活動レポート

学会発表

[2017年]

安達広明・石濱伸明・吉岡美樹・鳴坂真理・鳴坂義弘・吉岡博文 (2017) Live-imaging of MAPK activity in plant immune responses. 第58回日本植物生理学会年会,鹿児島

安達広明・石濱伸明・吉岡美樹・鳴坂真理・鳴坂義弘・吉岡博文 (2017) 免疫応答においてMAPK活性を可視化するバイオセンサーの開発,平成28年度日本植物病理学会大会,岩手

Adachi, H., Ishihama, N., Yoshioka, M., Narusaka, M., Narusaka Y., and Yoshioka, H. (2017) FRET biosensor for plant immune MAPK in Nicotiana benthamiana. The XIV Solanaceae and III Cucurbitaceae Genomics Joint Conference, Conference Centre, Valencia

稲田太一・安達広明・吉岡美樹・吉岡博文 (2017) 免疫応答におけるROSセンサータンパク質の関与.平成29年度日本植物病理学会関西部会,大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 堺市

鳴坂義弘・山次康幸・吉岡美樹・吉岡博文・裏地美杉・畑中畑唯史・鳴坂真理(2017) 低分子化合物および未利用資源による植物保護剤の研究開発.平成29年度日本植物病理学会関西部会,大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 堺市

吉岡博文 (2017) 植物免疫に関与するMAPキナーゼによる活性酸素生成機構 第4回新学術領域研究「酸素生物学」公開シンポジウム,九州

[2016年]

安達広明・波多江健太・佐藤昌直・吉岡博文 (2016) MAPKの基質となるWRKY型転写因子の葉緑体ROSバーストへの関与.平成28年度日本植物病理学会大会,岡山コンベンションセンター,岡山

安達広明・佐藤昌直・吉岡博文 (2016) RNA-seq based transcriptome analysis of MAPK-WRKY pathway responsive genes to explore cell death regulatory networks.第57回日本植物生理学会年会,ポスター発表,岩手大学,岩手

安達広明・波多江健太・吉岡美樹・鳴坂真理・鳴坂義弘・吉岡博文 (2016) 免疫応答におけるSIPKの細胞内動態.平成28年度日本植物病理学会関西部会,静岡県コンベンションアーツセンター,静岡

Adachi, H., Nakano, T., Miyagawa, N., Ishihama, N., Yoshioka, M., Katou, Y., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2016) Nicotiana benthamiana MAPK-WRKY pathway regulates effector-triggered ROS burst to confer resistance against Phytophthora infestans. Poster, XVII International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Oregon Convention Center, Portland Travel Award受賞

枝木美樹・北村理人・田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2016) 植物の過敏感反応様細胞死を抑制する青枯病菌アンキリンリピートエフェクターの解析.平成28年度日本植物病理学会関西部会 静岡県コンベンションアーツセンター,静岡

枝木美樹・田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2016) 青枯病菌F-boxタンパク質エフェクターの過剰発現はベンサミアナタバコにおけるMEK2DDが誘導するHR様細胞死を抑制する.平成28年度植物感染生理談話会,ポスター発表,須磨,神戸

波多江健太・安達広明・吉岡美樹・吉岡博文 (2016) 細胞死に及ぼす恒常活性型SIPK細胞内局在の影響.平成28年度日本植物病理学会大会,岡山コンベンションセンター,岡山

新里剛一・北村理人・田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2016) 植物の過敏感反応様細胞死を抑制する青枯病菌アンキリンリピートエフェクターの解析.平成28年度植物感染生理談話会,ポスター発表,須磨,神戸

鳴坂義弘・山次康幸・大原利章・吉岡博文・鳴坂真理 (2016) 環境にやさしい病害防除剤プラントアクティベーターの開発.研究第34回日本植物細胞分子生物学会大会,長野県上田市

高橋来人・千賀紀尚・吉岡美樹・佐藤 豊・新美輝幸・近藤竜彦・吉岡博文 (2016) ニジュウヤホシテントウの経口成分に由来する植物免疫誘導物質の諸性質.平成28年度日本植物病理学会大会,岡山コンベンションセンター,岡山

Yoshioka, M., Yamaguchi, K., Fujiwara, M., Yoshimura, S., Kawasaki, T. and Yoshioka, H. (2016) Phosphorylation of rice RBOH by CERK1-associated RLCK mediates chitin-triggered ROS burst. Poster, XVII International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Oregon Convention Center, Portland

吉岡博文・安達広明 (2016) 葉緑体による活性酸素生成を介した植物免疫機構.「活性酸素が支える生体防御力」第27回日本生体防御学会学術総会,九州大学

Yoshioka, H.(2016) Protein kinases hierarchically regulate a plant immune NADPH oxidase. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, Japan


[2015年]

安達広明・佐藤昌直・吉岡博文 (2015) RNA-seqによるMAPK-WRKY経路下流の免疫応答誘導機構の解析.第56回日本植物生理学会年会,ポスター発表,東京農業大学,東京

安達広明・佐藤昌直・吉岡博文 (2015) RNA-seqによるMAPK-WRKY経路下流の植物免疫関連遺伝子の探索.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

Adachi, H., Ishihama, N., Nakano, T., Miyagawa, N., Yoshioka, M., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2015) Transactivation of NbRBOHB gene via MAPK-WRKY pathway is essential for effector-triggered ROS burst in Nicotiana benthamiana. Oral Presentation, 12th International Conference on Reactive Oxygen and Nitrogen Species in Plants: from model systems to field. Palazzo della Gran Guardia, Verona, Italy

Adachi, H., Ishihama, N., Nakano, T., Miyagawa, N., Yoshioka, M., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2015) MAPK-WRKY pathway mediates effector-triggered ROS burst by transactivation of NbRBOHB in Nicotiana benthamiana. Poster, 11th US-Japan Scientific Seminar, Kagawa, Japan, Travel Award受賞

Adachi, H., Nakano, T., Miyagawa, N., Ishihama, N., Yoshioka, M., Katou, Y., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2015) MAPK-WRKY pathway up-regulates NbRBOHB gene and contributes to effector-triggered ROS burst in Nicotiana benthamiana. Poster, The 4th International Conference on Biotic Plant Interactions. Nanjing, China

安達広明 (2015) 植物免疫におけるMAPK-WRKY経路を介した活性酸素生産機構.第36回日本植物病理学会関西部会 若手の会,徳島県郷土文化会館,徳島

波多江健太・安達広明・吉岡美樹・吉岡博文 (2015) PAMPsに応答したWRKY8転写因子のリン酸化動向.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

佐藤 豊・吉岡博文・新美輝幸 (2015) RNAを用いた新奇害虫防除法の開発,ワークショップ 転写後制御を標的とした次世代創薬プラットフォーム,第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会,神戸ポートアイランド,神戸ポートピアホテル,神戸

高橋来人・千賀紀尚・吉岡美樹・佐藤 豊・新美輝幸・近藤竜彦・吉岡博文 (2015) ニジュウヤホシテントウの経口成分に由来する植物免疫誘導物質の部分精製.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

小田裕太・竹下 稔・吉岡博文・古屋成人・土屋健一 (2015) 混合感染における植物ウイルス間の局部干渉に関する解析.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

吉見隆寿・安達広明・吉岡博文 (2015) VQタンパク質はWRKY8誘導による防御関連遺伝子の発現を亢進する.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

吉岡美樹・山口公志・藤原正幸・吉村智美・川崎 努・吉岡博文 (2015) イネOsRLCK185によるNADPHオキシダーゼのリン酸化活性化機構.平成27年度日本植物病理学会大会,明治大学,東京

Yoshioka, M., Yamaguchi, K., Fujiwara, M., Yoshimura, S., Kawasaki, T. and Yoshioka, H. (2015) RLCK-mediated phosphorylation of the N-terminus of RBOH regulates ROS burst in rice. Poster, 12th International Conference on Reactive Oxygen and Nitrogen Species in Plants: from model systems to field. Palazzo della Gran Guardia, Verona, Italy

Yoshioka, H., Adachi, H., Nakano, T., Miyagawa, N., Asai, S., Ishihama, N. and Yoshioka, M. (2015) Protein kinase-mediated regulation of NADPH oxidase in plant immunity. 11th US-Japan Scientific Seminar, Kagawa, Japan 

吉岡博文 (2015) 植物免疫に関わるNADPH oxidaseの活性化機構,ワークショップ NADPH oxidaseによる活性酸素種の積極的生成と動物・植物・菌類の高次生命機能,第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会,神戸ポートピアホテル,神戸ポートアイランド,神戸

[2014年]

安達広明・石濱伸明・中野孝明・宮川典子・吉岡美樹・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2014) MAPK-WRKY経路によるNbRBOHB 遺伝子の転写活性化は抵抗性遺伝子を介したROS生産に必要である.平成26年度植物感染生理談話会,ポスター発表,鷹泉閣 岩松旅館,仙台市,ポスター賞受賞

Adachi, H., Ishihama, N., Nakano, T., Miyagawa, N., Yoshioka, M., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2014) Multiple WRKY transcription factors are involved in activation of NbRBOHB promoter after effector recognition. 第55回日本植物生理学会年会,富山大学,富山市

安達広明・石濱伸明・中野孝明・宮川典子・吉岡美樹・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2014) MAPK-WRKY経路は抵抗性遺伝子に依存したNbRBOHB の転写活性化に関与する.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市, 学生優秀発表賞受賞

Adachi, H., Ishihama, N., Nakano, T., Miyagawa, N., Yoshioka, M., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2014) Transactivation mechanism of NbRBOHB gene via MAPK-WRKY pathway in Nicotiana benthamiana. Poster, XVI International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Rhodes Palace Hotel, Greece

Fujii, T., Mase, K., Asai, S., Yoshioka, M., Kodama, M and Yoshioka, H. (2014) MAPK-mediated chloroplast burst is required for phytotoxin-triggered programmed cell death. Poster, XVI International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Rhodes Palace Hotel, Greece

波多江健太・安達広明・吉岡美樹・吉岡博文 (2014) 植物の免疫応答に関与するMAPキナーゼの恒常活性型変異体の作出.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

Sato, M., Taguchi, Y., Yoshioka, Y., Akimitsu, K. and Ichimura, K. (2014) Identification of novel Ralstonia solanacearum GMI1000 effector which suppress HR-like cell death induced by MEK2DD. 第55回日本植物生理学会年会,ポスター発表,富山大学,富山市 

佐藤幹也・田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2014) MEK2DD 誘導性HR様細胞死を抑制する Ralstonia solanacearum エフェクターclone10の解析.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

白石佑太郎・吉岡美樹・安達広明・山口公志・川崎 努・吉岡博文 (2014) CDPK および RLCKがNADPHオキシダーゼを介したROSバーストを制御する.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

Shiraishi, Y., Yoshioka, M., Adachi, H. and Yoshioka, H. (2014) Multiple CDPKs regulate ETI-ROS burst by NADPH oxidase. Poster, XVI International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Rhodes Palace Hotel, Greece 

田口義人・吉岡博文・田中信和・秋光和也・市村和也 (2014) MEK2-SIPK,WIPK 経路を抑制する青枯病菌エフェクターの解析.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

高橋来人・千賀紀尚・吉岡美樹・佐藤 豊・新美輝幸・吉岡博文 (2014) ニジュウヤホシテントウの食害葉抽出液はペルオキシダーゼに依存したROSバーストを誘導する.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

吉岡博文 (2014) 植物免疫におけるラジカル生産制御とその役割.第14回日本NO学会学術集会,ホテルニューオータニ佐賀,佐賀市

吉岡博文 (2014) ナス科植物の免疫応答における活性酸素の生成機構.11回日本ナス科コンソシアム年会,名古屋大学 坂田・平田ホール,名古屋

吉岡美樹・安達郁子・道家紀志・近藤竜彦・吉岡博文 (2014) ジャガイモのセスキテルペノイドは疫病菌および夏疫病菌の侵入前抵抗性に寄与する.平成26年度日本植物病理学会大会,札幌コンベンションセンター,札幌市

Yoshioka, M., Adachi, A., Doke, N., Kondo, T. and Yoshioka, H. (2014) Involvement of sesquiterpenoids in preinvasive resistance to potato blight pathogens in the leaves. Oral Presentation, XVI International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Rhodes Palace Hotel, Greece 


[2013年]

安達広明・石濱伸明・吉岡美樹・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2013) WRKY型転写因子が病害応答性MAPKに依存したROS生産に関与する.第54回日本植物生理学会年会,岡山大学,岡山市

安達広明・石濱伸明・吉岡美樹・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2013) WRKY型転写因子は病害応答性MAPKの下流で誘導されるROS生産の重要な制御因子である.平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

Adachi, H., Ishihama, N., Yoshioka, M., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2013) WRKY transcription factor is a key regulator of MAPK-dependent ROS burst and HR-like cell death in Nicotianabenthamiana. Keystone Symposia "Plant Immunity: Pathways and Translation". Poster Presentation, Big Sky, Montana, USA

安達広明・石濱伸明・中野孝明・宮川典子・吉岡美樹・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2013) 複数のWRKY型転写因子が病害応答性MAPKの下流でNbRBOHB遺伝子の転写制御に関与する.平成25年度植物感染生理談話会,ポスター発表,北陸粟津温泉 法師,石川県 ポスター賞受賞

安達広明・石濱伸明・中野孝明・宮川典子・吉岡美樹・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2013) 複数のWRKY型転写因子は抵抗性遺伝子に依存した活性酸素生産に関与する.平成25年度日本植物病理学会関西部会,岡山大学創立50周年記念館,岡山

浅井秀太・市川達士・野村裕也・小林光智衣・上吉原裕介・森 仁志・門田康弘・Zipfel, C.・Jones J.D.G.・吉岡博文 (2013) StCDPK5のVドメインは細胞内局在およびNADPHオキシダーゼの認識・活性化に寄与する.平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

Gupta. M., Yoshioka, H., Ohnishi, K., Mizumoto, H., Hikichi,Y. and Kiba, A. (2013) Involvement of the translationally controlled tumor protein gene in negative regulation of hypersensitive response in Nicotiana benthamiana. 平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

中野孝明・安達広明・宮川典子・吉岡美樹・石濱伸明・吉岡博文 (2013) ベンサミアナタバコのNADPHオキシダーゼであるNbRBOHBのプロモーター調節にはWRKY型転写因子が関与する.平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

佐藤幹也・田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2013) 構成的活性化型MEK2DDによるHR様細胞死を抑制する青枯病菌エフェクターの選抜.ポスター発表,平成25年度日本植物病理学会関西部会,岡山大学創立50周年記念館,岡山

千賀紀尚・佐藤 豊・新美輝幸・吉岡博文 (2013) ペルオキシダーゼがニジュウヤホシテントウにより誘導されるROSバーストおよび植物免疫応答に関与する.平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

白石佑太郎・吉岡美樹・安達広明・吉岡博文 (2013) リン酸化修飾によるNADPHオキシダーゼの活性化には複数のCDPKが関与する.平成25年度日本植物病理学会関西部会,岡山大学創立50周年記念館,岡山

田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2013) MEK2によるHR様細胞死を抑制する青枯病菌エフェクターの探索.平成25年度日本植物病理学会大会,岐阜大学,岐阜市

田口義人・吉岡博文・秋光和也・市村和也 (2013) 過敏感反応様細胞死を抑制する青枯病菌エフェクターの同定.第54回日本植物生理学会年会,岡山大学,岡山市

田口義人・吉岡博文・田中伸和・秋光和也・市村和也 (2013) HR様細胞死を抑制する青枯病菌エフェクターの機能解析.平成25年度日本植物病理学会関西部会,岡山大学創立50周年記念館,岡山

吉岡美樹・白石佑太郎・山口公志・川崎 努・吉岡博文 (2013) イネのOsRLCK185はNADPHオキシダーゼであるOsRBOHIを介して活性酸素生成を誘導する.平成25年度日本植物病理学会関西部会,岡山大学創立50周年記念館,岡山

吉岡博文 (2013) 植物免疫における活性酸素生産の分子機構.第3回生体分子研究会,名古屋工業大学,名古屋市

Yoshioka, H., Asai, S., Nomura, H., Kobayashi, H., Nakano, H., Adachi, H., Ishihama, N. and Yoshioka, M. (2013) Protein phosphorylation confers ROS burst via NADPH oxidase. Keystone Symposia "Plant Immunity: Pathways and Translation". Oral Presentation, Big Sky, Montana, USA

吉岡博文・安達広明・白石佑太郎・中野孝明・宮川典子・浅井秀太・川崎 努・吉岡美樹 (2013) リン酸化による植物NADPHオキシダーゼの制御機構.第24回日本生体防御学会学術総会,くまもと森都心プラザ,熊本市

吉岡博文・安達広明・石濱伸明・中野孝明・白石佑太郎・宮川典子・野村裕也・吉岡美樹・浅井秀太 (2013) タンパク質のリン酸化によるROSバーストの分子機構.平成25年度植物感染生理談話会,口頭発表,北陸粟津温泉 法師,石川県

[2012年]

安達広明・石濱伸明・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2012) 病害応答性MAPKに依存した細胞死を制御する新規WRKY型転写因子の単離.第53回日本植物生理学会.京都産業大学,京都

安達広明・石濱伸明・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2012) 新規WRKY型転写因子のMAPKに依存した細胞死誘導への関与.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

安達広明・石濱伸明・加藤有里・八丈野孝・白須 賢・吉岡博文 (2012) 病害応答性MAPKの下流で複数のWRKY型転写因子が防御応答の制御に関与する.平成24年度日本植物病理学会関西部会,とりぎん文化会館,鳥取

Adachi, H., Ishihama, N., Yoshioka, M., Katou, Y., Yaeno, T., Shirasu, K. and Yoshioka, H. (2012) Post-translational modification of WRKY transcription factors by MAPKs induces HR-like cell death. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

藤井孝行・間瀬圭介・浅井秀太・吉岡美樹・野村裕也・児玉基一朗・吉岡博文 (2012) 葉緑体におけるH2O2はAAL毒素による細胞死に関与する.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

Ishihama, N., Adachi, H., Yamada, R., Katou, S., Yoshioka, M. and Yoshioka, H. (2012) Phosphorylation of Nicotiana benthamiana WRKY8 transcription factor by MAPK functions in the defense response.Poster, 2nd Korea-Japan Joint Symposium,Fukuoka International Congress Center,Fukuoka

Ishihama, N., Adachi, H., Yamada, R., Katou, Y., Yoshiok, M. and Yoshioka, H. (2012) Phosphorylation of Nicotiana benthamiana WRKY8 transcription factor by MAPK functions in the defense response. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Kiba, A., Ohnishi, K., Yoshioka, H. and Hikichi, Y. (2012) A novel Sec14 phospholipid transfer protein regulates plant immunity. XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Mase, K., Mizuno, T., Ishihama, N., Fujii, T., Mori, H., Kodama, M. and Yoshioka, H. (2012) Ethylene signaling pathway and MAPK cascades are required for AAL-toxin-induced programmed cell death.Poster, 2nd Korea-Japan Joint Symposium,Fukuoka International Congress Center,Fukuoka

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・上中弘典・児玉基一朗・吉岡博文 (2012) AP2/ERF型転写因子であるAtMACD1は毒素細胞死に関与する.ポスター発表,第53回日本植物生理学会,京都産業大学,京都

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・高橋英樹・上中弘典・児玉基一朗・吉岡博文 (2012) 毒素細胞死に関与するAP2/ERF型転写因子であるAtMACD1の機能解析.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・高橋英樹・上中弘典・児玉基一朗・吉岡博文 (2012) 毒素細胞死に関与するAP2/ERF型転写因子であるAtMACD1に制御される遺伝子の探索.平成24年度植物感染生理談話会,ポスター発表,休暇村近江八幡,滋賀県 ポスター賞受賞

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・高橋英樹・上中弘典・児玉基一朗・吉岡博文 (2012) 植物のプログラム細胞死に関与するAP2/ERF型転写因子であるAtMACD1に制御される遺伝子の探索.平成24年度日本植物病理学会関西部会,とりぎん文化会館,鳥取

Mase, K., Ishihama, N., Mori, H., Takahashi, H., Kaminaka, H., Kodama, M. and Yoshioka, H. (2012) Ethylene responsive AP2/ERF transcription factor MACD1 participates in phytotoxin-triggered programmed cell death. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

中野孝明・宮川典子・吉岡美樹・石濱伸明・吉岡博文 (2012) べンサミアナタバコの NADPHオキシダーゼであるNbRBOHBのプロモーター調節にはW-boxが関与する.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

Nakano, T., Miyagawa, N., Yoshioka, M., Ishihama, N. and Yoshioka, H. (2012) MAPK cascades control NbRBOHB promoter activity in Nicotiana benthamiana. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Nomura, H., Fujiwara, M., Fukao, Y., Shiina, T. and Yoshioka, H. (2012) Analysis of proteins regulated by CAS that is involved in radical production in chloroplasts.Poster, 2nd Korea-Japan Joint Symposium,Fukuoka International Congress Center,Fukuoka

野村裕也・藤原正幸・深尾陽一朗・椎名 隆・吉岡博文 (2012) 植物免疫における葉緑体ラジカル制御タンパク質CASの下流で働く因子の単離と解析.ポスター発表,第53回日本植物生理学会.京都産業大学,京都

Nomura, H., Shimotani, K., Nakai, K., Furuichi, T., Sano, S., Fukusaki, E., Yoshioka, H., Nakahira, Y. and Shiina, T. (2012) Chloroplast-mediated plant innate immunity through chloroplast Ca2+ sensor protein CAS. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

千賀紀尚・佐藤 豊・新美輝幸・吉岡博文 (2012) MAPキナーゼを介したシグナル伝達はニジュウヤホシテントウに対する植物免疫応答に関与する.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

Senga, N., Sato, Y., Niimi, T. and Yoshioka, H. (2012) Involvement of MAP kinase cascade and NO in plant immune response to Henosepilachna vigintioctopunctata. XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Taguchi, Y., Yoshioka, H., Akimitsu, K. and Ichimura, K. (2012) Screening of Ralstonia solanacearum effectors suppressing host immune responses. Poster, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

田口義人・吉岡博文・五味剣二・秋光和也・市村和也(2012)植物免疫を抑制する青枯病菌エフェクターの選抜.平成24年度日本植物病理学会関西部会,とりぎん文化会館,鳥取

山口公志・石川和也・山田健太・石濱信明・濱田 聡・津下誠治・島本 功・吉岡博文・川崎 努 (2012) 病原菌エフェクターの標的であるOsRLCKを介したキチンシグナル伝達機構の解明.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

山口公志・石川和也・山田健太・石濱信明・濱田 聡・津下誠治・吉岡博文・島本 功・川崎 努 (2012) 病原菌エフェクターの標的であるOsRLCKを介したキチンシグナル伝達機構の解明.第53回日本植物生理学会.京都産業大学,京都

Yamaguchi, K., Yamada, K., Ishikawa, K., Kishi-Kaboshi, M., Takahashi, A., Tsuge, S., Ichimura, K., Yoshioka, H., Shimamoto, K. and Kawasaki, T. (2012) OsRLCK2 targeted by Xanthomonas Xoo1488 effector regulates MAP kinase cascade activated by OsCERK1-mediated recognition of chitin in rice. Oral presentation, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Yoshioka, M., Ishihama, N., Kanehara, Y., Yoshitaka, T. and Yoshioka, H. (2012) Analysis of transgenic potato plants expressing WRKY8transcription factor.Poster, 2nd Korea-Japan Joint Symposium,Fukuoka International Congress Center,Fukuoka

吉岡美樹・石濱伸明・金原佳子・高野義孝・吉岡博文 (2012) 病害応答性MAPKの基質であるWRKY型転写因子を利用した耐病性ジャガイモの作出.第53回日本植物生理学会年会,京都産業大学,京都

吉岡美樹・石濱伸明・金原佳子・高野義孝・吉岡博文 (2012) WRKY型転写因子を利用した耐病性形質転換ジャガイモの作出.平成24年度日本植物病理学会大会,福岡国際会議場,福岡

Yoshioka, M., Ishihama, N., Kanehara, Y., Adachi, H., Takano, Y. and Yoshioka, H. (2012) Transgenic potato plants expressing WRKY8 transcription factor show resistance to potato blight pathogens. Oral presentation, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

吉岡美樹・石濱伸明・金原佳子・安達広明・吉岡博文 (2012) WRKY8型転写因子を導入した組換えジャガイモは疫病菌および夏疫病菌に抵抗性を示す.平成24年度日本植物病理学会関西部会,とりぎん文化会館,鳥取

Yoshioka, H. (2012) Molecular mechanisms for generation of NO and ROS in plant immunity. Oral presentation, XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto International Conference Center, Kyoto

Yoshioka, H. (2012) Plant immunity. Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama.The 50th Anniversary Hall, Okayama University, Okayama


[2011年]

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2011) WRKY8 のMAPKによるリン酸化には D domain依存的な相互作用が必要である.第52回日本植物生理学会年会,要旨発表,東北大学,仙台市

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2011) D domain 依存的な直接の相互作用が WRKY8 の MAPK によるリン酸化には必要である.23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2011) 病害応答性MAPKによるWRKY型転写因子のリン酸化にDドメインが関与する.23年度日本植物病理学会関西部会,サンポートホール高松,香川

石濱伸明・山田麗子・吉岡美樹・加藤新平・吉岡博文 (2011) MAPKによるWRKY型転写因子のリン酸化が防御応答の誘導に関与する.第21回植物微生物研究交流会,岡山大学創立五十周年記念館,岡山

石濱伸明 (2011) 植物の病害抵抗性におけるMAPKカスケードの役割.第21回植物微生物研究交流会 第5回若手の会,岡山大学創立五十周年記念館,岡山

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) Fumonisin B1によるプログラム細胞死にはエチレンシグナル経路が関与する.第52回日本植物生理学会年会,要旨発表,東北大学,仙台市

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) エチレンシグナル経路はFumonisin B1によるプログラム細胞死に関与する.23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

間瀬圭介・石濱伸明・森 仁志・上中弘典・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) Fumonisin B1毒素細胞死に関与するAtMACD1によって制御される遺伝子の探索.23年度日本植物病理学会関西部会,サンポートホール高松,香川

間瀬圭介 (2011) AAL毒素細胞死におけるMAPKカスケードおよびエチレンシグナルの解析.23年度日本植物病理学会関西部会 若手の会,サンポートホール高松,香川

間瀬圭介・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) AAL毒素細胞死による細胞死におけるMAPKカスケードとエチレンの役割.第21回植物微生物研究交流会,岡山大学創立五十周年記念館,岡山ポスター賞受賞

野村裕也・藤原正幸・深尾陽一朗・椎名 隆・吉岡博文 (2011) 植物免疫におけるラジカルバーストに関わるタンパク質の機能解析.第52回日本植物生理学会年会,要旨発表,東北大学,仙台市

野村裕也・藤原正幸・深尾陽一朗・椎名 隆・吉岡博文 (2011) 植物免疫におけるラジカルバースト制御タンパク質のプロテオーム解析.平成22年度日本植物病理学会大会,23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

野村裕也・藤原正幸・深尾陽一朗・椎名 隆・吉岡博文 (2011) 植物免疫における葉緑体ラジカル生産に関わるタンパク質のプロテオーム解析.第21回植物微生物研究交流会,岡山大学創立五十周年記念館,岡山

橋本良平・野村裕也・浅井秀太・久保康之・吉岡博文 (2011) MAPKカスケードに依存した一酸化窒素合成に関与する因子の探索.23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

藤井孝行・間瀬圭介・浅井秀太・吉岡美樹・野村裕也・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) グルタチオンペルオキシダーゼNuGPX1はAAL毒素による細胞死に関与する.23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

藤井孝行・間瀬圭介・浅井秀太・吉岡美樹・野村裕也・児玉基一朗・吉岡博文 (2011) グルタチオンペルオキシダーゼNuGPX1はAAL毒素による細胞死に関与する.23年度日本植物病理学会関西部会,サンポートホール高松,香川

山口公志・石川和也・石濱信明・古谷綾子・落合弘和・津下誠治・島本 功・吉岡博文・川崎 努 (2011) 白葉枯病菌エフェクターの新奇標的因子OsRLCKの解析.23年度日本植物病理学会関西部会,サンポートホール高松,香川

吉岡美樹・水上優子・小八重善裕・石濱伸明・吉岡博文 (2011) ツマグロヨコバイのイネ抵抗性誘導因子の探索.第52回日本植物生理学会年会,要旨発表,東北大学,仙台市

吉岡美樹・水上優子・小八重善裕・石濱伸明・吉岡博文 (2011) ツマグロロヨコバイからの抵抗性誘導因子の探索.23年度日本植物病理学会大会,要旨発表,東京農工大,東京

吉岡博文 (2011) 植物免疫応答におけるMAPキナーゼの役割.第3回植物ストレス科学研究シンポジウム並びに第27回資源植物科学シンポジウム,倉敷市芸分館ホール,倉敷

吉岡博文 (2011) 植物免疫におけるMAPキナーゼカスケードの役割.シンポジウム「動植物における病原体認識と防御」第84回日本生化学会大会,国立京都国際会館,京都

Yoshioka, H., Yamada, R., Yoshioka, M. and Ishihama, N. (2011) Phosphorylation of WRKY transcription factor by MAPK and its role in plant immunity. SOL & ICuGI 2011, 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference, Kobe Convention Center, Kobe

 
 
[2010年]

有村源一郎・Nagamangala Kanchiswamy, C.・高橋宏隆・Maffei, M.E.・石濱伸明・吉岡博文・高林純示・澤崎達也 (2010) 植物の環境適応・被食防衛に応答するカルシウム依存リン酸化制御機構.第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

Asai, S., Mase, K. and Yoshioka, H. (2010) Riboflavin synthesis participates in regulation of nitric oxide and reactive oxygen species production. Genome-Enabled Integration of Research in Plant Pathogen Systems. Poster, 10th US-Japan seminar, Oregon, USA 

浅井秀太・市川達士・小林光智衣・上吉原裕介・森 仁志・吉岡博文 (2010) StRBOHB の活性化には StCDPK5 の variable ドメインおよび kinase ドメインが重要である.第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

浅井秀太・刀祢千代里・中島和美・中根栄一・ 道家紀志・吉岡博文 (2010) G6PDH は INF1 により誘導されるオキシダティブバーストおよび過敏感細胞死に関与する.平成22年度日本植物病理学会大会,国立京都国際会館,京都市

石濱伸明・吉岡博文 (2010) MAPK によりリン酸化される WRKY 型転写因子が植物免疫応答の誘導に関与する.ポスター発表,第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2010) MAPK による WRKY 型転写因子のリン酸化が植物免疫応答の誘導に関与する.平成22年度日本植物病理学会大会,国立京都国際会館,京都市

石濱伸明・山田麗子・吉岡美樹・加藤新平・吉岡博文 (2010) MAPKによるNbWRKY8のリン酸化が植物免疫応答の誘導に関与する.平成22年度植物感染生理談話会.ポスター発表,国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県

江草真由美・吉岡博文・尾谷 浩・児玉基一朗 (2010) 細胞死誘導型エリシターおよび毒素のAlternaria alternata感染に与える影響.平成22年度日本植物病理学会関西部会,福井市

木場章範・大西浩平・吉岡博文・曵地康史 (2010) リン脂質代謝系は Niccotiana 植物の防御応答の制御に関与する.第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

Kiba, A., Ohnishi, K., Yoshioka, H. and Hikichi, Y. (2010) A sec14P phospholipids transfer protein regulates plant immunity in Nicotianaplants in response to phytopathogenic bacteria. 1st Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation. Miyazaki, Japan

木場章範・中野真人・伊藤 慎・Maimbo, M.・大西浩平・吉岡博文・水本祐之・曵地康史 (2010) 病害抵抗性・感受性決定に関わる植物の感染応答機構.平成22年度植物感染生理談話会.国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2010) AAL 毒素による細胞死に関与する NuERF4 に制御される因子の同定.ポスター発表,第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2010) AAL 毒素による細胞死に関与する AP2/ERF 転写因子である NuERF4 に制御される遺伝子の単離.平成22年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,国立京都国際会館,京都市 

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2010) 植物病原毒素であるAAL毒素によるプログラム細胞死に関与するNuERF4が制御する因子の単離.平成22年度植物感染生理談話会.ポスター発表,国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県

Mase, K., Ishihama, N., Mizuno, T., Mori, H., Kodama, M. and Yoshioka, H. (2010) Hunting for the targets of ethylene response factor involved in phytotoxin-induced plant programmed cell death. Poster, 1st Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation. Miyazaki, Japan

間瀬圭介・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2010) AAL毒素による細胞死におけるSIPKとWIPKの役割.平成22年度日本植物病理学会関西部会,福井市

野村裕也・植村周平・間瀬圭介・中平洋一・吉岡博文・椎名 隆 (2010) 植物の免疫応答における葉緑体タンパク質 CAS の関与について.ポスター発表,第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

野村裕也・植村周平・間瀬圭介・中平洋一・吉岡博文・椎名 隆 (2010) 植物免疫応答における葉緑体タンパク質 CAS の関与.ポスター発表,平成22年度日本植物病理学会大会,国立京都国際会館,京都市

野村裕也・植村周平・間瀬圭介・中平洋一・吉岡博文・椎名 隆 (2010) 植物免疫における葉緑体タンパク質CASの役割について.平成22年度植物感染生理談話会.ポスター発表,国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県

藤井孝行・間瀬圭介・浅井秀太・吉岡美樹・野村裕也・児玉基一朗・吉岡博文 (2010) AAL毒素が誘導するプログラム細胞死に関与する因子の探索.平成22年度植物感染生理談話会.ポスター発表,国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県

吉野香絵・杉本芙美枝・吉岡博文・奥野哲郎・高野義孝 (2010) ウリ類炭疽病菌の分泌タンパク質 Nis1 により誘導される Nicotiana benthamiana の細胞死に関する研究.平成22年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,国立京都国際会館,京都市 

吉岡美樹・安達郁子・道家紀志・吉岡博文 (2010) RNAi によるジャガイモファイトアレキシン合成遺伝子の機能解析.平成22年度日本植物病理学会大会,国立京都国際会館,京都市

吉岡美樹・安達郁子・吉岡博文 (2010) RNAiによるジャガイモファイトアレキシン合成遺伝子の機能解析.第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

Yoshioka, H. (2010) Regulation of NADPH oxidase-mediated ROS generation and role in plant immunity. 第51回日本植物生理学会年会,熊本大学,熊本市

Yoshioka, H., Asai, S., Yoshioka, M., Kobayashi, M. and Doke, N. (2010) Nitric oxide and reactive oxygen species in plant defense responses. Genome-Enabled Integration of Research in Plant Pathogen Systems.10th US-Japan seminar, Oregon, USA 

Yoshioka, H., Mase, K., Yoshioka, M., Kobayashi, M. and Asai, S. (2010) Regulatory mechanisms of NO and ROS generation and role in plant immunity. 6th International Conference on the Biology, Chemistly, and Therapeutic Application of Nitric Oxide. Kyoto

吉岡博文 (2010) 植物免疫応答における活性酸素・窒素の生成制御機構.第158回生存圏シンポジウム,京都大学宇治おうばくプラザ,京都市

[2009年]

浅井秀太・市川達士・小林光智衣・上吉原裕介・森 仁志・吉岡博文 (2009) StCDPK5のvaluableドメインおよびkinaseドメインがStRBOHBの活性化に重要である.平成21年度日本植物病理学会関西部会,神戸市

浅井秀太・小林光智衣・吉岡美樹・吉岡博文 (2009) 活性酸素および活性窒素の生成機構および病害抵抗性における役割について.植物微生物研究会第19回研究交流会,あがたの森文化会館,松本市

Asai, S., Mase K. and Yoshioka H. (2009) Riboflavin synthesis participates in plant immune responses in Nicotiana benthamiana. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

浅井秀太・間瀬圭介・吉岡博文 (2009) リボフラビン合成は植物免疫応答に関与する.第50回日本植物生理学会年会,名古屋大学,名古屋市

浅井秀太・吉岡博文 (2009) 灰色かび病菌抵抗性におけるNOバーストとオキシダティブバーストの役割.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

市川達士・石濱伸明・上吉原裕亮・森 仁志・吉岡博文 (2009) StCDPK5のStRBOHBに対する認識機構について.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

Ishihama, N., Yamada, R. and Yoshioka, H. (2009) MAPKs phosphorylate WRKY8 and induce defense-related genes in Nicotiana benthamiana. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2009) MAPKの基質であるWRKY8は植物の防御応答に関与する.第50回日本植物生理学会年会,名古屋大学,名古屋市

石濱伸明・山田麗子・吉岡博文 (2009) MAPKの基質であるNbWRKY8はHMGR2の発現を正に制御する.平成21年度日本植物病理学会関西部会,神戸市

石濱伸明・吉岡博文 (2009) WRKY8はMAPKによりリン酸化され活性化状態になる.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

Khanam N.N., Narusaka, Y., Yoshioka, H., Toyoda, K. and Shiraishi, T. (2009) Determinant of pathogenicity of Botrytis cinerea (2): The role of toxic and infection-inducing compound(s) from sporegermination fluid (SGF) of Botrytis cinerea. 平成21年度日本植物病理学会大会,山形県生涯学習センター,山形市

Kiba, A., Maimbo, M., Ohnishi, K., Yoshioka, H. and Hikichi, Y. (2009) Induction of S glycoprotein-like protein and its participation in defense responses in Nicotiana plants against Ralstonia solanacearum. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

木場章範・高橋宏隆・澤崎達也・大西浩平・吉岡博文・曵地康史 (2009) Sec14Pはリン脂質代謝を介してNicotiana植物の防御応答を制御する.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

Maimbo Milimo・大西浩平・吉岡博文・曵地康史・木場章範 (2009) S糖タンパク質様タンパクは青枯病菌感染に対する防御応答に関与する.第50回日本植物生理学会年会,名古屋大学,名古屋市

Mase, K., Ishihama, N., Mizuno, T., Mori, H., Kodama, M. and Yoshioka, H. (2009) Ethylene Response Factor is required for AAL-toxin-induced programmed cell death. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2009) NuERF4はAAL毒素に誘導される細胞死および茎枯病菌による病徴を促進する.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2009) NuERF4はAAL毒素に誘導される細胞死を促進する.第50回日本植物生理学会年会,名古屋大学,名古屋市

宮川典子・吉岡美樹・吉岡博文 (2009) ジャガイモのNADPHオキシダーゼであるStRBOHCおよびStRBOHDのプロモーター解析.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

野村裕也・小森禎子・植村周平・吉岡美樹・吉岡博文・中平洋一・椎名 隆 (2009) 病害・ストレス応答における葉緑体タンパク質CASの役割.第50回日本植物生理学会年会,名古屋大学,名古屋市

Tanaka, S., Ishihama, N., Yoshioka, H., Tsuji, G., Tsuge, S. and Kubo, Y. (2009) Fungal cell surface PAMPs trigger plant basal resistance through activation of mitogen-activated protein kinase pathway. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

田中茂幸・石濱伸明・吉岡博文・辻 元人・津下誠治・久保康之 (2009) ウリ類炭疽病菌cossd1破壊株胞子の注入処理に対するベンサミアーナタバコSIPK/WIPK活性の評価.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

山田麗子・石濱伸明・吉岡博文 (2009) WRKY8 と MAPK の分子間相互作用に関する研究.平成21年度日本植物病理学会大会,ポスター発表,山形県生涯学習センター,山形市

Yoshioka, M., Kobayashi, M., Asai, S. and Yoshioka, H. (2009) Transgenic potato plants expressing constitutively active StCDPK5 show late blight resistance, but early blight susceptibility. XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Quebec, Canada

吉岡美樹・中川留美・桐谷博子・小八重善裕・水上優子・辻 孝子・浅見逸夫・吉岡博文 (2009) イネツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子産物Grh3と相互作用するタンパク質の機能解析.平成21年度日本植物病理学会関西部会,神戸市

吉岡博文 (2009) 活性酸素・活性窒素の生成機構と細胞死における役割.第13回植物バイテクシンポジウム「植物の細胞死-その動態と要因」京都府立大学

Yoshioka H. (2009) Molecular mechanisms of generation for nitric oxide and reactive oxygen species, and role of the radical burst in plant immunity. The 21st Annual Meeting of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology “RNA Biology and Disease”, COEX, Seoul, Korea

[2008年]

Asai, S. and Yoshioka, H. (2008) MAPK signaling regulates nitric oxide and NADPH oxidase-mediated reactive oxygen species generation. 2nd International Plant NO Club Workshop. p.8.(Abstr.) Dijon, France

浅井秀太・吉岡博文 (2008) MAPKカスケードはNOA1を介したNOバーストとNADPHオキシダーゼを介したオキシダティブバーストを制御する.第49回日本植物生理学会年会,口頭発表,No.372,札幌コンベンションセンター,札幌

浅井秀太・間瀬圭介・吉岡博文 (2008) リボフラビン合成は植物免疫応答に関与する.平成20年度日本植物病理学会大会,くにびきメッセ,松江市 学生優秀発表賞受賞

浅井秀太・間瀬圭介・吉岡博文 (2008) リボフラビン合成は植物免疫応答に関与する.平成20年度植物感染生理談話会.ポスター発表,P-11 (講要),やみぞ,茨城県 ポスター賞受賞

浅井秀太・吉岡博文 (2008) 殺生菌抵抗性におけるラジカルバーストの役割.平成20年度日本植物病理学会関西部会,和歌山市

石濱伸明・吉岡博文 (2008) MAPK の基質であるNbWRKY4 は植物の免疫応答に関与する.第49回日本植物生理学会年会,ポスター発表,No.927,札幌コンベンションセンター,札幌

石濱伸明・吉岡博文 (2008) PPS8/StWRKY4のリン酸化による機能制御.平成20年度日本植物病理学会大会,くにびきメッセ,松江市

石濱伸明・吉岡博文 (2008) MAPKの基質であるWRKY型転写因子は植物の防御応答に関与する.平成20年度植物感染生理談話会.ポスター発表,P-12 (講要),やみぞ,茨城県

石濱伸明・吉岡博文 (2008) StWRKY8はMAPKによりリン酸化され活性化する.平成20年度日本植物病理学会関西部会,和歌山市

木場章範・Maimbo, M.・吉岡博文・大西浩平・曵地康史 (2008) 低分子熱ショックタンパク質は青枯病菌感染に対する防御応答に関与する.第18回研究交流会,植物微生物研究会,No.13,奈良女子大学,奈良

小森大輔・大西浩平・曵地康史・吉岡博文・木場章範 (2008) 青枯病菌感染に対する防御応答におけるアスパラギンリッチタンパク質の関与.第49回日本植物生理学会年会,ポスター発表,No.959,札幌コンベンションセンター,札幌

小森大輔・大西浩平・曵地康史・吉岡博文・木場章範 (2008) タバコ植物の青枯病菌感染応答におけるアスパラギンリッチタンパク質の関与.第18回研究交流会,植物微生物研究会,No.14,奈良女子大学,奈良

Maimbo, M.・大西浩平・吉岡博文・曵地康史・木場章範 (2008) 低分子熱ショックタンパク質は青枯病菌感染に対する生体防御に関与する.第49回日本植物生理学会年会,ポスター発表,No.960,札幌コンベンションセンター,札幌

間瀬圭介・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2008) AAL毒素が誘導するプログラム細胞死にはエチレンのシグナル経路が必要である.第49回日本植物生理学会年会,口頭発表,No.281,札幌コンベンションセンター,札幌

間瀬圭介・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2008) AAL毒素による細胞死に関与するERFの単離.平成20年度日本植物病理学会大会,くにびきメッセ,松江市

間瀬圭介・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2008) AAL毒素による細胞死にERFが関与する.平成20年度植物感染生理談話会.ポスター発表,P-02 (講要),やみぞ,茨城県

間瀬圭介・石濱伸明・水野貴仁・森 仁志・児玉基一朗・吉岡博文 (2008) NuERF4はAAL毒素に誘導される細胞死を促進する.平成20年度日本植物病理学会関西部会,和歌山市

宮川典子・吉岡美樹・吉岡博文 (2008) ジャガイモNADPHオキシダーゼであるStRBOHDのプロモーター解析.平成20年度日本植物病理学会関西部会,和歌山市

田中茂幸・石濱伸明・吉岡博文・辻 元人・津下誠治・久保康之 (2008) ベンサミアーナタバコにおけるウリ類炭疽病菌classd1破壊株の感染抑制にはSIPK/WIPKの活性化が関与する.平成20年度日本植物病理学会大会,くにびきメッセ,松江市

山田麗子・石濱伸明・浅井秀太・吉岡博文 (2008) MAPKの基質であるPPSにより制御される防御応答機構の解析.平成20年度日本植物病理学会関西部会,和歌山市

吉岡美樹・小林光智衣・浅井秀太・吉岡博文 (2008) 恒常活性型CDPKを導入したジャガイモ植物は疫病菌に耐性を示すが夏疫病菌には感受性を示す.平成20年度日本植物病理学会大会,くにびきメッセ,松江市

Yoshioka, H. (2008) Molecular Mechanisms of the Radical Burst in Plant Immunity. "Plant Neurobiology 2008", 4th International Symposium on Plant Neurobiology, Fukuoka, Japan

吉岡博文・浅井秀太・市川達士・吉岡美樹・小林光智衣 (2008) 植物病害応答における CDPKの役割.日本植物学会シンポジウム Ca2+シグナルから見た植物細胞の新しい姿,第72回日本植物学会,高知大学朝倉キャンパス,高知市