File written by Adobe Photoshopィ 5.0

ようこそ! 名古屋大学 植物分子生理学研究室のホームページへ!!

File written by Adobe Photoshopィ 5.0

左はラン藻の窒素十分時の培養液、右は窒素欠乏時の培養液です
(ともにラン藻Synechococcussp. PCC 7942 野生株を用いています) 窒素欠乏によるブリーチングを起こしています

 

2017/4/3

更新

 

メンバー紹介

 

研究内容 

 

微細藻類のCO2濃縮とその制御機構

植物分子生理学研究室について

研究業績  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

ご質問・ご意見等はこちら(E-mail)、または下記まで

464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院生命農学研究科 

生物機構・機能科学専攻

植物分子生理学研究分野
052-789-4106
(小俣達男先生へ直通)
 

 

[名古屋大学][大学院生命農学研究科・農学部][生物機構機能科学専攻]