概要

ごあいさつ

名古屋大学大学院生命農学研究科長・農学部長土川 覚

名古屋から発信される新しい農学

 名古屋大学は、1951年に農学部を設置しました。以来農学部・生命農学研究科は9,000名の学士、5,000名の修士、1,800名の博士学位取得者を世に送り出しています。産業界、行政ならびにアカデミアで活躍できる次世代リーダーの育成を目指し、基礎から応用までの幅広い知識と能力を涵養する教育を実践してきました。

 名古屋大学農学部では、食糧・生物資源の生産、生物資源の利用、生物機能の活用、および生物共生環境を考究し、食・環境・健康に関する諸課題の解決を通して人類の生活の向上と充実を図る学問として「農学」を位置づけ、また、大学院生命農学研究科では、生命科学の基盤の拡充、生物機能・生物資源の高度利用、生命共生環境の創出・保全、および持続的生物生産と先端生命科学の技術開発を通して環境に調和した人類の発展を目指す総合的な学問分野として「生命農学」を位置づけ、教育・人材育成、研究および社会連携・社会貢献に力を注いでいます。また、リサーチ・ユニバーシティの一角として先導的な研究を実施し、我が国における幅広い農学の発展に貢献してきました。

 農学は、生命科学系の総合科学であり、また、実践的な実際科学として様々な分野から熱い眼差しが注がれています。いま、農学が解決すべき課題は、多岐にわたります。世界人口は70億人を超え、食料確保や安全な食の保証が大きな問題となっています。また、森林破壊、砂漠化、異常気象等が多くの地域で発生していますが、自然環境との生態的な調和を考慮して人間生活の質を向上させ、健康の維持と増進を図ることが重要です。これらいずれもが、地域特有の課題であると同時に国際的かつ普遍的課題、つまり、グローカルな課題でもあります。

 名古屋大学が位置する東海地域は、世界を代表するものづくり産業の集積地であるばかりでなく農業や農林関連産業においても主要な生産地域であり、従来の枠組みにとらわれずに分野融合的な新分野を創造することができるポテンシャルを備えています。ライフサイエンスやバイオテクノロジー、データサイエンス、人工知能等を中心とした学術と科学技術が爆発的に発展しつつある時代を迎える中で、農学部・生命農学研究科は、創造的な研究活動によって真理を探究し、生命農学に関して、世界屈指の知的資産の形成・蓄積と継承に貢献すること、学生の自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育て、国内外で指導的役割を果たしうる人材を養成することを研究と教育の目標としています。また、国際的な学術連携と教育交流を通して国際化を進め、世界とりわけアジア諸国との交流の拠点となることを目指しています。とくに、留学生の長短期受け入れ、グローバル30、ジョイントディグリープログラム、アジアサテライトキャンパス、卓越大学院プログラム等の国際化事業に積極的に参画しています。

 農学部・生命農学研究科では、このような人材育成に向けて、幅広い基礎科学の知識と深い専門性を体系的に学べるような教育プログラムを実施しています。高い志を持った国内外の若い人が集い、互いに多くを学び、新しい農学を創造するグローカルな人材となることを期待しています。

経歴

  • 1987年3月 名古屋大学農学部林産学科卒業
  • 1989年3月 名古屋大学大学院農学研究科博士課程前期課程修了
  • 1989年4月 帝人製機株式会社
  • 1990年4月 名古屋大学農学部助手
  • 2004年11月 名古屋大学大学院生命農学研究科教授
  • 2016年4月 名古屋大学大学院生命農学研究科副研究科長
  • 2019年4月 名古屋大学大学院生命農学研究科長・農学部長