新着情報

教職員公募

博士課程教育リーディングプログラム「『ウェルビーイングinアジア』実現のための女性リーダー育成プログラム」特任助教の公募について

→PDF版公募要項

1. 選考方針
 本プログラムは、多文化共生に資するウェルビーイング(豊かな生活を実現し権利を保障する)をアジアで実現するために、異文化相互理解に立脚した国際性と使命感を兼ね備え、グローバルに活躍できる女性リーダーを育成することを目指しています。アジアのなかで、ウェルビーイングの実現に密接に関わる食(量的確保と安全)、環境(衛生)、健康(医療、福祉)、社会(脱貧困)、教育(次世代育成)における諸課題を解決するため、医学・保健学・農学・国際開発学・教育学の各分野で獲得した高度な専門性を活かし、グローバルな視点で意志決定できる女性リーダーの育成を目的としています。
 今回公募する特任助教には、農学あるいはそれに関連した分野において、研究ないし実務の業績をあげつつあり、上記プログラムの推進に向けて活躍が期待できる人物が求められます。さらに、大学院および学部における教育と研究指導に熱意を持って携わり、当研究科のさらなる発展にも貢献できる人物が望まれます。なお、名古屋大学では、男女共同参画推進に積極的に取り組んでおり、本選考においても評価が同等であった場合には女性を積極的に採用します。
2. 選考方法
 選考委員会で審議選考し、博士課程教育リーディングプログラム「『ウェルビーイングinアジア』実現のための女性リーダー育成プログラム」執行委員会の議を経て、研究科教授会で承認の上、候補者が決定されます。なお、面接・セミナーなどをお願いすることがあります。(その場合、交通費等は各自ご負担願います。)
3. 採用期間
 任期は採用時から平成30年3月31日までとします(更新の可能性有り)。
4. 担当事項
 担当事項については、以下のいずれかの事項、または複数事項とします。
1)本プログラム遂行のための業務ならびに関係諸機関との連絡調整
2)本プログラムと関連する授業の担当
3)日本国内及び海外のインターン受入先の開拓ならびに受入先との連絡調整
4)本プログラムによる学生の受入・派遣に関する活動支援
5. 必要書類
1)履歴書(様式任意、電子メールアドレスを含む連絡先を明記のこと)
2)業績リスト
3)主要な業績(3編程度、複写でも可)
4)現在までの研究あるいは実務内容の要約(2,000字程度)
5)本プログラム実施における自身の役割についての抱負(1,000字程度)
6)応募者について問い合わせ可能な方(2名)の氏名と連絡先
 ※上記書類について、紙媒体1部と電子媒体(CD-ROMにPDF形式で保存)を送付してください。
6. 応募方法、その他
1)書類は「応募書類在中」と朱書し、書留便で下記にお送りください。
 〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院生命農学研究科
 博士課程教育リーディングプログラム「『ウェルビーイングinアジア』実現のための女性リーダー育成プログラム」特任助教選考委員会委員長 山内章
2)応募期限は、平成29年4月10日(月)です(必着)。
3)本公募に関する問い合わせは、本選考委員会委員長宛に電子メールでお願いします。
 E-mail : ayama@(@の後にagr.nagoya-u.ac.jpをつけてください)
4)応募締切の1週間後までに応募書類を受領した旨の連絡(電子メール)がない場合には、委員長までお問い合わせください。
5)着任時期は、決定後できるだけ早い時期を予定しています。
6)プログラムについては、下記HPをご覧ください。
 http://www.well-being.leading.nagoya-u.ac.jp
7)当研究科では、男女共同参画推進に積極的に取り組んでいます。
 名古屋大学の取り組みについては、下記HPをご覧ください。
 http://www.kyodo-sankaku.provost.nagoya-u.ac.jp
ページ上部へ戻る