名古屋大学大学院生命農学研究科附属鳥類バイオサイエンス研究センター
English version is here.







鳥類バイオサイエンス
研究センター
〒464-8601
名古屋市千種区不老町

abrc@agr.nagoya-u.ac.jp



ご挨拶

  平成19年4月1日、名古屋大学大学院生命農学研究科に鳥類バイオサイエンス研究センターが発足しました。このセンターは、文科省特別教育研究経費(研究推進)「鳥類生命科学におけるポストゲノム研究の展開−鳥類遺伝資源の多様性維持・開発と高次機能研究への活用−」(平成19-23年予定)に伴って設置されたものです。

  当研究科・農学部では創設時以来、愛知県を中心とした家禽産業への貢献を重視し、家禽の教育研究を推進するため「野鶏・家鶏系統保存事業」が1952年に文部省事業として開設し、今日まで継続してきました。また、当研究科は、歴史的にも多くの家禽学研究者を輩出し、その実績は国内外でも高く評価されております。近年、ニワトリのゲノムドラフトが公表され、世界がゲノム情報を活用し鳥類高次機能統御機構の解明と産業・社会への成果還元(貢献)へと切迫する状況となっています。一方、トリインフルエンザの例をあげるまでもなく国内外の動物輸出入も極めて困難な状況になっており、自国における多種・多様な鳥類遺伝資源の保存・開発や国際間の情報交換が急務となっています。このような背景の中で、鳥類バイオサイエンス研究センターは設立され、以下の目標を掲げてその成果達成に向けてスタートしました。

1) 鳥類のポスト・ゲノム研究の推進(共同研究の促進)
2) 鳥類遺伝資源の維持・管理・開発・提供、連携保全
3) 若手研究者の育成(大学院生等の研究への協力)
国内・国際シンポジウムの開催(研究コミュニティの交流への寄与)
研究コミュニティへの鳥類遺伝資源提供と研究情報提供

「小さな組織で大きなヒット」を狙う、それは皆様のご協力なしには成し得ないことであります。
今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 

名古屋大学大学院生命農学研究科附属 鳥類バイオサイエンス研究センター長 松田 洋一

 名古屋大学大学院生命農学研究科附属 鳥類バイオサイエンス研究センターは、2012年に第3期ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)の中核的拠点整備プログラムに採択され、ニワトリ・ウズラリソースの収集、保存、提供を行なっています。
 
 NBRP「ニワトリ・ウズラ」のホームページはこちら


センターのミッション

組織

センターのミッション

以下のサイトは NBRP「ニワトリ・ウズラ」のホームページへジャンプします。

バイオリソース

研究業績

リンク


copyright