研究室について

私たちの目指す研究

  • 新概念の創出
  • 最先端研究の推進
  • 自由で楽しい研究

私たちの研究室の考え方

  • 研究室は研究と学修の場であり、互いに切磋琢磨、協力しあって、各人の能力を伸ばすことを目指します。「能力・自信」は「思考」「実行」「継続」から生まれます
  • 時間と内容の充実した研究および学修生活を過ごします
  • スタッフ・先輩によって的確かつ親身な指導をします
  • マナーと研究室内での役割遂行を重視します
  • 上下左右の風通しを良くし、楽しく研究します
  • 課外活動は同意の下、自己管理下で遂行してもらいます

私たちの研究室のOB・OGたちのいま

愛知県がんセンター; University of 
California, San Diego (USA);中外製薬;協和メディックス;化学及血清療法研究所;旭硝子; GLYENCE; MBL医学生物学研究所; J-オイルミルズ; ロッテ; ヤマサ醤油; 昭和産業; 太陽化学; 玉埜井酢; 藤本製; JT日本たばこ; アサヒ飲料; 名古屋大学; 岐阜県、など

私たちの研究室の教育以外の役割

◇「先導的研究」の推進

名古屋大学大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 糖鎖生命科学研究室
生物機能開発利用研究センター・連携研究室

◇「大学院教育」の充実(特に、博士課程)

卓越大学院プログラム(CIBoG)・実行委員会メンバー

◇「糖鎖生命科学の研究拠点」の形成

糖鎖科学名古屋拠点・事務局

連絡先

佐藤ちひろ

名古屋大学大学院生命農学研究科
応用生命科学専攻 糖鎖生命科学研究室

名古屋大学生物機能開発利用研究センター
連携研究室

糖鎖科学名古屋拠点事務局

住所:〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学生物機能開発利用研究センター506号室
電話:052-789-4295
FAX: 052-789-5228
E-Mail: chi[at]agr.nagoya-u.ac.jp
※[at]を@に変えて送信してください。

名古屋大学大学院 生命農学研究科 応用生命科学専攻

糖鎖生命科学研究室

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

名古屋大学生物機能開発利用研究センター505号室

Lab. Glyco-Life Science

Department of Applied Biosciences, Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University

505, Biosience and Biotechnology Center

Chikusa, Nagoya 464-8601, JAPAN

Copyright © Laboratory of Glyco-Life Science
トップへ戻るボタン