在学生の方へ

大学院進学のすすめ

さらに学びたい人のために。

農学部4年間で、社会で活躍するために十分な内容を学べるようカリキュラムを組み立てていることは言うまでもありませんが、一方、急速に進歩する生命農学分野をさらに深く学び、みずから積極的に研究にかかわり、専門家になりたいと考える学生には、大学院への進学の途があります。大学院では指導教員とともに研究課題を設定し、深く研究を掘り下げます。大学院生の多くは、学会に所属し研究発表を行うとともに、学術専門誌に研究論文を投稿し、世界を相手にした研究を進めていきます。

名古屋大学大学院生命農学研究科は、博士課程の前期課程、および後期課程から構成されています。前期課程(標準年限2年)の修了者には修士(農学)の学位が与えられ、後期課程(標準年限3年)の修了者には博士(農学)の学位が与えられます。 大学院生命農学研究科では「生命農学における世界最高水準の知的資産の形成と継承」を目的とし、4つの専攻(生物圏資源学専攻、生物機構・機能科学専攻、応用分子生命科学専攻、生命技術科学専攻)を通じて教育、研究を展開しています。農学部のいずれの学科からもすべての専攻へ進学できますし、他学部や他大学からの入学も歓迎します。

教授の指導により学術誌に投稿する論文を作成する(分子細胞制御学研究分野)

教授の指導により学術誌に投稿する論文を作成する(分子細胞制御学研究分野)

大学院生命農学研究科の特徴は、講座や専攻を異にする複数の教員による指導にあります。これによって大学院生が高度の専門性と同時に幅広い視野を身につけることができます。また、理化学研究所植物科学研究センター、農業生物資源研究所、国際農林水産業研究センターや海外の大学等と連携した新しいスタイルの大学院教育を実施し、国際的に活躍できる人材の育成を進めています。 指導教員とともに研究課題を設定し、深く研究を掘り下げ、関連する学会に所属し研究発表を行う。そして学術専門誌に研究論文を投稿し、世界を相手にした研究を進める楽しさ。
世界的にも注目される研究成果を挙げ、2件のグローバルCOE (Global Center of Excellence) プログラム「システム生命科学の展開:生命機能の設計」および「地球学から基礎・臨床環境学への展開」に選ばれるなど高い評価を受けている大学院生命農学研究科で、高度な技術者・研究者への第一歩を踏み出しませんか。