新着情報

学術講演・公開講座

地域貢献事業「都市近郊の農業教育公園」
「農業ふれあい教室」

テーマ: 「DNAを見る」 -身近なものからDNAを取り出してみる-

内 容:
 名古屋大学附属東郷フィールド(附属農場)では、地域貢献事業の一環として「DNAを見る」をテーマに、身近な食べ物を素材として科学にふれる教室を開催します。
 DNAはすべての生物の遺伝子の本体である物質です。ちょっとむずかしい感じがするDNAをなるべく身近な道具を使って取り出してみます。応用編では、簡単な品種判別に挑戦します。

開催日時: 平成24年9月29日(土)
午前10時00分~午後15時00分(詳細は下記のとおり)
開催場所: 〒470-0151 愛知郡東郷町大字諸輪字畑尻94
名古屋大学大学院生命農学研究科
附属フィールド科学教育研究センター東郷フィールド
対 象: 中学生以上の一般の方
募集人員: 20名程度
参加費: 無料
申込及び
問合せ先:
名古屋大学大学院生命農学研究科
附属フィールド科学教育研究センター東郷フィールド 事務室
TEL: 0561-37-0200 FAX: 0561-38-4473
メール:suzuki.kouji@(@の後にpost.jimu.nagoya-u.ac.jp)
申込期限: 平成24年9月25日(火) (〆切延長中です!!!)
申込方法: 参加をご希望の方は、参加者名、学校名、学年、参加保護者名、連絡先(住所、電話、FAX等)を明記の上、ハガキ、FAXまたはメールでお申し込みください。

開催日と学習内容:
(午前)
*実験の説明
*身近な野菜や果実からDNAを取り出す(DNAをとってみたい野菜をお持ち下さい。作業の際に服が汚れますので、エプロンなどをご用意下さい。)
*取り出したDNAを光らせて、見えるようにする。

(午後)
*取り出したDNAを使って、野菜の品種の判別をしてみる(時間節約のため、事前に用意したサンプルで行います。)
*簡単なまとめ。

主催:名古屋大学大学院生命農学研究科
ページ上部へ戻る