大学院生命農学研究科

4専攻の概要

生命技術科学専攻 (平成29年12月1日現在)

生物機能技術科学講座

農業、食品、医療、環境などに関わる生物系産業への応用を目的として、生物の新奇な機能を探索する基礎研究を行う。

  • 産業生命工学

    MATURANA Andres Daniel准教授/
    新美 友章 講師

    哺乳類、酵母における細胞シグナル伝達機構の分子細胞生物学的解析に基づく医薬品を含む有用物質の開発を目的とする研究。

  • 分化情報制御

    森 仁志 教授/伊藤 正樹 准教授

    高等植物の生長、分化における形質発現に関する生化学的・分子生物学的研究。


  • 分子生物工学

    中野 秀雄 教授/岩崎 雄吾 准教授/兒島 孝明 講師/DAMNJANOVIC Jasmina 助教

    新規な生物機能分子、生物反応プロセス、解析システムを創成することを目的とした生物工学的研究。

  • 生殖科学

    束村 博子 教授/上野山 賀久 准教授/井上 直子 講師/砂野 唯 特任助教/SKOLDING Nicola Stephanie 特任助教

    生殖機能の制御メカニズムに関する神経内分泌学的基礎研究とそのメカニズムを利用した畜産や創薬への応用研究。

生命技術社会システム学講座

食糧の生産・流通・消費・廃棄を対象に、地域資源を含め、人と自然を活かす形で管理する社会システムの研究教育を行う。

  • 食糧生産管理学

    竹下 広宣 准教授/三浦 聡 助教

    食料・農業問題に関する理論的・実証的研究および地域資源管理、農業の多面的機能に関する学際的研究。

ページ上部へ戻る

生物生産技術科学講座

フィールド科学研究と健全な生物生産環境の維持保全。

  • 植物生産科学第1

    柘植 尚志 教授

    植物生産に関わる微生物の機能とその制御に関する研究。

  • 植物生産科学第2

    土井 一行 准教授/西内 俊策 助教

    生物多様性を植物生産に活用するための基礎研究。

  • 動物生産科学第1

    大蔵 聡 教授/森田 康広 特任助教

    反芻家畜の生理機能の調節機序に関する基礎研究とその機能を利用した動物生産に関わる応用研究。

ページ上部へ戻る

分子細胞機能学講座

分子や細胞レベルでの先端的研究や新規技術、ならびにこれらを開発研究へつなげる研究を通して新産業創出の担い手となる人材を育成する。

  • 動物細胞機能

    北島 健 教授/佐藤 ちひろ 准教授/宮田 真路 特任助教

    受精、発生、神経機能、免疫現象における細胞表面糖鎖が関与する細胞間相互作用と情報伝達に関する研究。

  • 高次生体分子機能

    芦苅 基行 教授/永井 啓祐 助教

    高等植物における環境適応と生存戦略に関する分子生物学的研究。

  • 植物細胞機能

    服部 束穂 教授/上口 智治 准教授/武田 真 准教授

    高等植物における環境応答の分子機構と遺伝子発現・機能解析に関する研究。

ページ上部へ戻る

植物機能開発学講座

生物の生産性を制御するメカニズムを分子レベルで解析し、その知見に基づき作物を改良する。

  • 植物分子育種

    松岡 信 教授/佐塚 隆志 准教授

    高等植物の重要農業形質に関する分子遺伝学的研究、およびその応用をめざす分子育種的研究。

  • 有用農業形質保存

    北野 英己 教授/上口 美弥子 准教授

    有用農業形質についての資源保存および形態形質に関する分子遺伝学的研究。

ページ上部へ戻る

生命技術国際協力学講座

  • プロジェクト開発

    伊藤 香純 准教授/犬飼 義明 准教授

    開発途上国が直面している貧困、食料不足、環境破壊など農学領域の問題を、国内外の大学・研究機関と協力して、実践的人づくりを通じて解決することを目的とした研究。

  • 協力ネットワーク開発

    江原 宏 教授/槙原 大悟 准教授

    国内外の大学・研究機関との協力による開発途上国、特にアフリカにおける稲作振興および途上国の自然・植物資源管理や農業普及等農業・農村開発のための研究。

ページ上部へ戻る

生命機能システム学講座(連携)* 博士課程後期課程のみ

植物の分化と生長、代謝機能をシステムとして理解する研究教育を行う。
*独立行政法人理化学研究所環境資源科学研究センター

  • 植物代謝システム

    平井 優美 教授

    植物の代謝制御機構の解明と有用物質生産への応用を目指したオミクス研究。

  • 環境調和システム

    菊地 淳 教授

    生命の優れた物質循環能と環境への調節制御能を計測・解析する方法論の開発と、その応用研究。

ページ上部へ戻る