当研究室で開催されているセミナー 2014
学期はじめセミナー(Research Proposal Seminar):
開催時期:4月上旬
 対象:M1以上全員
 狙い:今年度の研究計画を発表する。
・進行は、スタッフ、PD、DC学生が行う。
・英語での口頭発表(pptもすべて英語で作成)
・レジュメ:1ページ(A4)は、国際会議での発表要旨に準ずるものを作成する。2ページ目以降は、発表で使うpptファイルを縮小コピーして配布(計A4×4 page)。
中間報告セミナー(interim Research Seminar):
開催時期:11月中旬
 対象:M1以上全員
 狙い:およそ半年間の研究成果を発表し、今後の研究の進め方を議論する。
(春の年会の発表申し込みの有無を決める参考とする)
・進行は、スタッフ、PD、DC学生が行う。
・英語での口頭発表(pptもすべて英語で作成)
・レジュメ:1ページ(A4)は、国際会議での発表要旨に準ずるものを作成する。2ページ目以降は、発表で使うpptファイルを縮小コピーして配布(計A4×4 page)。
週間セミナー(Weekly Seminar):
開催時期:毎週水曜日18:00-
対象:全員
内容:(i)問題会(ii)ジャーナルクラブ (JC) と(iii)研究報告からなる。
(i)問題会(およそ1時間)
 D1以上が最近の論文から問題を作成し、研究室のメンバーにセミナー一週間前までに配布する。学生は、セミナー開始時間までに問題解答を黒板に板書しておき、それをたたき台に問題について議論する。進行は、出題者が担当する。
【狙い】問題を解く事で最新の研究に触れる。従って、問題作成者が最も勉強する事になる。有機化学での議論の仕方についても学ぶ。
(ii)ジャーナルクラブ (JC) (毎回4〜5名、10分ずつ)今年度から導入。
 最新のジャーナルから、重要だと思われる論文を各自が一報を選び、簡潔に紹介する論文紹介。A4一枚のレジメを準備、配布し、各自説明する。質疑を入れて1件10分以内で説明する。
(iii)研究報告会(3〜5名、約30分/名)
 最新の研究の進捗状況を発表する。発表者は、直面している問題点を出席者と議論できるように準備する。座長はPD と博士課程の学生が持ち回りでおこなう。
土曜セミナー(Saturaday Seminar)
開催時期:年間およそ隔週、土曜日10時から12時
対象:修士以上、一人1回/年
・ テーマを決め関連論文数報をまとめて紹介する論文紹介セミナー。各自の研究テーマに関連したテー
マが望ましい。広く浅くではなく、狭くていいので、深く掘り下げた内容にする。
・ 総説の紹介ではなく、オリジナルペーパーをまとめる。
・ 準備のために1週間を与える(その間は実験する必要なし)。
・ テーマ選定にあたっては、指導教官と相談のこと。
・ 英文のレジュメを配布して説明する。
Saturday Seminar 2008 Saturday Seminar 2009 Saturday Seminar 2010
Saturday Seminar 2011 Saturday Seminar 2012 Saturday Seminar 2013
Saturday Seminar 2014    
     
その他のセミナー(平成24年度):毎年かわる可能性あり!!
構造解析セミナー:
開催時期:前期、4月
 対象:主に4年生
 参考書:「Warren有機化学」(日本語版)の機器分析の章(3, 11, 15, 32章)
 内容: 機器分析の演習問題を解く事で、機器分析法を集中的に学ぶ。
反応機構セミナー:
開催時期:前期、5月-7月
 対象:主に4年生
 内容:演習形式で有機反応機構を学ぶ。M2の学生が担当。
 参考書:東城秀雄「新版 有機反応のしくみと考え方」(講談社)
全合成セミナー:
開催時期:後期、毎週月曜日9時より
 対象:主に4年生
 内容:全合成の論文を読むことで、実際に使われている反応を知り、反応機構を理解することを目的とする。担当者(毎週1名)が全合成の論文1報を読み、すべての反応の反応機構の詳細を書いたプリントを準備し、説明する。
輪講セミナー1(2013年度の例)
開催時期:年間、毎週
 対象:主にM1
 内容:W. Carruthers &I. Coldham "Modern Methods of Organic Chemistry, 4th ed."を毎週1章   ずつ読み進める。
輪講セミナー2(2013年度の例)
開催時期:年間、毎週
 対象:主にM2
 内容: 前期:ACS audio course “Modern Synthetic Methods”(テキストとテープ)を使って英語      での有機化学とその表現方を学ぶ。
     後期:A. J. Kirby "Stereoelectronic Effects" (Oxford Chemistry Primers) の輪講。