生命農学研究科 植物生産科学専攻

食料経済学

更新記録 Update 2021.12.15

For more information to Lob. (c/o)
Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya Univ.
Furo-cho, chikusa-ku, Nagoya 464-8601, JAPAN
Tel : +81-52-789-4045, Fax : +81-52-789-4042
Since 2002. Copyright(C) All Rights Reserved.
このサイト内の画像等の無断転用・無断転載はご遠慮下さい。

研究内容 スタッフ 研究業績 担当講義 過去のトピック

生命農学研究科 名古屋大学


新メンバー(3年生)が加わりました。

乾倫之右、森山拓海、岡田怜美

Telma A. SaldesさんのD論報告会が行われました。(2021.8.3)

Developing smallholder dairy buffalo farm productivity through improvement of nutrition, body condition, and milk production in south Luzon, Phillppinesooines
(フィリピン・南ルソンにおける栄養成分、ボディーコンディション、泌乳量の改善を通じた小規模水牛酪農の発展)

令和3年のメンバー

教職員 徳田博美(教授)、竹下広宣(准教授)、三浦聡(助教)
学生 斎藤有史(D2)、Telma A. Saldes(D3)、Cahyono Tri Wahyu(D1)、杉本菜央(M2)、馬場秀喜(M2)、澤村志門(4年生)、杉浦 桜(4年生)、日笠里菜(4年生)

卒業論文、修士論文報告会無事終了

烏蘭娜さんの修士論文報告はリモートで、4年生の小森有里さん、佐藤友理沙さん、吉田篤史君の卒業論文報告会は対面とリモートのハイブリッドで無事行われました。
烏蘭娜 Study on securing management resources for new farmers - Based on a survey of young farmers in Aichi Prefecture -
小森有里 日本のフードバンク活動の現状と今後の展望
佐藤友理沙 三重南紀地域の柑橘農業におけるマーケティング戦略の展開と課題−製品戦略・チャネル戦略を中心に−
吉田篤史 生きものマーク米における栽培研修会−兵庫県但馬地域のコウノトリ育むお米を対象として−