【研究テーマ】

ラン藻(シアノバクテリア)のCO2濃縮機構

 

<研究の背景>

CO2が支える地球上の生命

・植物にとっては不足気味のCO2

CO2同化を邪魔するO2

・微細藻類のCO2濃縮機構

 

<研究の紹介>

1) 炭酸水素イオン能動輸送体の構造と機能

2) 炭酸水素イオン能動輸送体の発現調節

3) CO2条件に応じた遺伝子発現制御

4) ラン藻はどのようにしてCO2の欠乏を感じるのか

 

<植物とCO2についての疑問>

・なぜ、植物は動けないのか?

・なぜ、光合成によって大気からCO2がなくならないのか?

CO2濃度の上昇は植物にとって助けになるか?

 

<関連主要論文とそれらの概略>