Presentation (101-150)
1 2 3 4 5
150. 塚本匡顕、千葉雪絵、長 由扶子、安立昌篤、榊原 良、所 聖太、今津拓也、中崎敦夫、石川裕生、西川俊夫、山下まり、此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよび類縁体の活性阻害評価。日本農芸化学会東北支部第150回大会(仙台)2015.10.3.
149. 橋本圭古、池田 藍、西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLF (Endogenous Digitalis-Like Factor) の合成化学的研究。2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山)2015.9.19-20.
148. 山本雄太、西川俊夫:エンドファイトが産生するペラミンの合成研究。2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山)2015.9.19-2015.9.20.
147. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:(+)-サキシトキシンの合成研究。 第32回有機合成化学セミナー(湯河原)2015.9.15-2015.9.17.
146. 中根嘉祈、中崎敦夫、石川裕生、澤山裕介、山下まり、西川俊夫:クランベシンBカルボン酸とその誘導体の合成研究。 第57回天然有機化合物討論会(横浜)2015.9.9-2015.9.11.
145. Toshio Nishikawa:Syntheses of Biologically Active natural products by Means of Cascade Reactions.The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists (Sendai, Japan) 2015.9.6-2015.9.9.
144. Toshio Nishikawa:Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products.Kick-off Symposium on Advanced Research Network for Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (Tohoku University, Japan) 2015.8.25-2015.8.26.
143. 西川俊夫、中崎敦夫、中根嘉祈、石川裕生、安立昌篤、橋本穂果、今津拓也、所聖太、榊原良、此木敬一、千葉雪絵、山下まり:ナトリウムチャネル阻害剤の創製を目指したグアニジン系天然物の合成。日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会(仙台)2015.6.10-2015.6.12.
142. 中根嘉祈、中崎敦夫、石川裕生、澤山裕介、山下まり、西川俊夫: Crambescin B カルボン酸とその誘導体の不斉合成と生物活性評価新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第7回若手研究者ワークショップ(仙台)2015.6.9.
141. 西川俊夫、中崎敦夫、安立昌篤、此木敬一、山下まり:天然グアニジン化合物を基盤としたイオンチャネル阻害剤の開発。天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜 第8回公開シンポジウム(仙台)2015.6.8-2015.6.9.
140. 平田裕嗣、西川俊夫:生合成仮説に基づいたチャキシン B の7 段階合成。新規素材探索研究会第14回セミナー(横浜)2015.6.5.
139. 西川俊夫:天然物合成と構造決定静岡大学講演会(静岡)2015.4.24.
138. 千葉雪絵、塚本匡顕、長由扶子、安立昌篤、榊原良、所聖太、中崎敦夫、石川裕生、西川俊夫、山下まり、此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルのサブタイプを識別するテトロドトキシン類縁体の探索。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26.-2015.3.30.
137. 中根嘉祈、中崎敦夫、西川俊夫 : クランベシンBカルボン酸とその誘導体の不斉合成。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26.-2015.3.30.
136. 宮川敬太朗、西川俊夫、中崎敦夫 : 分子内不斉N-アリール化を利用したC-N軸性キラリティを有するオキシインドールの合成。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26-2015.3.29.
135. 橋本穂果、今津拓也、榊原 良、安立昌篤、西川俊夫:6-epiテトロドトキシンの合成研究。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26-2015.3.29.
134. Wen-Yu Huang, Toshio Nishikawa, Atsuo Nakazaki: Synthetic Study on Lycojapodine A. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム年次報告会2014(名古屋)2014.12.18.
133. Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Synthetic studies on (+)-saxitoxin. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2014(名古屋)2014.12.18.
132. Atsuo Nakazaki, Yoshiki Nakane, Yuki Ishikawa, Yusuke Sawayama and Toshio Nishikawa: Stereocontrolled asymmetric synthesis of crambescin B carboxylic acid, a potent inhibitor of voltage-gated sodium channels. The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-9)/ The 5th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (NICCEOCA-5) (Petaling Jaya, Malaysia) 2014.12.1-2014.12.5.
131. Toshio Nishikawa: Synthesis of Guanidine-containing Natural Products by Means of Cascade Bromocylization. The international Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology 2014 (Hangzhou, China) 2014.11.22-2014.11.25.
130. 木村梨乃、澤山裕介、中崎敦夫、西川俊夫:gem-ジブロモメチレンのケトンへの新奇変換反応。第106回有機合成シンポジウム2014年【秋】(東京)2014.11.6.-2014.11.7.
129. 西川俊夫:多環多官能性天然物の合成戦略。日本薬学会シンポジウム「新しい分子構築戦略ー効率的な生物活性分子の合成に向けてー」日本薬学会第133年会(横浜)2013.3.28.
128. Toshio Nishikawa: Synthesis and Biological Activities of Guanidine-containing Natural Products.The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural products : Target ID and Regulation of Bioactivity (Osaka) 2014.10.28-10.29.
127. 宮澤 悠、安立昌篤、室岡孝信、宮崎雅雄、西川俊夫:イリドイド類の合成研究。日本農芸化学会中部支部第171回例会(名古屋)2014.10.11.
126. Wen-Yu Huang, Toshio Nishikawa, Atsuo Nakazaki: Synthetic Study on Lycojapodine A.日本農芸化学会中部支部第171回例会(名古屋)2014.10.11.
125. 西川俊夫:含グアニジン天然物の全合成研究。平成26年度日本農芸化学会関西支部 京都府立大学 生命分子化学科•鴨叡会セミナー 有機化学•天然物化学セミナー(京都)2014.9.25.
124. 西川俊夫:ヘテロ環天然物の全合成研究—天然物合成は新反応発見の場(きっかけ)となるか?—。神戸大学有機化学講演会(神戸)2014.8.1.
123. 中根嘉祈、中崎敦夫、西川俊夫 :光学活性体クランベシンBカルボン酸の合成研究。第49回天然物化学談話会(岡山)2014.7.2-2012.7.4.
122. 宮澤 悠、安立昌篤、室岡孝信、宮崎雅雄、西川俊夫:イリドイド類の合成研究。第49回天然物化学談話会(岡山)2014.7.2-2012.7.4.
121. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:(+)-saxitoxinの合成研究。第49回天然物化学談話会(岡山)2014.7.2.-2014.7.4.
120. 西川俊夫:含グアニジン天然物の全合成研究—新規イオンチャネル阻害剤の開発を目指して—。第25回記念万有仙台シンポジウム(仙台)2014.6.14.
119. 西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質の化学合成。公益財団法人山田科学振興財団2014年度研究交歓会成果発表会(東京)2014.5.31.
118. 西川俊夫、安立昌篤、此木敬一:グアニジン天然物の合成と新規イオンチャネル阻害剤の開発。新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第6回領域公開シンポジウム(名古屋)2014.5.28-2014.5.29.
117. Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Yuki Ishikawa, Yusuke Sawayama, Toshio Nishikawa : Asymmetric Synthesis of Crambescin B Caroxylic Acid, A Potent Inhibitor of Voltage-Gated Sodium Channels. IGER international Symposium on Chemical Science in Asia (Nagoya) 2014.5.26-2014.5.28.
116. Toshio Nishikawa:Syntheses of Guanidine-Containing Natural products by Means of Cascade Boromocyclization.The International Startup Symposium of CUTTING-EDGE ORGANIC CHEMISTRY IN ASIA (III) (Hsinchu, Taiwan) 2014.4.19-2014.4.21.
115. 西川俊夫:多環多官能性天然物の合成戦略。日本薬学会シンポジウム「新しい分子構築戦略ー効率的な生物活性分子の合成に向けてー」日本薬学会第133年会(横浜)2013.3.28.
114. Wen-Yu Huang, Boon-ek Yingyongnarongkul, Jutatip Boonsombat, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa:Synthetic Study on ortho-Terphenyl ortho-Quinone。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28.
113. 上野壮平、中崎敦夫、西川俊夫:連続環化反応によるSaxitoxin骨格の合成研究。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28.
112. 合田麗加、中崎敦夫、西川俊夫:生理活性ステロイド配糖体、アカンサステロサイドB3の合成研究。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28.
111. 今津拓也、安立昌篤、磯部 稔、西川俊夫:5,11-ジデオキシテトロドトキシンの全合成。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28. 
110. 山田ひと美、安立昌篤、西川俊夫:植物毒素Tagetitoxinの合成研究。日本農芸化学会2013年度大会(仙台)2013.3.24-2013.3.28. 
109. Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Shouta Tokoro, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe : Synthetic Studies on Nitrogen-Containing Natural Products. Pure and Applied Chemistry International Conference 2013 (Bangsaen Beach, Thailand) 2013.1.23-2013.1.25.
108. 松本信之、辻本 恭、中崎敦夫、西川俊夫:抗腫瘍抗生物質Pactamycinの合成研究。名古屋大学博士課程教育リーディングプログラムリーディングプログラム 成果報告会(名古屋)2013.1.10.
107. 山田ひと美、安立昌篤、西川俊夫:植物毒素Tagetitoxinの合成研究。名古屋大学博士課程教育リーディングプログラムリーディングプログラム 成果報告会(名古屋)2013.1.10.
106. Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Shouta Tokoro, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe : Collective Synthesis of Tetrodotoxin and its Analogus. The 7th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia and The 3rd New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-7/NICCEOCA-3) (Singapore) 2012.12.11-2012.12.14.
105. Toshio Nishikawa : Synthesis of Guanidine-Containing Natural Products. International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology 2012 (Hangzhou, China) 2012.11.23-2012.11.26.
104. 西川俊夫:ヘテロ環天然物の全合成研究 ---天然物合成は新反応発見の場(きっかけ)となるか?。筑波大学大学院物質化学研究科講演会(つくば)2012.11.13.
103. Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Minoru Isobe : Synthesis of Marine Toxins Aiming at Developing Ion-Channel Inhibitors. The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity (Kyoto) 2012.10.31-2012.11.1.
102. 合田麗加、中崎敦夫、西川俊夫:オニヒトデ由来のステロイド配糖体、アカンサステロサイドB3の合成研究。日本農芸化学会中部支部第165回例会(名古屋)2012.10.27.
101. 今津拓也、安立昌篤、磯部 稔、西川俊夫:5,11-ジデオキシテトロドトキシンの全合成。日本農芸化学会中部支部第165回例会(名古屋)2012.10.27. 
1 2 3 4 5