[植物分子生理学HP][メンバー紹介]
[植物分子生理学研究室について][研究業績]




植物分子生理学研究室について

 

Q. 研究室にはどんな人たちがいますか?
A. 平成2941日現在で、スタッフ5名、研究員1名、博士後期課程2名、博士前期課程5名、学部4年生2名の計15名で研究しています。

Q. どんな生物について研究していますか?
A. 現在は、ラン藻(Cyanobacteria)とシロイヌナズナを扱っています。
 

Q. どんな研究をしていますか?
A. 3つの研究テーマで取り組んでいます。

 1.  窒素同化制御機構の解析
 2.  炭素同化制御機構の解析
 3.  ラン藻を用いたバイオ燃料生産の研究
 

Q. 普段はどのような方法で実験していますか?
A. 一概に「実験」といっても無数にあるのですが、私たちは主に、酵素の活性を測り、遺伝子の発現を解析しています。そのためには、上に示した生物の遺伝子(DNA)や転写物(mRNA)、さらにはタンパク質を抽出したり、大腸菌などで目的タンパク質を大量発現させたりします。これらの実験方法については、市販されている「Molecular Cloning」(Cold Spring Harbor Laboratory Press)や、「バイオイラストレイテッド」(秀潤社)を参考書としてお勧めします。

また、私たちは生物の代謝に着目していますので、細胞内の代謝物濃度を測定しています。植物、ラン藻の全遺伝子をほぼカバーしていて、発現様式を網羅的に解析できるDNAマイクロアレイも使用しています。

 

Q. 研究室の人たちは仲がいいですか?
A. 和気あいあいとした雰囲気で仲がいいです。定期的な食事会・飲み会のほかに、春にはお花見、夏にはキャンプ、秋には研究室旅行が企画されています。

 

Q. 外部から来てもやっていけますか?
A.それなりの努力は必要ですが、院試を合格するだけの力があれば大丈夫だと思います。実際、他大学から来た人もたくさんいます。当研究室の受験を希望される方は、小俣教授に直接連絡をして一度研究室訪問にいらして下さい。歓迎いたします。院試の過去問をコピーできますし、また私たちの研究内容、研究設備、雰囲気等を直接確認できるチャンスです。院試の対策には「レーニンジャーの生化学」(廣川書店)をお勧めします。

 

Q. お酒が強くないとダメですか?
A. そんなことは決してありません。確かに強い人も数人いますが、お酒が弱かったり飲めなかったりする人もいます。

 

Q.アルバイトをしてもいいですか?
A. 実験に支障がない範囲でなら構いません。実験後や休日に学外でアルバイトをしている人もいます。また、院生はTAとして学校内でアルバイトすることもできます。

Q.土日祝日はみなさんどのようにすごされていますか?
A. みなさんそれぞれ自由に過ごしています。ラボで実験している人もいますし、休んでリフレッシュする人もいます。

 

Q. パソコンはWindowsMacintoshではどっちのほうが多く使われていますか?
A. 大学などのアカデミックな世界ではMacintoshユーザーが多いそうです。私たちも日常的にMacを使っていて、周辺機器もMac仕様です。しかしだからといって、全くWindowsを使っていないかというとそうでもありません。機器によってはWin.UNIXの方が適している場合もあって、状況に応じて使い分けています。プレゼンテーションのときにはMacを使うので、ファイルの互換性等を考慮するとMacが使えた方が良いと思います。でも焦る必要はないです。使っていくうちに覚えますから。
 

さらに質問のある方、当研究室の受験を希望される方は、トップページにある問い合わせ先までどうぞ!

ちなみに、トップにある電話番号は小俣教授へ直通です。
 

[植物分子生理HP][メンバー紹介]
[植物分子生理学研究室について][研究業績]