Presentation (151-200)
1 2 3 4 5
200. 植木佳織、スシヲングジットラ、西川俊夫:セスペンドールの合成研究 セスキテルペンセグメントの不斉合成。 日本農芸化学会2017年度大会(京都)2017.3.17-2017.3.20.
199. 山本 雄太、中崎 敦夫、西川 俊夫:ピロロピラジノン骨格の新規合成法とペラミンの全合成。 日本農芸化学会2017年度大会(京都)2017.3.17-2017.3.20.
198. 小野義貴、植木佳織、西川俊夫:セスペンドールの合成研究 芳香環セグメントの不斉合成。 日本農芸化学会2017年度大会(京都)2017.3.17-2017.3.20.
197. 橋本圭古、池田 藍、西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLF (Endogenous Digitalis-Like Factor) の合成化学的研究: 多様な候補物質の合成。 日本農芸化学会2017年度大会(京都)2017.3.17-2017.3.20.
196. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:カスケードブロモ環化反応を用いたsaxitoxin骨格の新合成戦略:(+)-decarbamoyl-α-saxitoxinolの全合成。 日本農芸化学会2017年度大会(京都)2017.3.17-2017.3.20.
195. Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: A Synthetic Strategy for Saxitoxin Skeleton by a Cascade Bromocyclization: Total Synthesis of (+)-Decarbamoyl-α-saxitoxinol. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2016(名古屋)2017.1.13.
194. Yuta Yamamoto, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: New regio-controlled synthesis of pyrrolopyrazinones and its application to synthesis of peramine. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2016(名古屋)2017.1.13.
193. Huang Wen-Yu, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Synthetic Study on Lycojapodine A. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2016(名古屋)2017.1.13.
192. Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki: Synthetic studies on chartelline C. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2016(名古屋)2017.1.13.
191. Yushi Hirata, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Biomimetic Synthesis and Structural Revision of Chaxine B and its analogues.「名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2016(名古屋)2017.1.13.
190. 西川俊夫:連続環化反応を使った天然物合成。「静岡発のケミカルバイオロジー研究」静岡三大学連携講義(フロンティア科学特論II)B-nest(静岡)2016.12.27.
189. Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: An Efficient Synthetic Strategy for the Saxitoxin Skeleton by a Cascade Bromocyclization: Total Synthesis of (+)-Decarbamoyl-α-saxitoxinol.21st International Conference on Organic Synthesis (ICOS 21) (Mumbai, India) 2016.12.11-2016.12.16.
188. (17) Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: An Efficient Synthetic Strategy for the Saxitoxin Skeleton by a Cascade Bromocyclization: Total Synthesis of (+)-Decarbamoyl--saxitoxinol.21st International Conference on Organic Synthesis (ICOS 21) (Mumbai, India) 2016.12.11-2016.12.16.
187. 中崎敦夫,橋本圭古,池田藍,西川俊夫:構造決定を指向した内因性ジギタリス様物質の化学合成。第34回メディシナルケミストリーシンポジウム(つくば)2016.11.30-2016.12.1.
186. 西川俊夫:グアニジン系天然物の合成。有機合成化学講習会−天然物合成ともの創りの新手法開発−(東京)2016.11.16-2016.11.17.
185. Yoshihisa Noguchi, Ryo Sakakibara, Yoshiki Satake, Masaatsu Adachi, Naoyuki Yamamoto, Toshio Nishikawa, Hideki Abe: Can Grass Pufferfish (Takifugu Niphobles) Sniff “Tetrodotoxins” ?.The 22nd International Congress of Zoology and The 87th Meeting of The Zoological Society of Japan Joint Events (Okinawa, Japan) 2016.11.14-2016.11.19.
184. 宮坂忠親、橋本穂果、安立昌篤、西川俊夫:トリクロロアセトアミドからイソニトリルへの新規な一段階変換反応。第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(豊橋)2016.11.5-2016.11.6.
183. Toshio Nishikawa: Synthesis of Biologically Active Natural Products by Means of Cascade Reactions. ACP Lectureship Tour (invited by China) 1) Sichuan University, Sichuan; 2) Yunnan University, Yunnan; 3) Shanghai Institute of Organic Chemistry, Shanghai, China. 2016.10.31-2016.11.5.
182. 平田裕嗣、中崎敦夫、西川俊夫:破骨細胞形成阻害物質 chaxine Bの生合成類似合成および構造訂正。第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム(千葉)2016.10.27-2016.10.28.
181. 黄 文宇、西川俊夫、中崎敦夫:Lycojapodine Aの合成研究。第46回複素環化学討論会(金沢)2016.9.26-2016.9.28.
180. 橋本圭古、池田 藍、西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLF (Endogenous Digitalis-Like Factor) の合成化学的研究:ジエンを鍵中間体とした多様な候補物質の合成。日本農芸化学会中部支部第177回例会(名古屋)2016.9.24.
179. Toshio Nishikawa, Yushi Hirata, Atsuo Nakazaki: Biomimetic Synthesis & Structure Determination of Biologically Active Steroidal Natural Products.The 1st A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub (Fukuoka, Japan) 2016.9.22-2016.9.24.
178. 蟹江秀星、西川俊夫、小鹿一、大場裕一:p-ベンゾキノンとシステインからのホタルルシフェリンの非酵素的ワンポット生成。第58回天然有機化合物討論会(仙台)2016.9.14-2016.9.16.
177. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:Decarbamoyl-α-saxitoxinolの全合成。第58回天然有機化合物討論会(仙台)2016.9.14-2016.9.16.
176. 西川俊夫:天然物合成と生物有機化学。生物有機化学研究室50周年同窓会(名古屋)2016.9.3.
175. 野口能寿、榊原 良、佐竹直樹、安立昌篤、西川俊夫、山本直之、阿部秀樹:クサフグはTTX を匂いとして感知できるか?。二回ユニークな少数派実験動物を使う若手が最先端アプローチを勉強する会(岡崎)2016.8.21-2016.8.22.
174. 西川俊夫:カスケード型反応による天然物合成。東京工業大学大学院理工学専攻 講演会(東京)2016.7.29.
173. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:サキシトキシン類の全合成。第14回次世代を担う有機化学シンポジウム(東京)2016.5.27-2016.5.28.
172. 中崎敦夫:網羅的獲得を目指した天然有機化合物の化学合成。高砂香料工業 研究所セミナー(平塚)2016.5.18.
171. 猿橋祥吾、長由扶子、此木敬一、西川俊夫、山下まり:11-oxo TTXをハプテンとしたポリクローナル抗体の作製とTTX誘導体の生理活性。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
170. 塚本匡顕、千葉雪絵、安立昌篤、榊原 良、所 聖太、今津拓也、佐竹佳樹、長 由扶子、西川俊夫、山下まり、此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよびその類縁体の阻害活性評価。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
169. 室岡孝信、宮澤 悠、安立昌篤、山下哲郎、西川俊夫、宮崎雅雄:ネコにマタタビ反応を誘発する新規活性物質の同定。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
168. 長谷川耕太、鳥居真衣、安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンA左側部分の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
167. 橋本圭古、池田 藍、西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLFの合成化学的研究: 光学活性体の合成ルートの確立。 日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
166. 植木佳織、樋口恵子、安立昌篤、西川俊夫:セスペンドール芳香環部分の光学活性体の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
165. 岩瀬翔太郎、堀田貴大、安立昌篤、西川俊夫 : 8-epiテトロドトキシンの合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27.-2016.3.30.
164. 山本雄太、西川俊夫:エンドファイトが産生するアルカロイド、ペラミンの化学合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
163. 宮澤 悠、駒田武馬、安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンA右側部分の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
162. 野倉吉彦、西川俊夫 : アプリシアトキシンの合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
161. 今津拓也、安立昌篤、磯部 稔、西川俊夫:5,11-ジデオキシテトロドトキシンの全合成。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28. 
160. Wen-Yu Huang, Toshio Nishikawa, Atsuo Nakazaki: Synthetic Study on Lycojapodine A.日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.
159. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:(+)-サキシトキシンの合成研究。日本化学会第96春季年会(京都)2016.3.24-2016.3.27.
158. Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Synthetic study on (+)-saxitoxin.名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2015(名古屋)2016.1.8..
157. Yoshiki Nakane, Yuki Ishikawa, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Asymmetric synthesis of crambescin B carboxylic acid, a potent inhibitor of voltage-gated sodium channels, and its analogues.The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.
156. Yuushi Hiratra, Toshio Nishikawa: Eight-step synthesis of chaxine B based on a proposed biosynthetic pathway. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.
155. Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita : Synthesis and biological activities of guanidine-containing natural products. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.
154. Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita : Synthesis of biologically active steroid-derived compounds from an edible mushroom.The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.
153. 宮澤 悠、駒田武馬、安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンAの右側部分の合成研究。第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(津)2015.11.7-2015.11.8.
152. Toshio Nishikawa: Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products.ICCEOCA-10/ARNCEOCA-1(Taiwan) 2015.11.2-2015.11.5.
151. Toshio Nishikawa; Syntheses of Guanidine-containing Natural Products Aiming at development of Ion-channel Blockers.10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS2015)(ICC JEJU, KOREA) 2015.10.18-2015.10.21.
1 2 3 4 5