LabPolymChem


title.gif

研究概要


分子デザインによる機能性高分子に関する基礎研究を行っています。
例えば、天然由来の糖やアミノ酸を含む化合物の高機能化や、
新規機能性高分子材料の開発を目的とした研究を展開しています。

  1. 植物由来成分を含むバイオマテリアルの開発
  2. 天然物を利用した高分子合成
  3. 天然物を活用したバイオベースポリマーや生分解性高分子の合成
  4. 高分子の精密合成による機能化とその応用

教 員


教授:LinkIcon青井啓悟
 e-mail: aoi [at] agr.nagoya-u.ac.jp





准教授:LinkIcon野村信嘉
 e-mail: nnomura [at] nagoya-u.jp

 [at]をアットマークに変えてメールをお送り下さい。





メンバー

応用分子生命科学専攻
生命機能化学講座
高分子生物材料化学研究分野 
博士課程 前期課程 2年 岩田 菜緒美
田中 友加里
1年
板津 史朋
岸脇 雅人
鈴木 理絵  柳井 亮祐
応用生命科学科 
高分子生物材料化学研究分野
4年 中村 友香 福田 知寛
渡辺 さやか 吉村 玲二


代表的な論文


青井 教授

  1. Seki, T., Ohtani, M., Aoi, K. Development of an Amphiphilic Chitin Derivative with Lipid/Peptide-Type Side Chains Having Skin Protective Ability. LinkIconJ. Nutr. Health Food Eng., 2, 00053 (2015).
  2. Nakamura, R., Aoi, K. and Okada, M. Controlled Synthesis of a Chitosan-Based Graft Copolymer Having Polysarcosine Side Chains Using the NCA Method with a Carboxylic Acid Additive.LinkIconMacromol. Rapid Commun., 27, 1725 (2006).
  3. Nakamura, R., Aoi, K. and Okada, M. Interactions of Enzymes and a Lectin with a Chitin-Based Graft Copolymer Having Polysarcosine Side Chains LinkIconMacromol. Biosci., 4, 610 (2004).



野村 准教授

  1. Oishi, M., Ichinose, Y., Nomura, N. Structural Diversity of Tris(2-hydroxyaryl)methane-Derived Aluminium Complexes. LinkIconEur. J. Inorg. Chem. 1596 (2016).
  2. Nomura, N., Akita, A., Ishii, R. and Mizuno, M. Random Copolymerization of epsilon-Caprolactone with Lactide Using a Homosalen-Al Complex.LinkIconJ. Am. Chem. Soc., 132, 1750 (2010).
  3. Nomura, N., Komiyama, S., Kasugai, H. and Saba, M. An Efficient Protocol of Iridium-Catalyzed Allylic Substitution Reaction and its Application to Polymer Synthesis: Complementary Regio- and Stereoselective Allylation Polycondensation via Ir- and Pd-catalyses.LinkIconJ. Am. Chem. Soc., 130, 812 (2008).

論 文 

歴代教授


 近藤 忠雄 教授

 岡田 鉦彦 教授

 住友  宏 教授

HPリンク