新着情報

お知らせ

名古屋大学日本酒「なごみ桜」の販売について

2012年3月

名古屋大学農学部・生命農学研究科では、附属農場で栽培した酒米、学部内八重桜由来の酵母(名大花酵母と命名)、本学部・研究科卒業生が所属するあいち産業科学技術総合センター盛田株式会社の技術・製造協力、名古屋大学消費生活協同組合の販売協力、在校生の労働協力などにより、平成21年度から日本酒の醸造を行ってきました。
 昨年11月には、「名古屋大学日本酒名称コンテスト」を開催し、多数の応募の中から、新名称を「なごみ桜」と決定しました。
 この度、今年度の新酒「なごみ桜」500ml入1000本を出荷する運びとなりました。2月末の先行予約で、既に530本の予約を頂きましたが、残り470本を3月21日から名古屋大学生協北部購買店で販売開始いたします。また、卒業式、修了式、入学式では生協の特設テントでも販売いたします。
 新酒「なごみ桜」をお楽しみいただけると幸いです。

【商品概要】  
商品名: なごみ桜
容量・形態: 500ml・ガラス瓶
希望小売価格: 1,200円(税込み)
発売日: 2012年3月21日
製造者: 盛田株式会社
販売者: 名古屋大学消費生活協同組合(名古屋市千種区不老町一番)
販売場所: 名古屋大学生協北部購買店
発売予定本数: 1000本
【酒質】  
日本酒度: -54
酸度: 4.0
アミノ酸度: 2.9
アルコール度数: 12~13度未満


名古屋大学大学院生命農学研究科

ページ上部へ戻る