11月1〜3日; 神戸ポートアイランド, 神戸(ポスター)
  • 新井詩織、郷慎司、Lucas Veillon、佐藤ちひろ、北島健、井ノ口仁一. 分子種依存的に糖脂質が制御する筋分化過程の解明.第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会年会合同大会; 2015年11月1〜3日; 神戸ポートアイランド, 神戸(ポスター)
2014年
  • 五島亜実、安田優、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.Siglec-7に存在する複数のシアル酸結合部位のリガンド結合制御機構の解析.第78回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2014年5月24日; 名古屋大学, 野依記念学術交流館, 名古屋(ポスター)
  • 鈴木英里子、宮田真路、岩尾康宏、佐藤ちひろ、北島健.動物精子ラフトに局在する糖鎖に富むタンパク質の普遍的存在の証明.第78回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2014年5月24日; 名古屋大学, 野依記念学術交流館, 名古屋(ポスター)
  • 新美百希、羽根正弥、松岡修平、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ.神経活動を司るポリシアル酸転移酵素STXとPSTの機能解析.第78回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2014年5月24日; 名古屋大学, 野依記念学術交流館, 名古屋(ポスター)
  • 北島健. 糖鎖の常識と非常識. 平成26年度比較グライコーム研究会;2014年6月7日;名古屋市立大学薬学部;研究棟会議室(口頭)
  • 宮田真路、北川裕之.コンドロイチン硫酸による大脳皮質形成と神経可塑性の制御.第66回日本細胞生物学会(S1細胞外環境コミュニケーションを介した形態形成とその維持 -神経発生・細胞移動と極性決定へのアプローチ- ; 2014年6月11日; 奈良県新公会堂, 奈良(招待講演)
  • 呉 迪、田嶋克枝、川本英里、丸山恵美、安川裕子、Chang Lan-Yi、谷口善仁、亀井保博、足立朋子、橋本寿史、日比正彦、藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健.メダカ初期発生にはシアル酸が必須である.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋(口頭)
  • 呉 迪、藤田明子、安川裕子、谷口善仁、亀井保博、佐藤ちひろ、北島 健.シアル酸は初期発生に必須である:TILLING法によるCMP-シアル酸合成酵素変異体メダカの樹立.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋 (ポスター)
  • 松岡修平、羽根正弥、新美百希、北島 健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸はNCAM細胞外ドメインの切断を制御する機能を持つ.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋 (ポスター)
  • 五島亜実、山川奈緒、安田優、田中浩士、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ. Siglec-7 V-setドメインに存在する複数のシアル酸結合部位のリガンド結合制御の解析.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋 (ポスター)
  • 鈴木英里子、宮田真路、岩尾康宏、佐藤ちひろ、北島健. 動物精子ラフトにおける糖鎖に富むペプチドの普遍的存在の証明.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋 (ポスター)
  • 新美百希、羽根正弥、西村紗希、宮田真路、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素STX/ST8SIA2とPST/ST8SIA4のポリシアル酸生合成能の解析.第33回日本糖質学会年会; 2014年8月10-12日; 名古屋大学豊田講堂, 名古屋 (ポスター)
  • 鈴木英里子、宮田真路、金澤尊、佐藤ちひろ、北島健. マウス雄性生殖器官におけるCD52の局在解析.日本動物学会第85回仙台大会; 2014年9月11-13日; 東北大学川内北キャンパス, 仙台 (口頭)
  • 呉迪、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健.昆虫CMP-シアル酸合成酵素の新奇な性質の発見.第87回日本生化学会大会; 2014年10月15-18日; 国立京都国際会館, 京都(口頭)
  • 熊澤慎介、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健.シアル酸アルドラーゼSPLの基質特異性に関わるアミノ酸残基の同定.第87回日本生化学会大会; 2014年10月15-18日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 松岡修平、羽根正弥、西村紗希、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸はNCAMの細胞外ドメイン切断を制御する機能を持つ.第87回日本生化学会大会; 2014年10月15-18日; 国立京都国際会館, 京都(口頭)
  • 羽根正弥、西村紗希、早川敏之、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸転移酵素ST8SIA2/STXのアミノ酸変異を伴わない一塩基多型変異(SNP)によるポリシアル酸生合成の制御. 第87回日本生化学会大会; 2014年10月15-18日; 国立京都国際会館, 京都(ポスター)
  • 北島健. 精漿タンパク質WGA16の糖鎖とレクチン活性依存的な精子活性化制御機構. タンパク質の物性を制御する糖鎖3S05p(シンポジウムオーガナイザー: 高橋素子、西原祥子); 第87回日本生化学会大会シンポジウム; 2014年10月17日; 国立京都国際会館, 京都
  • 佐藤ちひろ. ポリシアル酸がつくる細胞外環境とその生物学的意義. 糖鎖がつくり出す微小環境のクローズアップ4S05p(シンポジウムオーガナイザー: 佐藤ちひろ、北爪しのぶ); 第87回日本生化学会大会シンポジウム; 2014年10月18日; 国立京都国際会館, 京都
  • 北島健, 呉迪, 田嶋克枝, 丸山恵実, 足立朋子, 橋本寿史, 日比正彦, 藤田明子, 佐藤ちひろ. a2,6-シアル酸残基のメダカ初期胚における重要性. 日本農芸化学会2015年度岡山大会; 2015年3月26-29日; 岡山大学津島キャンパス、岡山 (口頭発表)
  • Di Wu, Akiko Fujita, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Comparison of enzyme properties of three insect CMP-sialic acid synthetases. 日本農芸化学会2015年度岡山大会; 2015年3月26-29日; 岡山大学津島キャンパス、岡山 (口頭発表)
  • 藤戸尚子、早川敏之、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ、颯田葉子.シアル酸転移酵素STXのプロモーター多型の進化と環境適応.日本進化学会第16回大阪大会; 2014年8月21-24日; 高槻現代劇場; 大阪
  • 早川敏之、藤戸尚子、羽根正弥、北島健、佐藤ちひろ、颯田葉子. ヒト系統におけるシアル酸転移酵素ST8SiaIIの発現多型の進化.日本遺伝学会第86回大会; 2014年9月17-19日; 長浜バイオ大学; 長浜
2013年
  • 佐藤ちひろ、羽根正弥、西村紗希、松岡修平、金戸幸弘、磯村遼、小野明香、北島健. ポリシアル酸の新機能としての神経作用因子結合能に関する解析. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪(選抜講演)
  • 佐藤ちひろ. ポリシアル酸研究の新展開. 第三回コンビナトリアル科学研究推進体セミナー「糖鎖の構造と機能のシンポジウム」; 2014年3月11日; 東京工業大学、大岡山(招待講演)
  • 佐藤ちひろ. ポリシアル酸の新機能としての神経作用因子結合能に関する解析. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪(選抜講演)
  • 藤田明子, 熊澤慎介, 小林隆史, 門脇辰彦, 佐藤ちひろ, 北島健. セイヨウミツバチ由来シアル酸代謝酵素SPLの構造と性質. 第77回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2013年5月25日; 名古屋大学, 坂田平田ホール, 名古屋(ポスター)
  • 松岡修平, 羽根正弥, 西村紗希, 北島健, 佐藤ちひろ. ポリシアル酸はFGF-2の寿命を制御する働きを持つ. 第77回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2013年5月25日; 名古屋大学, 坂田平田ホール, 名古屋(ポスター)
  • 松田夕妃乃, 南彰, 田口理紗, 中島さや香, 佐藤ちひろ, 北島健, 金澤寛明, 鈴木隆. 免疫組織染色を利用したN-グリコリルノイラミン酸のラット脳内分布の解析. 第77回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2013年5月25日; 名古屋大学, 坂田平田ホール, 名古屋(ポスター)
  • 田口理紗, 南彰, 堀井雄樹, 石橋さやか, 佐藤ちひろ, 北島健, 池田潔, 鈴木隆. N-グリコリルノイラミン酸がシナプス伝達効率の長期増強に与える影響の解析. 第77回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2013年5月25日; 名古屋大学, 坂田平田ホール, 名古屋(ポスター)
  • Di Wu, Sato C, Kitajima K. Unique properties of the insect CMP-sialic acid synthetase. 平成25年度比較グライコーム研究会;2013年6月8日;名古屋市立大学薬学部;研究棟会議室(口頭)
  • 北島健. 糖鎖は雰囲気. 平成25年度比較グライコーム研究会;2013年6月8日;名古屋市立大学薬学部;研究棟会議室(口頭)
  • ガレノ・エステル, 金川真由美, 金澤尊, 堀和紀, 安江博, 池田明美, 山口芳樹, 佐藤ちひろ, 北島健. ブタ精漿タンパク質WGA16の精子表面への結合と解離はその糖鎖とレクチン活性が制御する. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (口頭)
  • 羽根正弥, 小野明香, 北島健, 佐藤ちひろ. FGF2依存的細胞増殖におけるポリシアル酸およびヘパラン硫酸の効果. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • Di Wu, Akiko Fujita, Kayo Hamaguchi, Anne Harduin-Lepers, Philippe Delannoy, Vladislav M. Panin, Chihiro Sato, Ken Kitajima. The study on gene structure and intracellular localization of the insect CMP-sialic acid synthetases. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • 田嶋克枝, 丸山恵美, Chang Lan-Yi, 足立朋子, 橋本寿史, 日比正彦, 佐藤ちひろ, 北島健. メダカ初期発生において2,6-結合シアル酸残基の発現は必須である. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • 藤田明子、熊澤慎介、小林隆史、門脇辰彦、佐藤ちひろ、北島健. 昆虫由来シアル酸アルドラーゼSPLの存在と性質. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • 松岡修平, 羽根正弥, 西村紗希,北島健, 佐藤ちひろ. ポリシアル酸はFGF-2の構造依存的に結合し、その寿命を制御する働きを持つ. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • 作田香子, 曽布川尚美, 佐藤ちひろ, 北島健, 佐野琴音, 小川温子. 糖タンパク質の等電点を指標とした、肝再生過程における翻訳後修飾の変動解析. 日本糖質学会第32回日本糖質学会年会; 2013年8月5-7日; 大阪国際交流センター、大阪. (ポスター)
  • 羽根正弥, 小野明香, 北島健, 佐藤ちひろ. FGF2依存的細胞増殖に対するポリシアル酸とヘパラン硫酸の効果. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (口頭)
  • Di Wu, Fujita A, Hamaguchi K, Harduin-Lepers A, Delannoy P, Panin VM, Sato C, Kitajima K. Comparative study of enzyme properties of the insect CMP-sialic acid synthetases. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (口頭)
  • 川本英里, 佐藤ちひろ, 北島健. 細胞内シアル酸種の微量分別定量法. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (ポスター)
  • 西村紗希, 北島健, 佐藤ちひろ. 神経芽細胞腫細胞におけるポリシアル酸発現に対する統合失調症薬の効果. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (ポスター)
  • 田嶋克枝, 丸山恵美, Chang Lan-Yi, 足立朋子, 橋本寿史, 日比正彦, 佐藤ちひろ, 北島健. メダカ初期胚表面シアル酸残基は発生過程に必要である. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (ポスター)
  • 熊澤慎介, 藤田明子, 小林隆史, 門脇辰彦, 佐藤ちひろ, 北島健. 昆虫由来シアル酸アルドラーゼSPLの性質. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (ポスター)
  • 松岡修平, 羽根正弥, 西村紗希, 北島健, 佐藤ちひろ. ポリシアル酸はFGF-2の構造依存的に結合し、その寿命を制御する. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第11回;2013年9月9日;名古屋市立大学薬学部,名古屋. (ポスター)
  • 安田優, 田中浩士, 高橋孝志, Paul Crocker, 北島健, 佐藤ちひろ. ガングリオシド糖鎖ライブラリーを用いたSiglec-7のGD3結合制御メカニズムの解析. 第86回日本生化学会大会; 2013年9月11-13日; パシフィコ横浜, 横浜.(ポスター)
  • 羽根正弥, 小野明香, 北島健, 佐藤ちひろ. FGF2依存的細胞増殖に対するポリシアル酸とヘパラン硫酸の異なる効果. 第86回日本生化学会大会; 2013年9月11-13日; パシフィコ横浜, 横浜.(口頭)
  • Di Wu, Fujita A, Hamaguchi K, Harduin-Lepers A, Delannoy P, Panin VM, Sato C, Kitajima K.The first comparative study of enzyme properties of the insect CMP-sialic acid synthetases. 第86回日本生化学会大会; 2013年9月11-13日; パシフィコ横浜, 横浜.(口頭)
  • 川本英里, 佐藤ちひろ, 北島健. 細胞内シアル酸種の微量分別定量法の確立. 第86回日本生化学会大会; 2013年9月11-13日; パシフィコ横浜, 横浜.(ポスター)
  • 西村紗希, 北島健, 佐藤ちひろ. 神経芽細胞腫IMR32細胞におけるポリシアル酸発現に対する統合失調症薬の効果. 第86回日本生化学会大会; 2013年9月11-13日; パシフィコ横浜, 横浜.(ポスター)
  • Estelle Garénaux, 金川真由美, 金澤尊, 堀和紀, 安江博, 池田明美, 山口芳樹, 佐藤ちひろ, 北島健. 精漿由来タンパク質WGA16の精子表面への結合機構. 日本動物学会第84回岡山大会; 2013年9月26-28日;岡山大学津島キャンパス・岡山(口頭発表)
  • 田嶋克枝, 丸山恵美, Chang Lan-Yi, 足立朋子, 橋本寿史, 日比正彦, 佐藤ちひろ, 北島健メダカ初期胚表面2,6-結合シアル酸残基は発生過程に必要である. 日本動物学会第84回岡山大会; 2013年9月26-28日;岡山大学津島キャンパス・岡山(口頭発表)
  • ガレノ・エステル, 金川真由美, 土山智之, 堀和紀, 金澤尊, 千葉満, 安江博, 池田明美, 山口芳樹, 佐藤ちひろ, 北島健. ブタ精漿由来新規レクチンWGA16の精子表面への結合機構の解明. 日本農芸化学会2014年度東京大会; 2014年3月27-30日; 明治大学生田キャンパス、神奈川 (口頭発表)
  • 羽根正弥、長江雅倫、池田明美、山口芳樹、北島健、佐藤ちひろ. 癌や精神疾患に関わるポリシアル酸構造に特異的な一本鎖抗体の作製と特異性評価. 日本農芸化学会2014年度東京大会; 2014年3月27-30日; 明治大学生田キャンパス、神奈川 (口頭発表)
  • Di Wu, Akiko Fujita, Yuko Yasukawa, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Characterization of medaka fish CMP-Sia synthetase (CSS) mutants detected in the TILLING library. 日本農芸化学会2014年度東京大会; 2014年3月27-30日; 明治大学生田キャンパス、神奈川 (口頭発表)
2012年
  • 佐藤ちひろ、金戸幸広**、磯村遼**、小野明日香**、羽根正弥*、西村沙希*、松岡修平*、北島健 記憶や行動に関わるpolySia-NCAMの新機能. 2012年度 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ; 平成24年7月24〜27日;仙台国際センター・仙台(講演)
  • 羽根正弥*、小野明香**、北島健、佐藤ちひろ.ポリシアル酸とヘパラン硫酸はFGF2依存的細胞増殖に対して異なる効果をもつ.第76回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2012年5月26日; 自然科学研究機構・岡崎コンファレンスセンター・岡崎(ポスター)
  • Wu Di*, Fujita Akiko**, Yasukawa Yuko**, Sato Chihiro, Kitajima Ken. Characterization of CMP-sialic acid synthetases from vertebrates and invertebrates. 第76回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2012年5月26日; 自然科学研究機構・岡崎コンファレンスセンター・岡崎(ポスター)
  • 北島健. 無脊椎動物におけるシアル酸. 平成24年度比較グライコーム研究会;2012年6月23日;名古屋市立大学薬学部;研究棟会議室(口頭発表)
  • 羽根正弥*、住田瑞季**、北島健、佐藤ちひろ. 統合失調症患者由来ST8SiaII/STXが生合成するpolySia-NCAMの糖鎖生物学的解析. 2012年度 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ; 平成24年7月24〜27日;仙台国際センター・仙台(ポスター発表)「学生特別枠」若手優秀発表賞 受賞 https://www.hokatsu-nou.nips.ac.jp/?page_id=2184
  • 羽根正弥*, 住田瑞季**, 北島健, 佐藤ちひろ. 統合失調症患者に見いだされたST8SiaII/STX遺伝子変異とpolySia-NCAMの構造と機能. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第10回;2012年9月6日;静岡県立大学薬学部,静岡. (口頭発表)
  • 呉迪*, 藤田明子**, 濵口香代**, Anne Harduin-Lepers, Philippe Delannoy, Vladislav M. Panin, 佐藤ちひろ, 北島健. Molecular cloning and characterization of the insect CMP-sialic acid synthetases. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第10回;2012年9月6日;静岡県立大学薬学部,静岡. (口頭発表)
  • 萩原尚文*、鳥山優、佐藤ちひろ、北島健. ウニ配偶子におけるポリシアル酸構造と生合成酵素の多様性の解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第10回;2012年9月6日;静岡県立大学薬学部,静岡. (口頭発表)
  • 安田優*, 小崎仁美**、山川奈緒**、田中浩士, 高橋孝志, Paul Crocker, 北島健, 佐藤ちひろ. ガングリオシド糖鎖ライブラリーを用いたSiglec-7の基質結合性の解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第10回;2012年9月6日;静岡県立大学薬学部,静岡. (口頭発表)
  • 金澤尊*、Estelle Garénaux、Waraporn Kasekarn、堀和紀**、安江博、佐藤ちひろ、北島健. ブタ精子ラフト局在糖タンパク質WGA-gpの構造とCaイオン調節機能. 日本動物学会第83回大阪大会; 2012年9月13-15日;大阪大学豊中キャンパス・大阪(口頭発表)
  • 丸山恵美**, 田嶋克枝*, Chang Lan-Yi, 足立朋子**, 橋本寿史, 日比正彦, 佐藤ちひろ, 北島健. 細胞表面a2,6-結合シアル酸残基はメダカ初期発生の進行に必要である. 日本動物学会第83回大阪大会; 2012年9月13-15日;大阪大学豊中キャンパス・大阪(口頭発表)
  • 中野泉、蒲原祐花、金澤尊*、佐藤ちひろ、北島健、真行寺千佳子. ウニ精子の機械刺激時のCa2+依存性鞭毛運動制御に対する脂質ラフト形成阻害剤等の効果. 日本動物学会第83回大阪大会; 2012年9月13-15日;大阪大学豊中キャンパス・大阪(口頭発表)
  • 金澤尊*、Estelle Garénaux、Waraporn Kasekarn**、堀和紀**、安江博、佐藤ちひろ、北島健. 動物精子のマイクロドメインに存在する高度糖鎖修飾糖タンパク質の構造と機能. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(口頭発表)
  • 羽根正弥*、住田瑞季**、北島健、佐藤ちひろ. 統合失調症患者に見いだされたST8SiaII/STX遺伝子変異SNP-7が生合成するpolySia-NCAMの特徴. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(口頭発表)
  • Estelle Garénaux, Takeru Kanazawa*, Kazuki Hori**, Hiroshi Yasue, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Glycan-modulated binding of the prostate-derived seminal plasma protein WGA16 to the sperm surface第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(口頭発表)
  • 安田優*、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、Paul Crocker, 北島健、佐藤ちひろ. ガングリオシド糖鎖ライブラリーを用いたSiglec-7のGD3結合阻害様式の解析. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(ポスター発表)
  • Phitak Thanyaluck, Chihiro Sato, Kenji Uchimura, Ken Kitajima. Serum content of sialic acid and its alterations with age and Alzheimer pathogenesis. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(ポスター発表)
  • Di Wu*, Akiko Fujita**, Kayo Hamaguchi**, Anne Harduin-Lepers, Philippe Delannoy, Vladislav M. Panin, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Enzymatic properties of the insect CMP-sialic acid synthetases. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(ポスター発表)
  • 花島慎弥、佐藤ちひろ、田中浩士、高橋孝志、北島健、山口芳樹. NMRを用いたオリゴシアル酸と抗体の相互作用解析. 第31回日本糖質学会年会; 平成24年9月17〜20日;鹿児島市民文化ホール・鹿児島(ポスター発表)
  • Estelle Garenaux, Takeru Kanazawa, Kazuki Hori, Hiroshi Yasue, Chia-Wei Lin, Kay-Hooi Khoo, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Sperm surface binding of the prostate-derived seminal plasma protein WGA16 is modulated by glycosaminoglycans. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(口頭発表・ポスター)
  • Phitak Thanyaluck, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Molecular characterization of a novel sulfotransferase from gonad of sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 羽根正弥、住田瑞季、北島健、佐藤ちひろ. 統合失調症患者由来ST8SiaII/STXによって生合成するpolySia構造の質と量の解析. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(口頭発表・ポスター)
  • 呉 迪, 藤田明子, 濵口香代, Anne Harduin-Lepers, Philippe Delannoy, Vladislav M. Panin, 佐藤ちひろ, 北島 健. Enzyme activity and intracellular localization of the insect CMP-sialic acid synthetases. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 萩原尚文, 鳥山優, 佐藤ちひろ, 北島健. ウニ配偶子におけるポリシアル酸構造と生合成酵素の多様性. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 安田優, 田中浩士, 高橋孝志, Paul Crocker, 北島健, 佐藤ちひろ. ガングリオシド糖鎖ライブラリーを用いて解明されたSiglec-7の新たなリガンド結合性. 第85回日本生化学大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 川本英里, 佐藤ちひろ, 北島健. シアル酸種の細胞特異的選択におけるCMP-シアル酸トランスポーターの役割. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 西村紗希、北島健、佐藤ちひろ ブタ胎児脳および成体脳におけるポリシアリル化NCAM構造の質と量の解析. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 藪政彦, 是金宏昭, 佐藤ちひろ, 北島健, 宮本泰豪. ヒト癌組織でのシアル酸付加された複合型のN型遊離糖鎖の蓄積:KDN付加された遊離糖鎖の前立腺癌での特異的な蓄積. 第85回日本生化学会大会; 平成24年12月14〜16日;福岡国際会議場・マリンメッセ, 福岡(ポスター)
  • 羽根 正弥、北島 健、佐藤 ちひろ. 統合失調症患者に見出されたST8SiaII/STXが生合成するポリシアル酸の構造解析.  日本農芸化学会2013年度仙台大会; 2013年3月24-28日; 東北大学川内北キャンパス、仙台. (口頭発表)
2011年
  • 萩原尚文、中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健.ウニ初期胚マイクロドメインに局在する糖鎖エピトープの構造と機能.第75回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2011年5月28日; 静岡県立大学・静岡(ポスター)
  • 羽根正弥、小野明香、住田瑞季、北島健、佐藤ちひろ.脳に局在する酸性多糖ポリシアル酸とFGF2の相互作用解析.第75回日本生化学中部支部例会・シンポジウム; 2011年5月28日; 静岡県立大学・静岡(ポスター)
  • Estelle Garenaux, Takeru Kanazawa, Kazuki Hori, Hiroshi Yasue, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Discovery, identification, and structure of the potential decapacitation factor WGA16. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(口頭発表)
  • 金沢尊、Waraporn Kasekarn、堀和紀、土山智之、佐藤ちひろ、安江博、北島健. ブタ精子膜マイクロドメインに局在する糖タンパク質WGA-gpの生理機能. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 小林隆史、佐藤ちひろ、北島健. シアル酸ピルビン酸リアーゼによる細胞内シアル酸量の制御. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 住田瑞季、矢部宇一郎、宮城妙子、Sadagopan Magesh、木曽真、北島健、佐藤ちひろ. 哺乳類シアリダーゼの細胞外活性の同定とその分泌機構の解析. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 丸山恵実、佐藤ちひろ、足立朋子、橋本寿史、日比正彦、北島健. メダカ卵表層胞糖タンパク質hyosophorinの糖鎖の発生における機能解析. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 萩原尚文、中村奈央子、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健. ウニ初期胚マイクロドメインに局在するユニークな糖鎖構造とその機能. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 羽根正弥、小野明香、住田瑞季、北島健、佐藤ちひろ. 表面プラズモン共鳴法を用いた神経作用因子とポリシアリル化NCAMとの相互作用解析. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 小崎仁美、安田優、山川奈緒、田中浩士、高橋孝志、Paul Crocker, 北島健、佐藤ちひろ. 分子モデリングによって推測されたSiglec-7の新規シアル酸認識領域の存在証明. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 藤田明子、呉迪、安川裕子、佐藤ちひろ、北島健. 魚類CMP-シアル酸合成酵素の性質比較. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • Lan-Yi Chang, Nakamura Tadashi, Tomoko Adachi, Chia-Wei Lin, Kay-Hooi Khoo, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Structural and functional study of Lewis x-glycoproteins in membrane microdomains of medaka embryos during early development. 第30回日本糖質学会年会; 平成23年7月11~13日;長岡リリックホール・ハイブ長岡・新潟(ポスター)
  • 金澤尊、Waraporn Kasekarn、堀和紀、土山智之、安江博、佐藤ちひろ、北島健. ブタ精子ラフト糖タンパク質WGA-gpの精子活性化における役割. 日本動物学会第82回旭川大会; 2011年9月21~23日;旭川市大雪クリスタルホール・旭川. (ポスター)
  • 丸山恵実、足立朋子、橋本寿史、日比正彦、佐藤ちひろ、北島健. メダカ初期発生におけるシアロ糖鎖の重要性の検証. 日本動物学会第82回旭川大会; 2011年9月21~23日;旭川市大雪クリスタルホール・旭川. (ポスター)
  • 萩原尚文、中村奈央子、Estelle Garénaux、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健. ウニ初期胚マイクロドメインに局在する糖鎖抗原の構造と機能. 日本動物学会第82回旭川大会; 2011年9月21~23日;旭川市大雪クリスタルホール・旭川. (ポスター)
  • 中野泉、蒲原祐花、佐藤ちひろ、北島健、真行寺千佳子. ウニ精子の機械受容反応に関与するカルシウム依存性膜タンパク質の活性制御. 日本動物学会第82回旭川大会; 2011年9月21~23日;旭川市大雪クリスタルホール・旭川. (ポスター)
  • Estelle Garenaux, Takeru Kanazawa, Kazuki Hori, Hiroshi Yasue, Chihiro Sato, Ken Kitajima. The potential decapacitation factor WGA16: from discovery to structure-to-function characterization第84回日本生化学会大会; 平成23年9月21-24日; 京都. (選抜講演)
  • 小林隆史、佐藤ちひろ、北島健. シアル酸ピルビン酸リアーゼによる新規シアル酸合成経路の可能性. 第84回日本生化学会大会; 平成23年9月21-24日; 国立京都国際会館、京都. (選抜講演)
  • Lan-Yi Chang, Tadashi Nakamura, Tomoko Adachi, Chia-Wei Lin, Kay-Hooi Khoo, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Structural and functional study of Lewis x-glycoproteins in membrane microdomains of medaka embryos during early development. 第84回日本生化学会大会; 平成23年9月21-24日; 国立京都国際会館、京都. (ポスター)
  • 住田瑞季、矢部宇一郎、宮城妙子、Sadagopan Magesh、木曽真、北島健、佐藤ちひろ. エキソソームに局在する細胞外分泌シアリダーゼの同定および細胞刺激による分泌機構の解析. 第84回日本生化学会大会; 平成23年9月21-24日; 京都. (ポスター)
  • 羽根正弥、小野明香、住田瑞季、北島健、佐藤ちひろ. ポリシアル酸およびポリシアリル化NCAMと神経作用因子との分子間相互作用の解析. 第84回日本生化学会大会; 平成23年9月21-24日; 京都. (ポスター)
  • 金澤尊、Estelle Garénaux、Waraporn Kasekarn、堀和紀、安江博、佐藤ちひろ、北島健. ブタ精子膜マイクロドメインに局在する糖タンパク質WGA-gpの生理機能. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第9回;2011年10月22日;河合塾岐阜校71教室,岐阜. (口頭発表)
  • 住田瑞季、矢部宇一郎、宮城妙子、Sadagopan Magesh、木曽真、北島健、佐藤ちひろ. エキソソーム局在シアリダーゼの発見およびその分泌機構の解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第9回;2011年10月22日;河合塾岐阜校71教室,岐阜.(口頭発表)
  • 小林隆史、佐藤ちひろ、北島健. 哺乳類de novoシアル酸合成におけるシアル酸ピルビン酸リアーゼの関与. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第9回;2011年10月22日;河合塾岐阜校71教室,岐阜.(ポスター)
  • 丸山恵実、佐藤ちひろ、足立朋子、井上慎子、橋本寿史、日比正彦、北島健. メダカ胚シアロ糖鎖の受精・初期発生における役割の解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第9回;2011年10月22日;河合塾岐阜校71教室,岐阜.(ポスター)
  • 花島慎弥、佐藤ちひろ、田中浩士、高橋孝志、北島健、山口芳樹. NMRを用いたa(2,8)オリゴシアル酸と抗体との相互作用解析. GlycoTokyo 2011シンポジウム; 2011年12月9日; 鈴木梅太郎記念ホール; 理化学研究所, 埼玉. (ポスター)
  • 北島健、藤田明子、小林隆史、呉迪、Garenaux Estelle、濵口香代、郷慎司、佐藤ちひろ. 昆虫細胞におけるシアル酸代謝の特徴について. 日本農芸化学会2012年度京都大会; 2012年3月22-26日; 京都女子大学、京都. (口頭発表)
  • 金沢尊、Estelle Garénaux、Waraporn Kasekarn、堀和紀、安江博、佐藤ちひろ、北島健. ブタ精子におけるマイクロドメイン局在性糖タンパク質WGA-gpの生理機能. 日本農芸化学会2012年度京都大会; 2012年3月22-26日; 京都女子大学、京都. (口頭発表)
  • 羽根正弥、磯村遼、北島健、佐藤ちひろ. 統合失調症患者に見出された一塩基多型(SNP-7)由来のポリシアル酸転移酵素が産生するポリシアル酸構造と神経作用因子との相互作用解析. 日本農芸化学会2012年度京都大会; 2012年3月22-26日; 京都女子大学、京都. (口頭発表)
2010年
  • 金沢尊、Waraporn Kasekarn、堀和紀、安江博、佐藤ちひろ、北島健. ブタ精子鞭毛糖タンパク質WGA-gpの細胞内カルシウム調節への関与. Possible involvement of WGA-gp, a pig sperm flagellar glycoprotein, in regulating the intracellular calcium ion. 第81回日本動物学会2010年9月23~26日;東京大学教養学部(駒場キャンパス)・東京
  • 丸山恵実、足立朋子、橋本寿史、日比正彦、佐藤ちひろ、北島健. メダカ卵表層胞局在糖タンパク質の発生における機能解析. Implication of an egg cortical alveolar glycoprotein (hyosophorin) in early development of medaka. 第81回日本動物学会2010年9月23~26日;東京大学教養学部(駒場キャンパス)・東京
  • Akiko Fujita, Yuko Yasukawa, Chihiro Sato, Ken Kitajima. Investigation of evolutionarily conserved CMP-sialic acid synthetases for Sia species from prochordate. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • Hitomi Kosaki, Nao Yamakawa, Paul R. Crocker, Gérard Vergoten, Chihiro Sato, Ken Kitajima. A molecular mechanism for the specific recognition of di- and oligosialic acids by Siglec-7. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • E.Garénaux, K. Hori, C. Sato, K. Kitajima. N-Glycans Profiling of WGA16, a Highly Glycosylated Protein with Potential Role in Pig Sperm Capacitation. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • 小野明香、北島健、佐藤ちひろ 神経細胞接着分子(NCAM)を修飾するポリシアル酸鎖とFGF-2複合体の生化学的解析. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • 安川裕子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健 魚類CMP-シアル酸合成酵素のシアル酸分子種認識および細胞内局在の解析. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • 小林隆史、佐藤ちひろ、北島健. 哺乳類シアル酸アルドラーゼのシアル酸合成および分解活性の解析. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
  • 住田瑞季、矢部宇一郎、宮城妙子、北島健、佐藤ちひろ. 細胞外シアリダーゼによる細胞表面オリゴ・ポリシアル酸構造の修飾機構の解明. BMB2010 第83回日本生化学会大会、平成22年12月7日~10日;神戸ポートアイランド・神戸
2009
  • 山川奈緒、小崎仁美、Paul R. Crocker、Gérard Vergoten、佐藤ちひろ、北島健:分子ドッキングおよび生化学的結合解析によるシグレック-7の糖鎖認識の構造学的知見.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 北島 健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸と統合失調症.第7回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム-糖鎖研究と他領域との統合「グライコケミカルバイオロジーとグライコテクノロジーへの展開」;2009年12月7-8日;千里ライフサイエンスセンター;大阪
  • Chihiro Sato: A new function of polysialic acid: a unique posttranslational modification of NCAM functions as the reservoir for the particular groups of neurotrophins, growth factors, and neurotransmitters that regulate the neural activity. 第32回日本分子生物学会ワークショップ3W12「小胞体・ゴルジ体における翻訳後修飾が可能にする新たな生体機能」;12月11日;パシフィコ横浜;横浜
  • 北島 健、小崎仁美、山川奈緒、佐藤ちひろ: シグレック-7のオリゴシアル酸結合能および新規シアル酸結合ドメインの存在証明.CREST糖鎖最終シンポジウム(公開);2010年1月20日;東京品川コクヨホール;品川
  • 小崎仁美、山川奈緒、北島健、佐藤ちひろ:オリゴシアル酸とSiglec-7との相互作用解析. 第73回日本生化学会中部支部例会; 2009年5月27日; 名古屋市立大学(名古屋)
  • 山川奈緒、原田陽一郎、Gérard Vergoten、佐藤ちひろ、北島 健: 分子モデリング法による熱ショックタンパク質(Hsp70)の酸性糖脂質結合性の解析.名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム; 2009年8月4日;名古屋大学野依記念学術交流館, 名古屋
  • 小野明香、金戸幸弘、北島 健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸と線維芽細胞増殖因子との相互作用解析.FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2009年8月28-29日; 名古屋
  • 安川裕子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健:CMP-シアル酸合成酵素の進化とシアル酸認識機構の相関.FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2009年8月28-29日; 名古屋
  • 磯村遼、北島健、佐藤ちひろ:統合失調症に関わるポリシアル酸転移酵素変異体の活性解析.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、安川裕子、北島健:CMP-シアル酸合成酵素の基質認識および細胞内局在決定領域の生物種間比較.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • Yoichiro Harada, Estelle Garénaux, Chihiro Sato, and Ken Kitajima:Glycosaminoglycan-dependent complex formation of 70-kDa heat shock protein(Hsp70はグリコサミノグリカン鎖と高分子量複合体を形成する).第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • Waraporn Kasekarn、堀和紀、土山智之、佐藤ちひろ、北島健:ブタ精子マイクロドメインに局在し多分散性を示す糖タンパク質の同定.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ:マウス脳発達段階特異的に発現するA2B5エピトープ含有糖タンパク質の糖鎖解析.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、加藤英明、鳥山優、北島健:ウニの受精・発生過程における2E8糖鎖エピトープの発現と機能解析.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 小野明香、金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ:NCAMを修飾するポリシアル酸鎖とFGF-2の相互作用解析.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 中村忠史、貴志泰典、足立朋子、佐藤ちひろ、北島健:メダカ初期胚生体膜マイクロドメインに局在する巨大糖タンパク質の発現解析と精製.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 小崎仁美、山川奈緒、北島健、佐藤ちひろ:Siglec-7のオリゴシアル酸結合能の解析と新規シアル酸結合ドメインの存在検証.第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 安川裕子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健: 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造とシアル酸分子種認識. 第29回日本糖質学会年会;2009年9月9-11日;飛騨・世界生活文化センター;高山・岐阜
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、加藤英明、鳥山優、北島健:ウニの受精および初期発生における2E8糖鎖抗原の発現変化.日本動物学会第80回大会; 2009年9月17-20日; 静岡グランシップ、静岡
  • 堀和紀、Waraporn Kasekarn、土山智之、佐藤ちひろ, 安江博、北島健:ブタ精子細胞膜マイクロドメイン局在糖タンパク質の同定と受精能獲得における変化.日本動物学会第80回大会; 2009年9月17-20日; 静岡グランシップ、静岡
  • 中村忠史、貴志泰典、足立朋子、佐藤ちひろ、北島健:メダカ初期胚生体膜マイクロドメイン局在メガ糖タンパク質の発現解析と精製.日本動物学会第80回大会; 2009年9月17-20日; 静岡グランシップ、静岡
  • 堀和紀、Waraporn Kasekarn, 土山智之、佐藤ちひろ、北島健:ブタ精子膜マイクロドメインに局在する糖タンパク質の役割解明.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第7回;2009年9月30日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 中村忠史、貴志泰典、足立朋子、佐藤ちひろ、北島 健:メダカ初期胚生体膜マイクロドメインに局在する巨大糖タンパク質の発現解析と精製・性質. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第7回;2009年9月30日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、加藤英明、鳥山 優、北島 健:ウニの受精・発生過程における2E8糖鎖エピトープの発現と機能解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第7回;2009年9月30日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島 健、佐藤ちひろ:マウス脳発達段階におけるA2B5エピトープ含有糖タンパク質の発現と解析.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第7回;2009年9月30日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、安川裕子、北島 健: CMP-シアル酸合成酵素のシアル酸分子種認識および核局在決定領域の生物種間比較.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 山川奈緒、小崎仁美、Paul R. Crocker、Gérard Vergoten、佐藤ちひろ、北島 健:分子ドッキングおよび生化学的結合解析によるシグレック-7の糖鎖認識の構造学的知見.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 磯村 遼、北島 健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸転移酵素の一塩基多型変異体の酵素活性と統合失調症との関連.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、古川鋼一、北島健、佐藤ちひろ: マウス新生仔脳局在A2B5エピトープ含有糖タンパク質のシアロ糖鎖の特徴と生合成.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 小野明香、金戸幸弘、北島 健、佐藤ちひろ: NCAMを修飾するポリシアル酸鎖とFGF-2の相互作用解析.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 小崎仁美、山川奈緒、北島健、佐藤ちひろ: Siglec-7のオリゴシアル酸結合能の解析と新規シアル酸結合ドメインの存在検証.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 安川裕子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健: 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造とシアル酸分子種認識.第82回日本生化学会大会;2009年10月21-24日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 山川奈緒、小崎仁美、Paul R. Crocker、Gérard Vergoten、佐藤ちひろ、北島 健:シアル酸結合免疫グロブリン様レクチン(シグレック)-7によるシアロ糖鎖認識の生化学的および分子ドッキング解析. 第47回日本生物物理学会年会;2009年10月30日-11月1日;徳島文理大学, 徳島
  • 山川奈緒:In silico and in vitro binding studies predict novel sialic acid binding sites on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7).生命科学系GCOEネットワーク・フォーラム2010;2010年2月21日;京都メルパルク;京都
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、安川裕子、北島 健: CMP-シアル酸合成酵素のCMP-KDN合成能の構造的基盤.日本農芸化学会2010年度大会; 2010年3月27-29日; 東京大学駒場キャンパス;東京
  • 金戸幸弘、小野明香、北島 健、佐藤ちひろ: グリコサミノグリカン鎖と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析.日本農芸化学会2010年度大会; 2010年3月27-29日; 東京大学駒場キャンパス;東京
  • 堀和紀、Waraporn Kasekarn、土山智之、佐藤ちひろ、安江 博、北島 健: ブタ精子細胞膜マイクロドメイン局在糖タンパク質の受精における機能.日本農芸化学会2010年度大会; 2010年3月27-29日; 東京大学駒場キャンパス;東京
  • 島野薫、郷慎司、佐藤ちひろ、北島健: 細胞外シアル酸およびその前駆体のシアル酸生合成への効果.日本農芸化学会2010年度大会; 2010年3月27-29日; 東京大学駒場キャンパス;東京
2008年
  • 藤田明子, 佐藤ちひろ, Tiralongo, Joe, Münster-Kühnel, Anja K., Gerardy-Schahn, Rita, 北島健: 脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素の基質認識および細胞内局在の分子機構の解明. 第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 佐藤ちひろ: ポリシアル酸の新機能. 第6回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム-糖鎖研究と他領域との統合-;2008年12月3-4日;東京コンファレンスセンター,品川
  • 安川 然太、佐野琴音、小川温子、北島 健、佐藤ちひろ: ジシアリル化修飾をうけた血清タンパク質の同定.日本農芸化学会2008年度大会; 2008年3月26-29日; 名城大学(名古屋)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健: マウスCMP-シアル酸合成酵素の核外移行シグナル (NES) の同定脊椎動物由来.日本農芸化学会2008年度大会; 2008年3月26-29日; 名城大学(名古屋)
  • 山川奈緒、原田陽一郎、佐藤ちひろ、Gérard Vergoten、北島 健: 分子モデリング法による熱ショックタンパク質の酸性糖脂質結合性の解析.日本農芸化学会2008年度大会; 2008年3月26-29日; 名城大学(名古屋)
  • 中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健: CMP-デアミノノイラミン酸(KDN)のワンポット酵素合成法の確立.日本農芸化学会2008年度大会; 2008年3月26-29日; 名城大学(名古屋)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、貴志泰典、北島健: メダカ原腸形成には生体膜マイクロドメイン形成は必須である.第72回日本生化学会中部支部例会; 2008年5月24日; 岐阜大学(岐阜)
  • Tomoko Adachi, Chihiro Sato, and Ken Kitajima: Formation of the carbohydrate- and E-cadherin-enriched membrane microdomain is crucial in epiboly during gastrulation of medaka. 41th Annual Meting for the Japanese Society of Developmental Biologists, May 28-30, Tokushima Arts Foundation for Culture (Tokushima)
  • 安川然太、北島健、佐藤ちひろ: 炎症時マウス血清に存在する抗ジシアル酸抗体が認識する分子の同定. 第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 山川奈緒, 原田陽一郎, Gérard Vergoten, 佐藤ちひろ, 北島健: スルファチド-Hsp70間相互作用の計算化学および生化学的解析. 第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、大野ひろみ, 石田秀治、木曽真, 神奈木玲児、北島健: 哺乳類組織におけるサイクリックシアル酸の化学的検出.第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸-神経栄養因子複合体の解析.第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 濱口香代、郷慎司、佐藤ちひろ、小林迪弘、池田素子、北島健: 昆虫細胞におけるシアル酸9-リン酸合成酵素の同定. 第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 磯村遼、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸と神経伝達物質との相互作用解析.第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ: マウス脳発達段階におけるA2B5エピトープ含有糖タンパク質の発現.第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健:ウニ卵低密度界面活性剤不溶性膜に対する単クローン抗体の調製と認識エピトープ解析. 第28回日本糖質学会年会; 2008年8月18~20日;つくば国際会議場, つくば
  • 磯村遼、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸の神経伝達分子結合活性の発見と性質.FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008; 2008年8月21~22日;筑波研修センター, つくば
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ: 抗ガングリオシド抗体A2B5が認識する糖タンパク質のマウス新生児脳における発現. FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008; 2008年8月21~22日;筑波研修センター, つくば
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健:ウニ卵膜マイクロドメインに対する単クローン抗体の認識エピトープ解析. FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2008; 2008年8月21~22日;筑波研修センター, つくば
  • 土山智之、薛蓮、佐藤ちひろ、北島健: ブタ精子細胞膜マイクロドメインに局在するWGAエピトープをもつ糖タンパク質. 日本動物学会第79回大会; 2008年9月5-7日; 福岡大学、福岡
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健: ウニ卵表層タンパク質に存在するmAb.2E8抗原の受精における変化. 日本動物学会第79回大会; 2008年9月5-7日; 福岡大学、福岡
  • 中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健: CMP-[14C]デアミノノイラミン酸(KDN)のワンポット酵素合成法の確立.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 濱口香代、郷慎司、佐藤ちひろ、小林迪弘、池田素子、北島健: 鱗翅目昆虫細胞におけるシアル酸9-リン酸合成酵素ホモログの同定.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、大野ひろみ, 石田秀治、木曽真, 神奈木玲児、北島健: 哺乳類組織におけるサイクリックシアル酸の化学的検出.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 磯村遼、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸の神経伝達分子結合活性の発見と性質.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ: マウス脳発達段階におけるA2B5エピトープ含有糖タンパク質の発現.糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • 中村奈央子、前橋絵梨、山川奈緒、佐藤ちひろ、鳥山優、北島健: ウニ卵膜マイクロドメインに対する単クローン抗体の認識エピトープ解析. 糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム第6回;2008年9月10日;名古屋大学,VBLホール,名古屋
  • Tomoko Adachi, Chihiro Sato, and Ken Kitajima: Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka are a platform of E-cadherin- and LeX-mediated cell-cell interactions during epiboly. 14th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting; September 20-21, 2008; Okazaki Conference Centre, Okazaki
  • 安川然太、北島健、佐藤ちひろ: 抗ジシアル酸抗体が認識する急性期タンパク質の同定.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健: マウスCMP-シアル酸合成酵素の核外移行シグナル (NES) の解析.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 山川奈緒、佐藤ちひろ、北島健: ウニ配偶子生体膜マイクロドメイン間接着に関わるガングリオシド-中性糖脂質相互作用の発見. 第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、石田秀治、木曽真、神奈木玲児、北島健: 化学的検出法を用いた天然におけるサイクリックシアル酸の局在検索. 第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 磯村遼、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸は特定の神経伝達物質と相互作用する.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 猪子恵未、西浦祐二、田中浩士、高橋孝志、北島健、佐藤ちひろ: mAb.A2B5の抗原特異性の決定とマウス脳発達段階におけるmAb.A2B5反応性オリゴシアル酸含有糖タンパク質の発現解析.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸 
  • 金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ: 酸性多糖と神経栄養因子との相互作用解析.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健: 哺乳類シアロ糖タンパク質のデアミノノイラミン酸 (KDN) 修飾糖タンパク質への改変.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 濱口香代、郷慎司、佐藤ちひろ、小林迪弘、池田素子、北島健: 昆虫細胞由来シアル酸9-リン酸合成酵素の構造と基質特異性の解析.第81回日本生化学会大会;2008年12月9-12日;神戸ポートアイランド,神戸
  • 藤田明子、安川裕子、佐藤ちひろ、北島健: 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造と性質.日本農芸化学会2009年度大会; 2008年3月29日; 福岡国際会議場(福岡)
  • 金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析.日本農芸化学会2009年度大会; 2008年3月29日; 福岡国際会議場(福岡)
  • 小野明日香、金戸幸弘、北島 健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸とFGF-2の相互作用の解析.日本農芸化学会2009年度大会; 2008年3月29日; 福岡国際会議場(福岡)
  • 大野ひろみ、安藤弘宗、川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、北島健、石田秀治、木曽真: ラクタム化シアル酸誘導体の合成とその分解反応に関する研究. 日本農芸化学会2009年度大会; 2008年3月29日; 福岡国際会議場(福岡)
2007
  • 原田陽一郎,佐藤ちひろ,北島健:70-kDa熱ショックタンパク質の酸性糖脂質誘導性の高分子量複合体形成能の発見、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 北島健: ウニ精子表面シアロ糖鎖の受精における役割、日本動物学会第78回弘前大会 シンポジウム「温故知新による受精研究ネクストステージの幕開け-第2部-」; 2007年9月22日;弘前大学50周年記念会館(弘前)
  • 北島健: ウニや魚の糖鎖がヒトに役立つ話, 公開シンポジウム「第3の生命鎖:糖鎖の謎が今、解る」; 2007年1月25-26日; 有楽町マリオン(東京)
  • 佐藤ちひろ 多糖の未来シンポジウム
  • 安川 然太、佐野琴音、小川温子、北島 健、佐藤ちひろ: ジシアリル化修飾をうけた血清タンパク質の同定.日本農芸化学会2007年度大会; 2007年3月24-27日; 東京農業大学(東京)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健; 脊椎動物由来CMP-シアル酸合成酵素によるデアミノノイラミン酸(KDN)の認識機構.日本農芸化学会2007年度大会; 2007年3月24-27日; 東京農業大学(東京)
  • 岩田章子、川上信彦、佐藤ちひろ、安藤弘宗、木曽真、神奈木玲児、北島健: サイクリックシアル酸グリコシドの化学的性質の解析.日本農芸化学会2007年度大会; 2007年3月24-27日; 東京農業大学(東京)
  • 原田陽一郎,佐藤ちひろ,北島健:酸性糖脂質による70-kDa熱ショックタンパク質の複合体形成.日本農芸化学会2007年度大会; 2007年3月24-27日; 東京農業大学(東京)
  • 原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島健:Hsp70の酸性糖脂質およびリン脂質誘導性高分子量複合体形成、第71回日本生化学会中部支部例会; 2007年5月19日; 名古屋大学(名古屋)
  • 藤田明子, 佐藤ちひろ,北島健:マウスCMP-Sia合成酵素の核外移行シグナル (NES) の同定、第71回日本生化学会中部支部例会; 2007年5月19日; 名古屋大学(名古屋)
  • 山川奈緒、佐藤ちひろ、Gérard Vergoten、北島健:熱ショックタンパク質-酸性糖脂質間相互作用の分子モデリングによる解析、第71回日本生化学会中部支部例会; 2007年5月19日; 名古屋大学(名古屋)
  • 郷慎司、佐藤ちひろ、殷軍、神奈木玲児、北島健: 低酸素状態のヒト癌細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の発現誘導、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 佐藤ちひろ, 矢部宇一郎、澤田誠、北島健: ミクログリアRa2細胞のLPS刺激によるポリシアル酸の消失とシアリダーゼ活性、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、石田秀治、木曽真、神奈木玲児、北島健: サイクリックシアル酸残基の酸加水分解産物の同定、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ: ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子(BDNF)との相互作用解析、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 佐野琴音、旭美穂、浅沼公恵、伊藤さつき、橋井則貴、川崎ナナ、安川然太、佐藤ちひろ、北島健、小川温子: 組織再生に関わるマトリクス糖タンパク質の活性調節と修復過程における糖鎖変化、第27回日本糖質学会年会; 2007年8月1-3日; 九州大学(福岡)
  • 川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、石田秀治、木曽真、神奈木玲児、北島健:サイクリックシアル酸グリコシドの酸加水分解反応、FCCAグライコサイエンス若手フォーラム; 2007年8月4-5日; 九州大学(福岡)
  • 中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健: CMP-デアミノノイラミン酸(KDN)の酵素合成法の開発、FCCAグライコサイエンス若手フォーラム; 2007年8月4-5日; 九州大学(福岡)
  • 濱口香代、佐藤ちひろ、伊藤正樹、北島 健:植物におけるシアル酸類縁体の単離と構造解析、FCCAグライコサイエンス若手フォーラム; 2007年8月4-5日; 九州大学(福岡)
  • 川上信彦、岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、石田秀治、木曽真、神奈木玲児、北島健: サイクリックシアル酸グリコシドの酸加水分解産物の同定、糖鎖科学名古屋拠点若手の力フォーラム; 2007年9月15日; 名古屋大学(名古屋)
  • 金戸幸弘、北島健、佐藤ちひろ:ポリシアル酸と脳由来神経栄養因子(BDNF)との結合能の解析、糖鎖科学名古屋拠点若手の力フォーラム; 2007年9月15日; 名古屋大学(名古屋)
    中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健: CMP-デアミノノイラミン酸(KDN)の効率的な酵素合成法の確立、糖鎖科学名古屋拠点若手の力フォーラム; 2007年9月15日; 名古屋大学(名古屋)
  • 濱口香代、佐藤ちひろ、伊藤正樹、北島 健: 植物におけるシアル酸類縁体の検索、糖鎖科学名古屋拠点若手の力フォーラム; 2007年9月15日; 名古屋大学(名古屋)
  • Tomoyuki Tsuchiyama, Lian Xue, Chihiro Sato, and Ken Kitajima (2007年12月11-14日) Purification of WGA epitope-bearing glycoproteins which are enriched in pig sperm rafts. 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama
  • Shouko Iwata, Nobuhiko Kawakami, Chihiro Sato, Hromune Ando, Hideharu Ishida, Makoto Kiso, Reiji Kannagi, Ken Kitajima (2007年12月) Chemical Detection of Cyclic Sialic Acid in Mouse Tissues, 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama
  • Koji Kagamitani, Uichiro Yabe, Chihiro Sato, Atsuo Urisu, Tsukasa Matsuda, and Ken Kitajima (2007年12月) Purification and characterization of the polysia-containing CD36 from human milk and analysis of a chemical characteristic, 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama
  • Yukihiro Kanata, Ken Kitajima, and Chihiro Sato (2007年12月) Polysialic acid binds to brain-derived neutrophic factor (BDNF) and promotes the neural cell proliferation. 80th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society; Pacifico Yokohama, Yokohama
  • 安川然太、北島健、佐藤ちひろ (2008年3月) 抗ジシアル酸が認識するマウス血清タンパク質の同定, 日本農芸化学会2008年度大会; 名城大学(名古屋)
  • 山川奈緒、原田陽一郎、佐藤ちひろ、Gerard Vergoten、北島 健 (2008年3月) 分子モデリング法による熱ショック蛋白質の酸性糖脂質結合性の解析, 日本農芸化学会2008年度大会; 名城大学(名古屋)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健 (2008年3月) マウスCMP-シアル酸合成酵素の核外移行シグナル (NES) の同定, 日本農芸化学会2008年度大会; 名城大学(名古屋)
    中島優子、藤田明子、佐藤ちひろ、北島健 (2008年3月) CMP-デアミノノイラミン酸(CMP-KDN) のワンポット酵素合成法の確立, 日本農芸化学会2008年度大会; 名城大学(名古屋)
2006年
  • 郷 慎司、佐藤 ちひろ、北島 健:哺乳類細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)代謝調節機構の解析. 第26回日本糖質学会年会 2006年8月23-25日;仙台
    (一般講演・ポスター)
  • 矢部宇一郎、北島健、澤田誠、佐藤ちひろ: ミクログリア活性化における細胞表面ポリシアル酸の発現変化. 第26回日本糖質学会年会 2006年8月23-25日;仙台
  • 薛 蓮、藤田 洋, 佐藤ちひろ、北島 健: ブタおよびマウス精子における硫酸化シアル酸の存在証明. 第26回日本糖質学会年会 2006年8月23-25日;仙台
  • 岩田章子、川上信彦、佐藤ちひろ、安藤弘宗、木曽真、神奈木玲児、北島健: サイクリックシアル酸グリコシドの化学的安定性の検討. 第26回日本糖質学会年会 2006年8月23-25日;仙台
  • 宮田真路, 佐藤ちひろ, 久美田紘信, 鳥山 優, 北島 健:ウニ精子鞭毛局在flagellasialinのユニークな糖鎖修飾の精子運動性における重要性.第77回日本動物学会大会 平成18年9月21~24日;島根大学(松江)
  • 北島 健、原 弘明、足立朋子、佐藤ちひろ:メダカ初期胚における糖鎖抗原3D11の発現と役割 第77回日本動物学会大会 平成18年9月21~24日;島根大学(松江)
2005年
  • 矢部 宇一郎、佐藤 ちひろ、松田 幹、北島 健: マウス乳糖タンパク質CD36上のポリシアル酸の乳腺発達段階における発現解析. 日本農芸化学会2005年度大会. 2005.3.(札幌)
  • 北島 健: シアル酸、ポリシアル酸、受精、発生比較糖鎖研究会. 2005年 5月(大阪, 日本)
  • 薛 蓮、宮田真路、佐藤ちひろ、北島 健: ブタ精子表面に新しく見出されたシアロ糖鎖エピトープの解析. 第69回日本生化学会中部支部例会. 2005.5.(名古屋)
  • 宮田真路, 佐藤ちひろ, 久美田紘信, 鳥山 優, Victor D. Vacquier, 北島 健: 新規ポリシアル酸含有糖タンパク質flagellasialinの発見、構造および機能. 第25回日本糖質学会. 2005. 7.22(大津)
  • 矢部宇一郎、北島 健、霜田 靖、渡邊 和忠、澤田 誠、佐藤ちひろ: ミクログリア細胞におけるポリシアル酸構造の発見. 第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 岩田章子、佐藤ちひろ、安藤弘宗、木曽真、神奈木玲児、北島健:サイクリックシアル酸の化学的検出法の開発.第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 朝比奈 慎二, 佐藤 ちひろ, 北島 健:O型糖鎖上のポリシアル酸生合成に関わるα2,8シアル酸転移酵素の同定. 第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 郷 慎司、佐藤 ちひろ、北島 健: 哺乳類細胞においてマンノース存在下で誘導されるデアミノノイラミン酸(KDN)生合成の分子機構. 第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 原田 陽一郎, 佐藤 ちひろ, 北島 健: 熱ショックタンパク質70 (Hsp70)のN型糖鎖結合活性の証明.第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 藤田 明子, 佐藤 ちひろ, 北島 健:脊椎動物由来CMP-シアル酸合成酵素におけるシアル酸分子種認識部位の決定. 第25回日本糖質学会. 2005. 7(大津)
  • 安川然太、佐藤ちひろ、北島 健:ジ・オリゴシアル酸を含有するマウス血清糖タンパク質の同定. 第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 2005.9. (名古屋)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、北島 健:メダカ初期胚における細胞膜ラフト形成の重要性とその役割. 第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 2005.9. (名古屋)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健:脊椎動物由来CMP-シアル酸合成酵素におけるシアル酸分子種の識別機構. 第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 2005.9. (名古屋)
  • 山田治代、伊藤正樹、佐藤ちひろ、北島 健:植物におけるシアル酸類縁体の存在. 第3回糖鎖科学名古屋拠点 若手の力 2005.9. (名古屋)
  • 宮田真路, 佐藤ちひろ, 鳥山 優, 北島 健:ウニ精子糖タンパク質REJ4のN末端130 kDa断片は先体反応に伴い分泌される. 第76回日本動物学会大会 2005年10月 (筑波)
  • 薛 蓮、宮田真路、佐藤ちひろ、北島 健:ブタ精子の受精能獲得におけるシアロエピトープの変化. 第76回日本動物学会大会 2005年10月 (筑波)
  • 矢部宇一郎、北島 健、霜田 靖、渡邊 和忠 澤田 誠、佐藤ちひろ:ミクログリア細胞におけるポリシアル酸構造の存在. 第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 岩田章子, 佐藤ちひろ, 安藤弘宗, 木曽 真, 田口 修, 神奈木玲児, 北島 健
    :マウスがん組織におけるサイクリックシアル酸の化学的検出.第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 朝比奈 慎二、佐藤 ちひろ、北島 健:O型糖鎖上のポリシアル酸生合成におけるニジマスa2,8シアル酸転移酵素(rtST8Sia VI)の役割.第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 郷 慎司、佐藤 ちひろ、北島 健:哺乳動物細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の生合成機構及び細胞内局在の解析.第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 原田陽一郎、佐藤 ちひろ、北島 健:熱ショックタンパク質70 (Hsp70)のN型糖鎖結合活性の解析. 第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 宮田真路、佐藤ちひろ、久美田紘信、鳥山 優、北島 健:ウニ精子におけるa2,9およびa2,8結合ポリシアル酸構造の共存. 第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、北島 健:脊椎動物CMP-シアル酸合成酵素のNeu5AcとKDNの識別機構. 第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
  • 山田治代, 伊藤正樹,佐藤ちひろ, 北島 健:植物細胞におけるシアル酸類似糖成分の存在証明. 第78回日本生化学会大会 2005年10月 (神戸)
2004年
  • 郷慎司、佐藤ちひろ、北島健: 動物細胞におけるシアル酸の取り込み、分解に関する研究. 日本農芸化学会2004年度大会. 2004.3. (東広島)
  • 原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島健: ウニ卵局在精子結合タンパク質 (SBP)のレクチン活性. 日本農芸化学会2004年度大会. 2004.3. (東広島)
  • 山田治代、山川奈緒、佐藤ちひろ、北島健: 植物細胞におけるシアル酸の存在証明. 第68回日本生化学会中部支部例会. 2004.5. (豊明)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、北島健: メダカ初期胚発生における細胞膜マイクロドメイン形成の重要性の検討. 第37回日本発生生物学会年会. 2004.6. (名古屋)
  • 宮田真路、佐藤ちひろ、鳥山優、広橋教貴、Victor D. Vacquier、北島健: ウニ精子先体反応に伴って130 kDa糖タンパク質が精子から分泌される. 第75回日本動物学会大会. 2004.9. (甲南)
  • 山川奈緒、佐藤ちひろ、北島健: ウニ精子由来ガングリオシドはリン脂質と特異的に相互作用する. 第75回日本動物学会大会. 2004.9. (甲南)
  • 前田絵里、佐藤ちひろ、北島健: 魚卵表層顆粒糖タンパク質hyosophorin由来ペプチドは魚類培養細胞の増殖を促進する. 第75回日本動物学会大会. 2004.9. (甲南)
  • Sato, C., Nohara, K., Matsuda, T., Kitajima, K.: Involvement of the disialic acid-containing glycoprotein in mouse T cell activation. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Iwata, S., Sato, C., Ando, H., Kiso, M., Kannagi, R., Kitajima, K.: Development of a chemical method to detect cyclic sialic acid. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Yabe, U., Sato, C., Matsuda, T., Kitajima, K.: Developmental expression of polysialyltransferases in mammary gland during lactation stages. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Yasukawa, Z, Sato, C., Kitajima, K.: Study on the inflammation-induced expression of sialyltransferase genes in mouse liver. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Go, S., Sato, C., Kitajima, K.: Study on the uptake of deaminoneuraminic acid (KDN) by mammalian cells. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Harada, Y., Sato, C., Kitajima, K.: Glycolipid- and phospholipid-binding activity of heat shock protein 70. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Miyata, S., Sato, C., Kitajima, K.: Occurrence of a novel 8-O-sulfated Neu5Ac-capped a2→9-linked polyNeu5Ac chains in the sea urchin sperm flagella glycoprotein. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Yamada, H., Ito, M., Sato, C., Kitajima, K.: Demonstration of the occurrence of sialic acid in the glycolipid fraction of plant cells. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • Tajima, Y., Uyama, E., Sato, C., Go, S., Kitajima, K., Sanai, Y., Sakuraba, H.: Impairment of glycosylation of muscular glycoproteins in DMRV. 第77回日本生化学会大会. 2004.10.(横浜)
  • 原田陽一郎, 佐藤ちひろ, 北島健: 熱ショックタンパク質 (Hsp70)の酸性脂質結合活性の解析. 第27回日本分子生物学会年会. 2004.12. (神戸)
2003年
  • 矢部宇一郎, 佐藤ちひろ, 松田 幹, 北島 健
    ヒトミルクにおける新しいポリシアル酸含有糖タンパク質CD36の発見
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • Ken Kitajima, Tomoko Adachi, and Chihiro Sato
    Roles of carbohydrate-mediated lipid raft-lipid raft interactions in early development of medaka, Oryzias latipes
    第26回日本分子生物学会年会、シンポジウム糖鎖細胞生物学の新展開-”あいまいさ”を超えて-、平成14年12月11日(木)、神戸(兵庫)
  • 矢部 宇一郎、佐藤 ちひろ、松田 幹、北島 健
    ヒトおよびマウスのミルクにオリゴ・ポリシアル酸構造が存在した
    日本農芸化学会2003年度大会、2003年4月1-3日、日本大学湘南キャンパス(藤沢)
  • 郷慎司、佐藤ちひろ、池田素子、小林迪弘、松田幹、北島健
    シアル酸合成能をもつ昆虫細胞の検索とその存在証明
    日本農芸化学会2003年度大会、2003年4月1-3日、日本大学湘南キャンパス(藤沢)
  • 田島陽一、宇山英一郎、小谷政晴、北島 健、佐内 豊、桜庭 均
    縁取り空胞型遠位ミオパチー(DMRV)におけるα-ジストログリカン
    の糖鎖形成異常(ポスター発表)
    第44回日本神経学会総会、2003年5月15-17日、パシフィコ横浜(横浜)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、Anja-K. Münster、Rita Gerardy-Schahn、北島 健
    CMP-シアル酸合成酵素の簡易活性測定法の開発
    第67回日本生化学会中部支部例会シンポジウム、2003年5月24日、三重大学(津)
  • 前田絵里、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健
    魚類初期胚に存在する糖ペプチドの細胞増殖刺激活性の解析
    第67回日本生化学会中部支部例会シンポジウム、2003年5月
    24日、三重大学(津)
  • 佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健
    神経細胞とT細胞に共通に存在するジシアル酸含有糖タンパク質の同定
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 朝比奈慎二, 佐藤ちひろ, 北島健
    O型糖鎖上のポリシアル酸生合成に関与するニジマスa2,8-シアル酸転移酵素のクローニングと発現解析
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シ
    ンポジア(横浜)
  • 安川然太、佐藤ちひろ、北島健
    炎症刺激に伴うa2,8シアル酸転移酵素 (ST8Sia VI) の発現上昇
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 郷慎司、佐藤ちひろ、池田素子、小林迪弘、松田幹、北島健
    昆虫細胞におけるシアル酸生合成能
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 藤田明子、佐藤ちひろ、Anja-K. Münster、Rita Gerardy-Schahn、北島健
    CMP-シアル酸合成酵素活性の簡便な測定法の開発
  • 第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、北島健
    メダカ初期胚発生における細胞膜マイクロドメイン形成の重要性の検討:メチル-b-シクロデキストリンの効果
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 宮田真路, 佐藤ちひろ, 北島健
    ウニ精子鞭毛における新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の発見とそのポリシアル酸の構造解析
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 山川奈緒、前橋絵梨、太田薫、佐藤ちひろ、北島健
    硫酸化シアル酸を認識するモノクローナル抗体の作製と抗原特異性の解析
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 前田絵里、佐藤ちひろ、松田幹、北島健
    魚卵hyosophorinの細胞増殖刺激活性の解析
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 西川俊夫、梶井重男、和田享子、石川幸、磯部稔、佐藤ちひろ、安川然太、北島健
    新規糖アミノ酸a-C-マンノシルトリプトファンの合成と生物機能解析
    第24回日本糖質学会年会、2003年7月29日~31日、神奈川県民ホールおよび横浜シンポジア(横浜)
  • 田島陽一、宇山英一郎、小谷政晴、北島健、佐内豊、桜庭均
    縁取り空胞型遠位ミオパチー(DMRV)におけるα-ジストログリカンの糖鎖形成異常
    第44回日本神経学会総会、2003年5月15日(木)~17日(土);パシフィコ横浜(横浜)
  • 宮田真路, 佐藤ちひろ, 鳥山優、北島健
    ウニ精子鞭毛における新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の発見とその糖鎖構造解析
    第74回日本動物学会大会、2003年9月17日(水)~19日(金)、函館大学(函館)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、北島健
    メダカ初期胚発生における細胞膜マイクロドメイン形成の重要性の検討
    第74回日本動物学会大会、2003年9月17日(水)~19日(金)、函館大学(函館)
  • 木村尚子、大森勝之、宮崎敬子、殷 軍、北島健、森山昭彦、神奈木玲児
    リンパ球およびリンパ性白血病細胞におけるセレクチンリガンドのシアル酸のサイクリック化反応について
    第62回日本癌学会、2003年9月25日~27日、名古屋国際会議場(名古屋)
  • Chihiro Sato, Tsukasa Matsuda, and Ken Kitajima(口頭)
    Characterization of a disialic acid-containing glycoprotein expressed on neural cells
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Uichiro Yabe, Chihiro Sato, Tsukasa Matsuda, Ken Kitajima
    Identification and characterization of human milk CD36 as a new member of mammalian polysialic acid-containing glycoprotein.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Shinji Go, Chihiro Sato, Motoko Ikeda, Michihiro Kobayashi, Tsukasa Matsuda and Ken Kitajima
    Biosynthesis of sialic acid in insect cells: Detection of the sialic acid 9-phosphate synthase activity.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Akiko Fujita, Chihiro Sato, Anja-K. Münster, Rita Gerardy-Schahn, Ken Kitajima
    Development of a new, facile method to assay CMP-Sia synthetase activity
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Tomoko Adachi, Chihiro Sato, Ken Kitajima
    Importance of membrane microdomain in development of medaka embryos
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Shinji Miyata1,2, Chihiro Sato1,2, and Ken Kitajima1
    Occurrence of a novel 8-O-sulfated Neu5Ac-capped α2→9-linked polyNeu5Ac chains in the sea urchin sperm flagella glycoprotein
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Nao Yamakawa, Shinji Miyata, Eri Maehashi, Kaoru Ohta, Chihiro Sato, Ken Kitajima
    Chemical and Immunochemical Analyses of Sulfated Sialic Acids in Sea Urchin Sperm and Eggs.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Ken Kitajima, Eri Maeda, Chihiro Sato
    Stimulation of cell growth of mammalian cells by fish egg hyosophorin: The carbohydrate part of the hyosophorin glycopeptides is not essential for the stimulation activity
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Youichi Tajima, Eiichiro Uyama, Chihiro Sato, Shinji Go, Ken Kitajima, Yutaka Sanai, and Hitoshi Sakuraba
    Impairment of glycosylation of muscular glycoproteins in DMRV
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Hiroki Okumura, Yoshinori Kohno, Yuki Iwata, Naohito Aoki, Chihiro Sato, Ken Kitajima, Daita Nadano, and Tsukasa Matsuda
    A novel ZP-glycoprotein, ZPD, of chicken egg-envelope: Identification, cDNA cloning, and involvement in sperm acrosome reaction
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Yuki Iwata, Hiroki Okumura, Chihiro Sato, Ken Kitajima, Naohito Aoki, Daita Nadano, and Tsukasa Matsuda
    Proteolytic degradation of chicken egg-envelope by sperm acrosin: Immunochemical and biochemical identification of proteolytic fragments derived from ZP1, ZPC and ZPD
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月15日(水)~18日(土)、パシフィコ横浜(横浜)
  • Ken Kitajima, Tomoko Adachi, and Chihiro Sato
    Roles of carbohydrate-mediated lipid raft-lipid raft interactions in early development of medaka, Oryzias latipes
    第26回日本分子生物学会年会、平成15年12月10日(水)~13日(土);神戸
2002年
  • 郷 慎司、仲田大輔、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健
    マンノース経口投与マウスの臓器におけるKDN合成
    日本農芸化学会2002年度大会 2002年3月24-27日、東北学院大学教養学部泉キャンパス、仙台
  • 朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健
    ニジマスポリシアル酸転移酵素(PST)のcDNAクローニングと発現解析
    日本農芸化学会2002年度大会 2002年3月24-27日、東北学院大学教養学部泉キャンパス、仙台
  • 朝比奈慎二、松野みどり、佐藤ちひろ、北島 健
    ニジマス卵巣におけるO-型糖鎖上のポリシアル酸構造の生合成に関与するシアル酸転移酵素のクローニング
    第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、戸谷一英、村田健臣、碓氷泰市、北島 健
    メダカ初期胚における細胞膜ドメイン(ラフト)の単離と細胞間相互作用における機能
    日本動物学会第73回大会
  • 平成14年9月24日~ 27日、金沢大学角間キャンパス総合教育棟(金沢)
    宮田真路、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健
    精子膜マイクロドメインに局在する糖脂質と糖タンパク質に共通の糖鎖エピトープの機能
    日本動物学会第73回大会
  • 平成14年9月24日~ 27日、金沢大学角間キャンパス総合教育棟(金沢)
    矢部宇一郎、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「ヒトミルクにおける新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の検索と発見」 第回FCCAセミナー、2002年11月16日、岐阜駅前、岐阜
  • 市場愛子、青木直人、北島 健、松田 幹 「ニワトリオボムコイドとウズラオボムコイドの免疫交差反応性~組換えタンパク質の動物およびヒト抗体との反応性」 日本農芸化学会2002年度大会 2002年3月24-27日、東北学院大学教養学部泉キャンパス、仙台
  • 北島 健、前橋絵梨、宮田真路、松本晴美、佐藤ちひろ 「ウニ受精におけるシアル酸を介する相互作用の重要性」 日本発生生物学会第35回大会、2002年5月21-23日、パシフィコ横浜、横浜
  • 矢部宇一郎、佐藤ちひろ、北島 健 「エンドシアリダーゼ活性の簡易測定法の確立」 第66回日本生化学会中部支部会例会、 2002年5月25日、愛知医科大学、長久手
  • 安川然太、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「マウス炎症時における血清糖タンパク質上のシアル酸構造の変動」 第66回日本生化学会中部支部会例会、 2002年5月25日、愛知医科大学、長久手
  • 郷 慎司、仲田大輔、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「マンノースを経口投与したマウスの臓器におけるデアミノノイラミン酸(KDN)量の変化」 第66回日本生化学会中部支部会例会、 2002年5月25日、愛知医科大学、長久手
  • 佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「神経細胞分化におけるジシアル酸含有糖タンパク質の役割」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 矢部宇一郎、佐藤ちひろ、北島 健 「ヒトミルクにおける新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の検索」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 安川然太、佐藤ちひろ、北島 健 「マウスの炎症に伴うジおよびオリゴシアル酸含有血清糖タンパク質の変動」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「メダカ初期胚細胞膜マイクロドメインに局在する分子群の同定」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 宮田真路、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「精子細胞膜マイクロドメインに局在する糖脂質と共通の糖鎖エピトープをもつ糖タンパク質の同定」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 郷 慎司、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「マンノースを経口投与したマウスの臓器中のデアミノノイラミン酸(KDN)量の変化」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 藤田明子、Anja-K. Münster, Rita Gerardy-Schahn、佐藤ちひろ、北島 健 「CMP-シアル酸合成酵素の核移行シグナル配列はin vitro酵素活性に必須である」 第23回日本糖質学会年会、2002年8月22日~24日、神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)
  • 佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「ジシアル酸含有糖タンパク質の神経細胞(Neuro2A)における発現」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 矢部宇一郎、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「ヒトミルクにおける新規ポリシアル酸含有糖タンパク質の検索と発見」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 安川然太、佐藤ちひろ、北島 健 「炎症誘導マウスにおけるジおよびオリゴシアル酸含有血清糖タンパク質の解析」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 郷 慎司、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「哺乳動物細胞および昆虫細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)生合成」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 藤田 明子、Anja-K. Münster、Rita Gerardy-Schahn、佐藤ちひろ、北島 健 「脊椎動物由来CMP-シアル酸合成酵素の触媒活性における核移行シグナル
    の重要性」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 前橋絵梨、宮田真路、松本晴美、松田 幹、佐藤ちひろ、北島 健 「ウニ受精におけるシアル酸を介する相互作用と脂質ラフトの重要性」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 宮田真路、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「ウニ精子細胞膜マイクロドメインに局在するガングリオシドと共通な糖鎖エピトープをもつシアロ糖ペプチドの構造と機能」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「メダカ初期胚細胞膜ラフトに局在する分子群の同定」 第75回日本生化学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
  • 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 「熱ショックタンパク質様配列をもつ新しいシアル酸結合レクチン」 第25回日本分子生物学会年会、2002年10月14日~17日、国立京都国際会館・京都宝ヶ池プリンスホテル、京都
2001年
  • ニジマス卵巣α2,6-シアル酸転移酵素のcDNAクローニングと組み換え体酵素の性質
    朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健2001年度農芸化学大会; 京都 (2001)
  • メダカ初期胚における細胞膜ミクロドメインの存在とその性質 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • ウニ卵および精子由来細胞膜ミクロドメイン成分の受精における役割前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、鳥山 優、北島 健 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • 精子細胞膜ミクロドメイン局在糖タンパク質の糖鎖構造. 宮田真路、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • エンドシアリダーゼ活性の簡易測定法の確立. 矢部宇一郎、佐藤ちひろ、北島 健. 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • ジ/オリゴシアル酸残基をもつウシ胎仔血清糖タンパク質adipo Qの糖鎖構造. 安川然太、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • ニジマスのポリシアル酸転移酵素のcDNAクローニングと発現解析. 朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第22回日本糖質学会年会; 静岡, 7月16-18日 (2001)
  • 精子ラフト-卵ラフト間相互作用の存在とその受精における重要性. 北島 健、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、鳥山 優. 日本動物学会第72回大会; 福岡, 10月6-8日 (2001)
  • ウニの受精における配偶子細胞膜ラフト成分の役割. 前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田幹、鳥山優、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • ウニ精子細胞膜ラフト局在糖タンパク質の糖鎖構造. 宮田真路、前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • メダカ初期胚における細胞膜ラフトの存在とその性質. 足立朋子、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • ニジマス卵ポリシアロ糖タンパク質のO-型糖鎖上のポリシアル酸生合成に関与するα2,6-sialyltransferase (ST6GalNAc)の性質. 朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • 脂肪細胞の糖タンパク質上に存在するジシアル酸構造の生合成機構の解明
    佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 .第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • 脂肪細胞特異的血清タンパク質adipo Qのジ/オリゴシアル酸含有糖鎖の構造. 安川然太、佐藤ちひろ、本田直輝、松田 幹、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
  • エンドシアリダーゼ活性の簡易測定法の開発. 矢部宇一郎、佐藤ちひろ、北島 健. 第74回日本生化学会大会; 京都, 10月25-28日 (2001)
2000
  • 哺乳動物分化細胞系におけるオリゴシアル酸含有糖タンパク質の検出およびα2,8シアル酸転移酵素の発現変化 佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 第21回日本糖質学会年会; 名古屋:講演要旨集p133 (2000)
  • ウシ胎児血清糖タンパク質Adipo Qにおけるオリゴシアル酸構造の同定 安川然太、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 第21回日本糖質学会年会; 名古屋:講演要旨集p93 (2000)
  • 動物配偶子細胞における糖脂質ミクロドメインの受精における役割 太田 薫、佐藤ちひろ、前橋絵梨、松田 幹、鳥山 優、広橋教孝、William J. Lennarz、北島 健 第21回日本糖質学会年会; 名古屋:講演要旨集p105(2000)
  • ウニ (Strongylocentrotus purpuratus) 精子表面糖脂質ミクロドメインに見出された新規ガングリオシドの構造解析 前橋絵梨、太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 第21回日本糖質学会年会; 名古屋:講演要旨集p106 (2000)
  • ニジマス卵巣α2,6シアル酸転移酵素(ST6GalNAc II)のcDNAクローニングと卵形成過程における発現解析 朝比奈慎二、松野みどり、佐藤ちひろ、中瀬昌之、青木直人、松田 幹、北島 健 第21回日本糖質学会年会; 名古屋:講演要旨集p134 (2000)
  • 脂肪細胞の分化に伴うジおよびオリゴシアル酸含有糖タンパク質とα2,8-シアル酸転移酵素の発現変化佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第73回日本生化学会大会; 横浜:生化学72(8)719 (2000)
  • ウシ胎児血清糖タンパク質adipoQの精製とそのジシアル酸含有糖鎖の同定. 安川然太、佐藤ちひろ、本田直輝、松田 幹、北島 健. 第73回日本生化学会大会; 横浜: 生化学72(8)719 (2000)
  • ニジマス卵巣ポリシアル酸転移酵素(STXホモログ)のcDNAクローニング.朝比奈慎二、佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健 . 第73回日本生化学会大会; 横浜: 生化学72(8) 715 (2000)
  • ウニ精子に見出された新規ガングリオシドの構造とその卵局在精子結合糖タンパク質との結合性の解析 前橋絵梨、佐藤ちひろ、太田 薫、松田 幹、田中秀彦、小林一清、広橋教孝、Lennarz William J.、北島 健. 第73回日本生化学会大会; 横浜: 生化学72(8)713 (2000)
  • 北島 健、太田 薫、佐藤ちひろ、前橋絵梨、松田 幹、鳥山 優、広橋教孝、Lennarz William J. 受精における糖脂質ミクロドメイン-糖脂質ミクロドメイン相互作用の役割. 第73回日本生化学会大会; 横浜: 生化学72(8)713 (2000)
1999
  • ウニ精子の糖脂質に富む低密度界面活性剤不溶性膜(LD-DIM)画分の単離とその構成成分の解析 太田 薫、佐藤ちひろ、松田幹、鳥山優、William J. Lennarz、北島 健. 第63回日本生化学会中部支部例会; 三重: (1999)
  • 哺乳動物におけるオリゴシアル酸含有糖タンパク質の普遍的存在および分化に伴う発現変化. 佐藤ちひろ、松田 幹、北島 健. 第72回日本生化学会大会; 横浜: 生化学71(8) 711 (1999)
  • ウニ精子糖脂質ミクロドメインの調製とその卵局在精子受容体との結合性. 太田 薫、佐藤ちひろ、松田 幹、鳥山 優、Vacquier, Victor D., 広橋教孝、Lennarz, William J., 北島 健. 第72回日本生化学会大会; 横浜: 生化学71(8) 705 (1999)
  • 卵形成過程におけるメダカ卵表層胞局在主要糖タンパク質(hyoophorin)のタンパク質および糖鎖の生合成. 谷口淳也、佐藤ちひろ、蔭山真理子、中瀬昌之、青木直人、松田 幹、北島 健. 第72回日本生化学会大会; 横浜: 生化学71(8) 711 (1999)
  • ニジマス卵巣α2,6-シアル酸転移酵素(ST6GalNAcII)およびα2,8-ポリシアル酸転移酵素(ST8Sia)のcDNAクローニングと卵形成過程における発現. 朝比奈慎二、松野みどり、中瀬昌之、佐藤ちひろ、青木直人、松田 幹、北島 健. 第72回日本生化学会大会; 横浜: 生化学71(8) 843 (1999)
1998
  • オリゴ(ポリ)シアル酸に対する抗体の特異性の解析. 佐藤ちひろ、太田 薫、松田幹、北島 健. 第20回糖質シンポジウム; 札幌; 講演要旨集p.69(1998)
  • メダカ卵表層胞局在糖タンパク質(hyosophorin):高分子量多本鎖N-型糖鎖を多数個結合するアポ糖タンパク質のcDNAクローニング. 谷口淳也、中瀬昌之、蔭山真理子、青木直人、佐藤ちひろ、松田幹、北島 健 第20回糖質シンポジウム; 札幌、講演要旨集p.88(1998)
  • ウシ血清におけるオリゴシアル酸含有糖タンパク質の同定. 本田直輝、佐藤ちひろ、松田幹、北島 健. 第71回日本生化学会大会; 名古屋: 生化学70 (8) 1032 (1998)
  • バフンウニ精子における界面活性剤不溶性糖脂質含有ミクロドメインの単離と性質. 太田薫、佐藤ちひろ、鳥山優、松田幹、北島 健. 第71回日本生化学会大会;名古屋: 生化学70 (8) 921 (1998)
  • ニジマス卵巣に存在するヒトα2,8-ポリシアル酸転移酵素ホモログのクローニング. 松野みどり、中瀬昌之、佐藤ちひろ、青木直人、松田幹、北島 健. 第71回日本生化学会大会; 名古屋: 生化学70 (8) 828 (1998)
  • 高分子量N-型糖鎖をもつメダカ卵表層胞局在糖タンパク質(hyosophorin): アポ糖タンパク質cDNAの構造と卵形成過程における発現の解析. 谷口淳也、中瀬昌之、蔭山真理子、青木直人、佐藤ちひろ、松田幹、北島 健. 第71回日本生化学会大会; 名古屋: 生化学70 (8) 921 (1998)
1997
  • オリゴシアリル化は哺乳動物組織における糖タンパク質糖鎖の普遍的修飾反応である. 北島 健、佐藤ちひろ、福岡秀幸、松田幹、越野理香、小林一清、井上貞子、井上康男. 第19回糖質シンポジウム; 西宮:講演要旨集p.70 (1997)
  • オリゴシアル酸構造を認識する単クローン抗体の開発. 福岡秀幸、佐藤ちひろ、松田幹、越野理香、小林一清、北島 健. 第70回日本生化学会大会; 金沢:生化学69(7) 914 (1997)
  • ブタ脳に存在するオリゴN-アセチルノイラミン酸含有糖タンパク質. 佐藤ちひろ、福岡秀幸、松田幹、井上貞子、井上康男、北島 健 .第70回日本生化学会大会;金沢:生化学69(7) 914 (1997)
1996
  • 哺乳動物におけるKDN-およびpoly-α2,8-KDN含有複合糖質の免疫組織化学的および化学・生化学的同定とその生物学的意義
    井上貞子、北島 健、金森審子、佐藤ちひろ、Marti Ziak、Baoxi Qu、Xulei Zuo、Christian Zuber、Jurgen Roth、井上康男
    第18回糖質シンポジウム;東京: 講演要旨集 p49-50 (1996)
  • 哺乳動物の糖タンパク質におけるα2,8-結合オリゴN-グリコリルノイラミン酸構造の存在証明 佐藤ちひろ、井上貞子、北島 健、Christian Zuber、Jurgen Roth、井上康男. 第69回日本生化学会大会;札幌:生化学 68 (7) 720(1996)
1995
  • ネオポリシアロ糖脂質を用いた抗ポリシアル酸抗体の特異性の解析. 佐藤ちひろ、北島 健、井上貞子、石龍徳、新井康允、井上康男 第17回糖質シンポジウム; 京都: 講演要旨集 (1995)
  • α2,8-結合N-グリコリルノイラミン酸(Neu5Gc)オリゴマー構造を特異的に認識する単クローン抗体の調製と特異性の決定. 佐藤ちひろ、北島 健、井上康男、井上貞子. 第68回日本生化学会大会; 仙台: 生化学 67 (7) 629 (1995)
1994
  • 抗polyNeu5Ac 単クローン抗体(12E3)とα2,8結合シアル酸重合体との結合反応性. 佐藤ちひろ、北島 健、石龍徳、新井康允、井上貞子、井上康男. 第67回日本生化学会大会; 大阪; 生化学 66 (7) 1040 (1994)
1993
  • 合成ポリシアロ糖脂質を用いたポリシアル酸微量検出法の開発. 佐藤ちひろ、北島 健、井上康男、井上貞子. 第66回日本生化学会大会; 東京:生化学 65 (8) 701 (1993)
1992
  • ポリシアロ糖タンパク質における α2,8 結合ポリシアル酸構造の多様性. 佐藤ちひろ、北島 健、田沢一朗、井上康男、井上貞子. 第65回日本生化学会大会; 福岡; 生化学 64 (8) 662 (1992)

名古屋大学大学院 生命農学研究科 応用生命科学専攻

糖鎖生命科学研究室

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

名古屋大学生物機能開発利用研究センター505号室

Lab. Glyco-Life Science

Department of Applied Biosciences, Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University

505, Biosience and Biotechnology Center

Chikusa, Nagoya 464-8601, JAPAN

Copyright © Laboratory of Glyco-Life Science
トップへ戻るボタン