○企業で研究したい

科学技術の進歩は目覚ましく、民間企業の研究・開発においても高度な科学技術の知識が必要になってます。そのため民間企業で研究・開発職として働いている方の多くは、大学院に進学して修士あるいは博士学位を取得後、働いている方が大部分です。
名古屋大学農学部では、卒業生の約75%が大学院に進学します。以下のサイトで、卒業後の進路状況を見ることができます。
学部卒業後の進路状況
大学院博士前期課程修了後の進路状況
卒業後の就職実績をみておわかりのように、多くの卒業生が、大手食品会社、製薬企業などで働いています。また近年、博士学位取得後、企業に就職する方も増えてきています。
大学院進学のための奨学金制度としては、日本学生支援機構の奨学金の他、民間の奨学金も多数あります。さらに、博士学位取得の進学をサポートするため名古屋大学生命農学研究科では、寄付による独自の奨学金制度のほか、卓越大学院プログラム名古屋大学融合フロンティアフェローシップなど様々な制度で経済的支援を受けることができます。